1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年07月31日(日) 11時25分06秒

健全な一日は朝の散歩から(2)

テーマ:お散歩です。

2011年7月31日(日)先勝/雨

脱力感だけが残った7連休の後、(抜け殻状態のまま)昨日まで5連勤しました。

定休日のない不規則な仕事をしていると、たった5日でも長く感じることがあります。

得体の知れぬ疲労が蓄積します。…で、昨夜は、21時前に寝てしまいました(笑)。


今朝は震度3の地震がありました(東京都)。

「この揺れなら大丈夫」と、もう一度眠り、雨音が消えてから起きることにしました。

念のために傘を持って、多摩川の水位を見に行きました。つまりは…散歩です。


ちゃぱです。 (多摩川大橋を渡って川崎市へ)

ちゃぱです。 (水位は平常でした)

ちゃぱです。 (振り返ります)

ちゃぱです。 (何を釣っているのでしょう?)

ちゃぱです。 (上流のガス橋をズーム)

ちゃぱです。 (袂の欄干だけは昔のままです)

ちゃぱです。 (橋の裏側と橋脚部分のダンパー)

ちゃぱです。 (花を採ります。否、撮ります/笑)

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。 (橋の歩道部分を拡張しています)

ちゃぱです。 (この乱雑さ…どこか中国チックだ)

ちゃぱです。 (向こう岸が川崎市)

ちゃぱです。 (直角に蛇行しています)

ちゃぱです。 (お世話になっているスズキ)
ちゃぱです。
(閉鎖されたホテル)

ちゃぱです。 (日曜日にしては交通量があります)


■おまけです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。


今日で7月も終わります。

夏が折り返すわけですが、こんな陽気で大丈夫なのでしょうか?

涼しいと身体は楽です。でも、暑い時に暑くならないのは、どこか心配になります。


■ブログ内の関連記事。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10949023499.html

AD
同じテーマ 「お散歩です。」 の記事
2011年07月30日(土) 20時30分40秒

初めての車です。

テーマ:品の巻。

2011年7月30日(土)大安/雨

先日、部屋の掃除をしていたら、大昔に使っていた「名刺入れ」が出てきました。

中身の名刺の肩書きは、チーフコンサルタント(笑)。

あの頃は、それこそ仕事が生き甲斐で、人生で一番羽振りがよかったです(苦笑)。

そんな名刺入れの中に、さらにさらに昔の懐かしい写真が眠っていました。

若い頃のお気に入りの写真で、名刺の大きさにカットして持ち歩いていたものです。

彼女の写真? いや、車の写真です。


私は、カリーナが大好きでした。

「免許を取ったらカリーナに乗るんだ!」と、高校に入った頃から決めていました。


■トヨタ・カリーナ(ハードトップ)

ちゃぱです。 (二十歳の頃の色褪せた写真)


ピカピカに光ったハヤシレーシング(ホイール)、後付けしたBOSCH(フォグ&ロードランプ)、不粋なフェンダーミラーが時代を物語っていて…泣けてきます(笑)。

写真の背景・雰囲気からして、何処かのシーサイドでしょう。

渋滞で止まってしまった時に、友人が撮ってくれた一枚です。

運転中の私が助手席から写真に収まっています。とても柔軟だったんですね(笑)。

ちなみに、後ろは友人の車です。(写真には写っていませんが)その後ろも、そのまた後ろも、ずっと仲間の車です。…理屈抜きで楽しかったなぁ。

AD
2011年07月29日(金) 22時07分36秒

岩魚の渓…2010年/春①

テーマ:渓の巻。

【この記事は、2010年春の釣行記録です】


職場の先輩の幹事長さんは、東京近郊の渓で遊んでいます。

遊んでいます…と言うのは、もちろん岩魚釣りのことです。

都会に近い渓の岩ピーは、相当スレていて、警戒心も並みではありません。

エサ釣りの間合いは、最大でも7mあるかないか。

よほど慎重に接近しないと、仕掛けを振る前に岩ピーに気付かれてしまいます。

魚影は薄い、岩ピーはスレている、競合相手(ライバル/笑)も多い、などなど。

そんな諸々の悪条件と「運のなさ」が災いしてか、幹事長は未だに「尺上祈願」を成就していません。同じ趣味を持つ(今時レアなエサ釣り師)仲間として、何とかしてあげたいと思いました。

「かなり遠いけど、パラダイスに行ってみませんか? きっと尺上も釣れますよ!」

そして…、ついに幹事長の奥方様から「お許し」が出たのです(笑)。

行くぞぉ~パラダイス! 釣るぞぉ~尺上!!


