みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

NEW !
テーマ:
こんにちは、清水直子です。

先週も月例の、『社労士のためのコンサルティング勉強会』に参加しました。先月上げたばかりのような感覚で、1ヶ月という月日の経過の速さを感じます。

テーマは『~同一労働同一賃金の推進について~』、講師は水町勇一郎先生でした。
 

まずは素敵なマメ知識から。同一労働同一賃金、略して『DD』、これは押さえておきましょう。「DDって何ですか?」→「それはね、」と言えたらクールですね☆

 

先日の東京地裁平成28年5月13日判決は、世間を、多くの会社を震撼させています。我が社も同じような仕事を任せているのに、雇用形態の違いだけで異なる賃金を支払っている、まずい…。今回の判決は特に、運送業という、年齢や経験によって業務内容に差異をつけにくい業種であったという事実も、会社にとって向かい風となりました。

 

現役と再雇用、正規と非正規、同じ職種であるならば、今後はその違い以外にも、職責の範囲などで差や幅を持たせることが求められます。ありとあらゆる知識と知恵を駆使しながら。

 

また、同一というとつい、「均等」に意識がいきがちですが、「均衡」という要素も加味しなければならなくなります。「均等」は職種や立場が完全に同一であれば100%同じ待遇であるべき、これは比較的わかりやすいと思います。一方、「均衡」はやや説明が難しいですが、正社員には通勤手当があるけどパートにはない、これは雇用形態の差に比例しているとはいえない、著しくバランスを欠いているでしょう、だからバランスをとってくださいね、という考えです。

 

3年後には施行を控えた制度に向けて均衡を図るとき、陥ってはいけない落とし穴が一つあります。パート・アルバイトなどの賃金水準の引き上げが間に合わないからといって、正社員の待遇を引き下げるといった、下方修正によって「対応しました」とするのはNGです。

そうではなく、3年後に完全な均衡の実現が間に合わなくとも、努力している、目下努力中、それで十分と考えます。弊社もみなさんをサポートしていきますから。

 

水町先生、大変先進的な講義、ありがとうございました。



いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
鎌田です。
爽やかな季節、運動会シーズンですね。

週末に、子どもの体育祭に、保護者として参戦?して参りました。

朝練などの準備期間を経て、当日はお天気にも恵まれ、競技もダンスも練習の成果が感じられ、クラスの成長やチームの団結力も垣間見る事が出来て、親としては大満足。

しかし、娘のクラスは、クラス対抗の総合点で、なんとわずか3点差で負けてしまいました。




帰宅後も もちろん機嫌は悪く、「結果だけじゃなくて、過程も大事でしょ、、」などと言ったら、大爆発。

よくよく考えてみたら、彼女は小学生の時も「応援団長」に立候補するくらい、何事にも全力投球、そして何よりも「勝ち」にこだわるタイプ。

まずは、彼女の価値観を尊重し、「負けて相当悔しかった彼女の気持ち」を受け止めて、寄り添うべきでした。

反抗期の子育て、とても鍛えられます。
「過程も大切」と思えるのは、きっと色々経験して大人になった今だからこそ。私の自己満足なのかもしれません。

朝も、早起きして(せっかく)作ったお弁当の事で若干揉めました。
娘は「美味しそうな見た目が大切」と言いますし、私は「栄養バランスが一番」と思っています。

どちらも大切ですが、食べ物や作ってくれた人への感謝の気持ちなど、大切な事は、親としてきちんと教え続けなければいけません。


私自身、仕事においても、頑張る方向性が間違っていないか、お客様が求めているものを勘違いしていないか、チームや会社への貢献のつもりが空回りしていないか、、など、時々確認したいと思います。

PTA競技で、何年ぶりに、本気の綱引きをしました。
筋肉痛、やっと取れました。

「勝ち」にこだわる性格は、勉強や受験にも是非活かしてほしいものです(笑)
いいね!(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
清水 聖美です。

今年もシーズン到来ですね。

【年度更新・算定の準備はバッチリ!】

週末、職場の仲間と相馬塾研修会に参加いたしました。

午前中のテーマは
星名真喜子先生による 
「労働保険 年度更新の実務」でした





年に一度の労働保険の申告と
いうこともありまして、
実務の中で関わることが少なく、
なんとなく苦手意識のあった
建設業の労働保険申告書の作成方法、
労務費率や一括有期などについて
丁寧に解説頂き、理解が深まりました。




そして
午後のテーマは鈴木みつこ先生の
「月変を制するものは 算定をも制する!」でした。
様々な事例のワークをご用意頂き、実際に計算することで
色々なパターンへの対応を身に着けることができました。
これから始まる「年度更新・算定」の準備は
これでバッチリです。



実務に役立つテーマを
学ばせて頂きとても有意義な一日でした。
ありがとうございました。
いいね!(3)  |  リブログ(0)