ストレングスファインダーで強みを活かす ストレングスコーチちしきのブログ

ストレングスファインダーのプロとして、ひとりの人間として、日々感じることを書いています。


テーマ:
今日は、佐賀市富士町で開催された富士しゃくなげ湖ハーフマラソン大会に参加しました。


富士しゃくなげ湖とは、ダム湖のことで嘉瀬川ダムによってできた人造湖です。


この富士しゃくなげ湖の周りがコースとなっています。


9:30スタートに対し8:00受け付け開始ということで、7:30着をめどに5:00前に自宅を出発しました。


途中おにぎりを買い込み、スタート3時間前の6:30頃朝食を摂り7:15には会場となる佐賀市立小中一貫校北山校に到着。


佐賀市中心部から北側に25kmほど離れた山間にあります。


駐車場となっていた校庭には、車もまばらで絶好のポジションに停めることができました。





西側の山の頂上が朝日に照らされてきれいでした。


ちょうど紅葉の季節で、コース途中の山々も赤や黄色に色づいて綺麗でした。


って、そんなに眺める余裕はなかったけど。(笑)


8時前には受付が始まったので、早速ゼッケンと参加賞を受け取りに。





今回の頂きもの。


米が嬉しいですね。


福岡で一人暮らしの次男の元へ行く予定ですが。(笑)





この学校は、とてもモダンな建物となっています。


車でしばらく待機した後、開会式が始まったのでボチボチと会場へ。


ウォームアップは、佐賀弁のラジオ体操でした。


後ろでおばちゃん(?)たちが、方言を聞いてゲラゲラ笑ってました。(笑)





スタート10分ほど前にスタート地点へ。


曇り空で風が強く震えるような寒さでした。


皆、とっととスタートしたいと思いながら待っているところへアナウンスが。


「ただいま国道(コースの一部)を路線バスが通過するのを待っていますので、スタートが2,3分ほど遅れる見込みです。」


結局スタートは5分遅れでした。(^_^;)


スタートして最初は、国道と反対側に向い、ぐるーっと回って国道に戻り登り基調の道を湖に向かいます。


途中左折して、いよいよアップダウンのある湖畔の道に入ります。


いつものごとく練習は十分できていないので、今回の目標は歩かず走り切ること。


7分/kmを切るペースであれば2時間半は切れるので、それくらいを目安にゆっくりと走ることにしました。


上りも、意外と頑張れて、最初の5kmが34分ほどで、狙い通りのいい感じの序盤でした。





4km過ぎだったかな??最初のエイドです。


この大会は、各給水地点で食べ物が置いてありました。


スタート直前には何も口にしていなかったので、イモを一切れ口に入れてリスタート。





このコースは途中は同じところを2周する感じになっていて、一周6kmなので一周目4km地点が2周目で10kmとなります。


10kmの通過も70分を切っていて、ほぼイーブンペースでいい感じで走れています。


2周目は、一周目で橋を渡って戻るところを渡らずに直進してダムの堤体を目指します。






コースの上り、下り。


写真で見ると良くわかりませんが、結構な坂となっています。


上りは既に歩いている人もいますが、今回は歩かないを目標としていたので歩かず腕を大きく振って前進します。





ようやくダムの堤体が近づいてきました。


直前はトンネルとなっています。




ダムの堤体上の直線が結構長い!(^_^;)


ダムを過ぎて湖の西側を会場まで戻る残り7kmほどは、ほぼ下り基調となります。


なので、気分的にはずいぶん楽!


ここまであまり頑張りすぎないように走っていたので、意外とまだ脚が残っていて、ここから先少しペースを上げます。


しか~し、ずーっと北上していく形になるので風がもろに向かい風。


寒いというより、もはや身体が冷たくなって、特に手がかじかんでしまい、良く動きません。(^_^;)





ようやく残り2km!!


この後1.5kmの看板は見たものの、進めど進めど残り1kmの看板が見当たらず。


え~、そんなに遠いの~?


と思いつつ走っていたら会場がすぐそこに見えてきました。


結局残り1kmの表示はなかったんじゃないかなぁ。(^_^;)


最後の力を振り絞ってゴール直前で何人か抜いてゴーール!!


記録証をもらう前に、ボランティアの女子高生からくじ引きの箱を差し出され、くじを引くように促されました。


ところが、手がかじかんでいてなかなかうまく1枚だけを引けません。


お互い顔を見合わせて苦笑いしつつ、ようやく引くも、くじは白紙。


ま、どうせ期待してなかったけど。





記録証をを受け取った後は、寒いだけに超楽しみにしていた豚汁を頂きました。


少し身体が温まったところで、そそくさと会場を後にし会場から7kmほど離れた古湯温泉街へ。





待つのも嫌だったので、一番大きなこちらのホテルに行きました。


段々畑的な駐車場もいっぱいでしたが、従業員の方の誘導に従い何とか停められました。


今回は、500円分の入浴券を頂いていて、差額は自己負担でしたが、受け付けで券を差し出すと「700円お願いします。」と。


さすがに、いいホテルは高いですね。(^_^;)


お湯に浸かって寝落ちしそうになりながらゆっくり身体を温めて、温泉を後にしました。


だいぶお腹も空いていたけど、こちらのホテルで食べる気もせず(高そうで!(笑))、途中大川あたりのうどん屋さんに寄りました。





このエビ天うどんでなんと、480円でした!