■岩魚の渓…2010年/春①

ちゃぱです。 (秘密の渓。2年振りに来ました)

ちゃぱです。 (もちろん、幹事長が先行します)

ちゃぱです。 (ほとんど入れ食い状態です)

ちゃぱです。 (気配を消さなくても釣れます)

ちゃぱです。 (投入が難しいポイントで私も…)

ちゃぱです。 (居るべき場所には必ず居ます)

ちゃぱです。 (元気がない太陽/寒いです)

ちゃぱです。 (斜面に残る真新しい雪)
ちゃぱです。
(絵に描いたような段々のポイント)
ちゃぱです。 (こんなに近くても釣れちゃいます)

ちゃぱです。 (美魚に御満悦な幹事長)

ちゃぱです。 (惚れ惚れするような渓相)

ちゃぱです。 (雪上に他人の足跡はない)

ちゃぱです。 (つらら…分かりますか?)

ちゃぱです。 (滝は「ちょい巻き」します)

ちゃぱです。 (釣れた瞬間/岩魚が浮いてます)

ちゃぱです。 (私は珈琲を煎れます/笑)


残念ながら、幹事長の尺上成就は「おあずけ」となりました。

しかし、手付かずの美しい渓と、天然岩魚の入れ食いに、終始笑顔の幹事長でした。

私自身も通い慣れた渓を案内しながら、いつもとは別の「愛しさ」を感じていました。

この天然岩魚のパラダイスを、いつまでも壊さずにいられたら…と思います。


ちゃぱです。 (ちゃぱです。大好きな場所で…)

AD
2011年07月28日(木) 00時00分00秒

Friend Bakery

テーマ:食の巻。

2011年7月27日(水)友引/曇り

グリコのフレンドベーカリーチョコレートビスケット。

ついにGet!しました。

売っていたのは、ローソン100です。


ちゃぱです。 (1袋に10枚入っています)


美味いっ!

軽い食感が後を引きます(笑)。


■ブログ内の関連記事。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10904898872.html

2011年07月27日(水) 21時36分17秒

大迫力のホバリング。

テーマ:山の巻。

2011年7月21日(木)友引/濃霧

ここは西穂山荘です。

生憎の天気で何もすることがありません(苦笑)。

小屋のテラスで無線機を手にした人が、ヘリコプターと何やら交信していました。

「槍は濃霧で近づけない」とか、

「西岳は何とか下ろせた」など、断片的な声が聞こえてきます。

どうやら荷揚げ作業をしているヘリのようです。


少しすると、館内放送が流れました。

「ヘリコプターが来るので小屋の中に待避してください」

「部屋の窓は完全に閉めてください」

おぉ、ヘリが来るぞぉ~(笑)。


ちゃぱです。 (写真提供/格さん)


ババババババッと轟音が響きますが、濃霧に包まれてヘリの姿は見えません。

そして、突然、霧の中から至近距離で「ぬっ」と現れます。

ヘリは霧の切れ間を狙って、小屋のテラスにピタッと接近します。

荷下ろしの瞬間はホバリングを保つわけですが、それがまた凄い迫力なんです。

しかも、ヘリの大きさと比べれば、本当に小さなテラスです。

前方と左側方には、小屋の壁も屋根もあります。

万が一、プロペラが建物に触れてしまったら…そう思うと緊張しました。

いや~、このパイロットはダダ者ではありません。

まさに、プロフェッショナルです。

感激しました。


ちゃぱです。 (ここでホバリングするとは…)

2011年07月26日(火) 00時00分00秒

西穂山荘(撤退)…その後。

テーマ:山の巻。

2011年7月22日(金)先負/(下界は)晴れ

西穂山荘(2,385m)から西穂高口(2,156m)の間は、ずっと雨・霧でした。

ところが天気予報は、この期に及んで高山(曇り)、松本(晴れ)と仰っています。

「いくら何でもこの状況で、そんなワケないだろ?」

…新穂高ロープウェイで下界に戻ると、確かに雨は止んでいました。

…安房トンネルを抜けると、雲は多いものの本当に晴れていました。

山の天気は踏んだり蹴ったりでしたが、下界の天気予報は大当たりだったようです。

やはり、山の上だけが雨だったんだ(半信半疑)。

「こうなったら、長峰山から検証してみよう!」

この目で確かめないと納得がいかない私でした。

安曇野市明科(あかしな)にある長峰山(ながみねやま/933m)は、北アルプスの展望台です。しかも、頂上には車で登ることができます。おまけに空いています。

お弁当を持ってのんびりしたい…私の大好きな場所です。


■長峰山(933m)からのパノラマ/確かに北アルプスは雲に隠れていました。

ちゃぱです。

※視界が良好ならば、鍋冠山・大滝山~小蓮華山・白馬乗鞍岳まで見渡せます。

※(標高が低いので)残念ながら穂・槍は見えません。


ちゃぱです。 (カメラ小僧に変身した格さん)
ちゃぱです。 (安曇野の町を俯瞰する)

ちゃぱです。 (青空なのに北アルプスだけ雲の中)

ちゃぱです。 (さて、かわせみに行こう!)


