みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。


テーマ:
9/29(木)の第50回社労士コンサル勉強会は人事労務に役立つ「アンガーマネジメント」でした。

講師はあしば社労士事務所の片岡正美先生でした。





とても魅力的な片岡先生の勉強会は楽しくてあっという間2時間30分でした。

グループワークでの「怒りのもと」の共有により、

「怒り」を減らせるというのは発見でした。

これからは「怒り」のコップをあふれさせないように「アンガーマネジメント」していきたいと思いました。

▼今回も、推薦書籍を労働新聞社さんよりご提供いただき、プレゼントさせていただきました。


ご参加のみなさま、いつもありがとうございます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
鎌田です。

昨日は、インプット休暇を頂き、SRCB(社労士のためのコンサルティング勉強会)で「行動分析学」を織り交ぜた「A4-1枚評価制度」の研修を受けて参りました。







先に予習した書籍の題名からは「シンプルなのかな」という印象でしたが、

決して「simple=楽」なのではなく、

◯ 公平性、納得性よりも大切なものとは

◯えこひいき堂々と!

◯鉛筆なめなめ、意外とうまくいく?!

◯理不尽さあって良い

◯一丸、一点突破は大切


目からウロコの連続でした。

「世の中の人事制度は何故うまく行かないのでしょうか?」


力の配分を間違えたり、

運用のしやすさや効率だけを追い求めたり、

そもそも評価者のスキルがなかっり、、、


色々ありますが、何と『元々うまくいかない』ものなんだそうです。

なぜなら、みんな日々の業務が忙しい中で、「とても重要」とは思っているけど、「緊急性が高い仕事」とは思っていないから。


さてここで、榎本先生が得意とする「行動分析学」のお話です。

なぜ人は、「ダイエット」や「勉強」、「禁煙」を決意しても、挫折するのでしょうか。

これらは、行動した後に起きる結果が、「遅くて」「不確実」だからだそうです。


人間は、行動の結果が、「すぐ」で「確実」だった場合に、繰り返すようになるんだそう。

動物は60秒
人間は「言語」があるので、2週間だそうです。

人事評価制度も、成果=社員の行動の集積です。


適切な行動を促し、フィードバックが起きる人事評価を作り上げ、よりシンプルに、いつでも見られるようにして、まめに振り返りを行う事が重要です。


社長が理念やミッションをもとに、

「成果目標」を考え、

具体的な「行動目標」を作り、

それに沿って、社員が「個人目標」を作り、

評価項目を決めて、

それらをA4シンプル1枚に落とし込みます。



期初の丁寧な目標設定と、期間の観察がうまくいくと、なんと期の途中からそれらは「育成」につながります。

全員がレベルアップすれば、もちろん業績は向上します。

そう、目的(人事評価制度がもたらすもの)は行動を促す事→
「適正な処遇」や「モチベーション」よりも、ズバリ「業績向上」と「人材育成」です。



「場当たり社長」ではなく、「戦略的な社長」になるために

大きなタイヤも、最初は外からの大きな力が必要ですが、自立した社員が育てば、自然に回転するようになります。

人事部門もきちんと汗をかく仕事をしないといけない、楽な仕事をしてはいけない、という先生の言葉が印象的でした。

学びの機会をありがとうございました。






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、ドリサポ代表の安中です。

 

ドリサポは、4名の正社員を新たにメンバーに迎えることとしました。

 

弊社の働き方は、一般的な社労士事務所とかなり違います。

ズバリ、正社員の週所定労働日数が4日であること。

 

週3日お休みがあります。

 

週4日が正社員の最大勤務日数です。これより多い日数勤務する人はいません。

 

しかもフレックスタイム制ですので、かなり・・・柔軟な働き方が叶います。

 

・「フルタイム+残業」はできない環境だけれどやりがいのある仕事がしたい方

 

・自己研鑽のために自分時間をしっかり確保したい方

 

・別の仕事を持っていて両立していきたい方

 

仕事、やり甲斐の捉え方が広くて、社労士という業務の範囲の枠におさまらない!と感じてる人。

 

ワークライフバランスの反対で「ライフと仕事を分けることができない」って感じてる人、

 

そんな人がワクワク働ける場、それがドリサポです。

 

■・・・ドリサポで正社員になりませんか?

 

長時間労働がいびつなら、週4正社員制度も現在の日本ではいびつ。

 

しかし、長時間労働のいびつさを正常にするために、対極にある取り組みをすることに意義があるとドリサポは信じています。

 

長時間労働に負荷があるのと同じように、週4正社員にも別の意味での負荷がかかっていると思います。

 

それでも働き方改革を地でいく先進的集団として週4正社員にトライしてみたい!という方、是非ご応募お待ちしております。

 

 

■インプット休暇

 

ドリサポでは、毎月1回「社労士のためのコンサルティング勉強会:SRCB」を開催しています。

その分野の第一人者を講師としてお迎えしています。

 

正社員は、無料で勉強会に参加することができます。またインプット休暇により勤務扱いで参加することもできます。

 

 

