清水聖美【社労士としての責務】

テーマ:
清水聖美です。

先日、今年最後のSRCB、障害年金の困難事例についての
阿部敬太先生の勉強会に参加して参りました。

普段、接することの少ない世界に驚きの連続でした。

病気としての重さ、生活の困難さと、障害を認定する基準に大きな隔たりがあり、認定を受けられず、苦しんでいる方が大勢いらっしゃることを知りました。

そして、その困っている方達のお手伝いが出来るのは、『弁護士と私達社労士だけなんだ!』とのお言葉に、社労士としての責務の重大さを感じました。

阿部先生の熱き思いが伝わってくる講義に
障害年金の請求代理というお仕事に向き合う姿勢を学ぶ事が出来た貴重な時間でした。

ありがとうごさいました。