■お食事処かわせみ/安曇野市穂高有明
ちゃぱです。 (およそ5ヶ月振りの訪問です)


助手席の格さんは生ビール、運転手の私はウーロン茶で乾杯!(否、完敗かも?)

小鉢、お新香、もろきゅう、馬刺、特製メンチ、イワシフライ、カツ丼、自家製味噌汁。

山はストレスだけが残りましたが、胃袋の方は満足・満腹。幸せになれました(笑)。

かわせみの御主人、女将さん、ご馳走様でした~。


■長峰山の詳細は↓こちら。

http://www.mapbinder.com/Map/Japan/Nagano/Akashinamachi/Nagamine/Nagamine.htm

2011年07月25日(月) 00時00分00秒

西穂山荘(撤退)

テーマ:山の巻。

小屋の夜は、21時に消灯します。

「明日の11時頃にはジャンダルムだ!」

そんな自分の姿を思い浮かべながらの就寝でした。


小屋での寝つきが極度に悪い私は、60~90分毎に目が覚めてしまいます。

従って、目覚ましの必要などありません。

目覚めたら時刻を確かめて再び眠る。その繰り返しで起きれば良いのです。

00時を回った頃、怪獣の鼾とともに、思わぬ雨音が耳に入ってきました。

そして01時頃、雨音は一段と大きくなっています。

さらに02時頃、何なんだ?この雨は?一向に止まないじゃないか!

03時出発の手筈なので、計画どおりに行動するなら、もう眠ってはいけません。

しかし、雨が止まない限り、出発するわけにもいきません。


西穂山荘→西穂高岳(概ね3時間)。

西穂高岳→天狗のコル(概ね3時間)。

天狗のコル→奥穂高岳(概ね3時間30分)。

奥穂高岳→穂高岳山荘(概ね30分)。


このタイムスケジュールから、本日の行程には、10時間は見ておきたいのです。

逆算すると、出発のタイムリミットは遅くても06時。それでも到着が16時になるわけで、小屋入り時間のマナーとしては×です。

さらに心配なのが濡れた岩稜帯。仮りに雨が止んだとしても、岩が乾いてくれるかどうか? 去年歩いた西穂高岳までのルートを思い出してみると、客観的に「雨の行軍」は自殺行為です。ビビるとか、ビビらないとかの問題でなく、滑って危険なことが分かりきっています。


憎たらしい雨・霧のこと。

タイムリミットのこと。

登山ルートの状態のこと。

さまざまに思いを巡らせ、状況が好転する一縷の望みに賭けていました。


…帰ろう!

ついに、06時を回ってしまいました。

起床から3時間以上の足止めでしたが、不思議なことに長いとは思いませんでした。


西穂山荘(撤退)

(にしほさんそう/2,385m/長野・岐阜)

■2011年7月22日(金)雨・霧

■サスケ会/格さん、ちゃぱ

■行程/西穂山荘→新穂高ロープウェイ西穂高口

■標高差/-229m

■時間/06時10分~07時00分(50分)

■参考/走行距離(683.4㎞)

      高速道路(調布→松本/豊科→調布/\6,200)

      安房トンネル(往復\1,200)


ちゃぱです。 (想定外の意地悪な雨)

ちゃぱです。 (止む気配はありません)

ちゃぱです。 (霧も頑張っちゃってます)

ちゃぱです。 (小屋ノートに愚痴る格さん/笑)

ちゃぱです。 (誰も出発しません)

ちゃぱです。 (テレビから空しい天気予報が…)

ちゃぱです。 (ずっとスタンバっているのに)

ちゃぱです。 (午前6時を回って撤退を決断)

ちゃぱです。 (6時45分/登山届出所に到着)

ちゃぱです。 (下山届けに記入する格さん)

ちゃぱです。 (西穂高口駅で始発を待ちます)

ちゃぱです。 (壁に貼ってあった「岳」のポスター)

ちゃぱです。 (無念のオーラが全身に漂う格さん)