■セミナー登壇多数!同行・登壇も可能

 

ドリサポでは、顧問先企業むけ社員研修のほか、各種団体などで講演・セミナーを多数開催しています。

 

「セミナー講師をやってみたい!」という方には、登壇の機会をセッティングし、研修・リハーサル指導もします。

 

やってみたい!と立候補する自信はまだないけれど・・・という方でも、希望すればセミナーに同行しドリサポ講師が登壇している姿を間近で見ることができます。

 

 

■多種多様な顧問先企業とのかかわり

 

お客様の共通項は「人を雇っていること」だけ。

 

業種・規模・ご依頼内容、バリエーションに富んでいますので、あらゆるナレッジがドリサポに集まってきています。

 

社名を聞けば誰でも知っている会社から、これから大きく発展していくベンチャー企業まで。

 

単なるアウトソーシング事務所ではなく、人のらしさを活かす職場づくりのために知恵を出してサポートしていく事務所ですから、お客様に喜ばれる体験を味わうことになります。

 

きっとやりがいを感じられるはずです。

 

■水曜セミナー

 

毎週水曜日の午前中に社内勉強会を開催し、メンバーのスキルアップをしています。

(2016年は主に役員社労士が講師を担当)

 

勤務日数は週4日ですが、成長スピードに不安をもつ必要はありません。

 

■月イチちょい飲み

 

月に1度は、全体ミーティングを開催します。

週4日勤務ですので平日に休日のメンバーが必ずいますので、全員集合の日を設定しているのです。

この日の夜は、ちょい飲みを開催しています。(参加は任意です)

 

社内コミュニケーションを重視し、チームワークでお客様のケアをしていきます。

 

それ以外にも、社員旅行(沖縄・四国・青森等)、屋形船・花見・BBQ・ビアガーデン・・・など、業務以外のイベントも開催しています。(こちらも参加は任意です) 

 

 

■ドリサポとは

ドリサポ(ドリームサポート社会保険労務士法人)は、2015年に、下田直人・安中繁・竹内潤也・大野ゆかりが率いる個人事務所が合併してできた新しい社労士法人です。

 

現在、上場企業を含む約300社のお客様と契約を締結させていただき、人事労務のご相談におこたえしています。

 

 

現在メンバー(正社員・アルバイト)は総勢23名。

事務所は、千代田区と国分寺市の2箇所。(募集は国分寺勤務です。)

 

 

■『人の「らしさ」を活かす社会をつくる』

 

ドリサポの理念、それは

『人の「らしさ」を活かす社会をつくる』

です。

 

人は、人に活かされてその能力を発揮します。

 

その存在に価値がつきます。

 

会社は、社員に活かされて発展します。

 

社員は会社に活かされて輝きます。

 

会社の「らしさ」とは?その人の「らしさ」とは?

 

「らしさ」を活かすにはどんなアプローチが最適か?

 

社労士としての幅広い知識と数多くの実績を駆使して会社の発展と人の「らしさ」を活かす社会づくりを目指すのが我々ドリサポの使命です。

 

■「週4正社員制度」で夢を叶えるメンバーがいる

 

ドリサポの場合、正社員の週所定労働日数が4日(→つまり週休3日制)なのが大きな特長です。

※1日の所定は7時間です。

 

ドリサポではいろんな属性のメンバーが週4で頑張っています。

 

◼他にもプロとして活躍フィールドを持ってる人

 

◼育児や介護と両立している人

 

◼ボランティア団体で活動してる人

 

◼夢の実現に向けて準備してる人

 

資格の勉強、介護が必要な母親の病院への送り迎え、子供と一緒に地域のボランティア活動に参加、趣味のドラムを極める、、、、メンバーは皆、「週4正社員制度」を皆、自由に・柔軟に利用し、自分の夢を叶え続けています。

 

 

安倍内閣が最重要課題に掲げる働き方改革、

 

特に「長時間労働の是正」が喫緊の課題である今、

 

ドリサポはその先駆者として、週4正社員制度に取り組むだけではなく、この新しい働き方を多くの顧客に導入していただいている実績をもっています。

 

「一緒に日本の働き方を変えませんか?」

 

 

■社労士の知識にとどまらず、培ったキャリアを活かした先進的なサービス

 

メンバーの経歴は様々。社労士業1本でキャリアを積んだ者、大手企業の人事・総務から転職した者。

 

人事労務とは全く関連のない他業界で働いていた者。

 

社会人経験がまったくなかった者。

 

だからこそ、社労士の知識にとどまらず、今まで培った多様なキャリアを活かした先進的なサービスが可能となっています。

 

企業の人事担当者として、いち会社員として、様々な立場にたった経験があるからこそ想定される人事・労務上の課題を解決できるきめ細やかなサービス、疑問に即座に回答する業務体制など、顧客に寄り添ったサービスを実行しています。

 

 

「エントリーしてみようかな」と思われた方、是非ドリサポのHPからお問い合わせメールをお送りください。

折り返し、採用担当から御連絡を差し上げます。

 

ご応募、お待ちしております。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)