そして、大イベントが不発に終わりました(泣)。

天気には勝てない…そんなことは百も承知しています。

山は逃げない…確かにそうです。

仕方ない…そう言い聞かせて平静を装ってみても、消沈は隠しきれません。

これまでに経験したことのない脱力感。

今、この時でさえも、大きな溜息が漏れています。


■ブログ内の関連記事。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10949384583.html

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10959281017.html

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10962537780.html

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10963411632.html

2011年07月24日(日) 16時46分53秒

西穂山荘

テーマ:山の巻。

北アルプスの一般登山ルートでは、最難関と言われる「西穂~奥穂」の縦走。

登山者御用達の「山と高原地図」では、

大キレット(南岳小屋~北穂高小屋)が実線表示されているのに対して、西穂~奥穂は破線表示になっています。それが意味するのは、大キレットは「注意して歩いてください!」というレベルであり、西穂~奥穂は「一般登山者には推奨しませんよ!」と定義されているということです。ちなみに、槍ヶ岳の北鎌尾根には破線はおろか、何も記されていません。いわゆるバリエーションルートなわけです。熟練者の中には「西穂~奥穂もバリエーションルートである」と考えておられる方も少なくありません。


私たちサスケ会にも、ようやく「この手の難ルート」に挑戦する日が来ました。

もちろん緊張感はありますが、明らかにワクワク感の方が勝っています(笑)。


さて、行程初日(7月21日)は、新穂高ロープウェイに乗って西穂山荘までです。

正直、この程度の歩きでは準備運動にもなりません。しかし、西穂~奥穂を達成するには、西穂山荘での一泊が不可欠になります。


西穂山荘

(にしほさんそう/2,385m/長野・岐阜)

■2011年7月21日(木)曇り・霧

■サスケ会/格さん、ちゃぱ

■行程/新穂高ロープウェイ西穂高口→西穂山荘

■標高差/229m

■時間/13時30分~14時40分(1時間10分)


ちゃぱです。 (いざ、ロープウェイ乗り場へ)

ちゃぱです。 (新穂高口駅と二階建ロープウェイ)

ちゃぱです。 (閑散としています)

ちゃぱです。 (急登を振り返る/天気が怪しい)

ちゃぱです。 (先行する格さん)

ちゃぱです。 (西穂山荘は霧の中です)

ちゃぱです。 (山荘のテラスにて)


下界は晴れていたのに、山はこの有り様でした(泣)。

…そう言えば、出発前の事前情報を漁っていたとき、

穂高岳山荘の頁に「高い雲です」という言葉(情報)があったのを思い出しました。

穂高連峰は3000mの峰々です。その高い場所にへばり付いている湿った雲の塊。

下界は晴れていても高所は雲に覆われている。こういうことだったのかな?


今夜の泊まり客は、中学生集団登山の200人と、僅かばかりの一般登山者です。

明るくて微笑ましい子供らの歓声と、相部屋に寝そべる怪獣たちの鼾が共鳴します。

20時30分。子供らの歓声がピタッと止みました。消灯させられたようです。

ところが、怪獣の大鼾だけは一向に止みません。

(他の部屋が空いているのに)例によって寿司詰めの部屋。腕が触れ合います。

明日のことを思いながら、ひたすら拷問に耐えます。小屋の夜は長い(苦笑)。


■西穂山荘のHPは↓こちら。

http://www.nishiho.com/


■新穂高ロープウェイのパンフレット。

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。


■ブログ内の関連記事。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10949384583.html

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10959281017.html

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10962537780.html

2011年07月24日(日) 15時27分16秒

夏は何処へ行った?

テーマ:記の巻。

2011年7月24日(日)大安/曇り


ちゃぱです。 (夏空には到底思えません)

ちゃぱです。 (おかしな空模様です)

ちゃぱです。 (台風6号は未だ健在だし…)


涼しいと身体は助かりますが…。

ここ数日の冷夏は、日本から離れないマーゴンの仕業なのか?

2011年07月23日(土) 13時32分21秒

ふて寝。

テーマ:記の巻。

2011年7月23日(土)仏滅/曇り

満を持しての西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高岳縦走。

…の筈でしたが、

天気予報に裏切られ(騙され)、現地の天気には見放され、計画を断念(泣)。

昨夜のうちに帰宅して、ついさっきまで「ふて寝」していました。

…それにしても、

今シーズンの私の山計画は、ことごとく中止になります。

もしかして、天中殺(←最近聞きませんね/笑)なのかも?


ちゃぱです。


さてと、大切な山の衣類を洗濯するかな。

ちっとも汗くさくない(汗が染みるほど歩いてない)し、汚れてもいないけど(苦笑)。

みんな速乾性なので、こんな天気でも直ぐに乾くでしょう。


ちゃぱです。


■ブログ内の関連記事。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10959281017.html

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10943057406.html

1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。