その後は睡魔と戦いながら、17時前に帰宅しました。


先月末から腰を痛めていたこともあり、いつものことながら練習不足で直前にちょっと頑張ったくらいでしたが、思ったよりも走れて本格的なシーズンインの最初としてはいい感じでした。


今日は本当に寒くてスタッフの皆さんも大変だったと思います。


ありがとうございました。


来年もまた“練習”しに行くかも!





メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

ストレングスファインダー®の資質の活かし方を中心に、自分らしく楽に生きるコツをほぼ毎日配信しています。

購読のお申込みは、以下より! 無料です!
http://heart-lab.jp/mailmagazine/





ストレングスファインダー®関連サービス

◆資質のプロファイリング
◆ストレングスコーチング
◆3ヶ月集中プログラム

◆ストレングスファインダー®関連講座
◆伝え方解体新書(アサーティブ講座)
◆各種オンライン講座

詳細、お申込みは、以下より!
http://heart-lab.jp/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、大分別府でストレングスファインダー®セミナーの講師を務めました。


ストレングスファインダー®の資質を強みとして活かすカギは、そもそも既に自分の資質が強みとして使えていることに気づくこと。


続きは、以下画像をクリック!








メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

ストレングスファインダー®の資質の活かし方を中心に、自分らしく楽に生きるコツをほぼ毎日配信しています。

購読のお申込みは、以下より! 無料です!
http://heart-lab.jp/mailmagazine/





ストレングスファインダー®関連サービス

◆資質のプロファイリング
◆ストレングスコーチング
◆3ヶ月集中プログラム

◆ストレングスファインダー®関連講座
◆伝え方解体新書(アサーティブ講座)
◆各種オンライン講座

詳細、お申込みは、以下より!
http://heart-lab.jp/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本で初めての、ストレングスファインダー®でパートナー同士の関係の取扱説明書が手に入るサイトがオープンしました!


その名も Strengths for Partners


二人の関係のどんな取扱説明書が手に入るのか、詳細は以下画像をクリックしてご確認ください。








メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

ストレングスファインダー®の資質の活かし方を中心に、自分らしく楽に生きるコツをほぼ毎日配信しています。

購読のお申込みは、以下より! 無料です!
http://heart-lab.jp/mailmagazine/





ストレングスファインダー®関連サービス

◆資質のプロファイリング
◆ストレングスコーチング
◆3ヶ月集中プログラム

◆ストレングスファインダー®関連講座
◆伝え方解体新書(アサーティブ講座)
◆各種オンライン講座

詳細、お申込みは、以下より!
http://heart-lab.jp/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
結局10分ほどの滞在で、最後のエイドである第2エイドを後にしました。


残り11km弱を3時間弱、ここまで12kmずつを2時間ずつで踏破しているので、この先多少山道が出てきたとしても完走は大丈夫だろう。


なんて、とんでもない勘違いをしていました。


まずは、ここまで制限時間を7時間と勘違いしていました。


実際には8時間だったので、さらに余裕のはずが、全然そうではなかったのが二つ目の勘違い。


実際には残り4時間弱でも危なかった訳で。(^_^;)




第2エイドを後にしてすぐに枕木階段の洗礼を受けます。


何でも(後で調べたら)日本一の枕木階段らしく、はるか彼方まで伸びる階段に、早速気持ちが萎えました。(^_^;)


写真では伝わらないだろうなぁ。


よくよく考えたら、本大会の公式HPに掲載されてる写真がここなんですが、写真だと傾斜がわからないんですよね。


とは言え、上らないとしょうがないので一歩一歩上っていきますが、とにかくしんどい!


ここまで既に24kmの山道を走り、歩いてきているので、かなり脚にもきています。


途中、途中の踊り場みたいなところで休憩を取りながら、何とか上り切りました。




そして、上り切ったその先には、絶景が待っていました。


楽しむ余裕はなかったけど。(^_^;)


「さあ、これで一段落だ!」と思ったら、さらなる地獄が先に待っていました。


ここまでの階段は、栗野岳の登山道への導入部分に過ぎなかったのです。




ここからさらにもだえ苦しむことになります。


これまた後でコース図を見たら(普通出走前に確認しますよね(^_^;))、この栗野岳登山が一番の急勾配となっていました。


ここへ来て、正真正銘の登山です。


もう、私にとっては筆舌に尽くしがたいほどのしんどさでした。


5mほど進んでは、膝に手をつき「はー、はー、はー」って感じ。


どんだけ登っても、先に見えるのはさらなる登り坂です。


ホントに気持ちが折れそうになりました。




ヒーヒー言いながら登っていると、副かいちょーが追いついてきました。


他人の画ですが、きつさが伝わるでしょうか?(笑)


私のヘロヘロ具合いは、こんなものではなかったと思います。(^_^;)


副かいちょーには先に行ってもらい、休み休み先に進みますが、今度はあちこち脚が攣り始めました。


もう、脚はかなり限界に近くなっていました。


そこで、持ってきた漢方の攣りどめの薬を飲みますが、あまり効いた気がしません。


それでも辛抱して進んでいると、今度はもう歩けないくらいにふくらはぎが攣ってしまいました。


そこで、今度は別の攣りどめを飲んで休んでいると2、3分で少し和らいできました。


それでもこの先はずっと、脚はどこかが攣り気味の状態で歩かざるを得ませんでした。


途中で、ロングの先頭(本コースを約2周)の方に抜かれました。


苦しそうではありますが、さすがにひょいひょいと登っていきます。


もう私はいろんなことを辛抱、辛抱で、やっとの思いで栗野岳の山頂に到着しました。


すると、そこにいたボランティアの方からこう言われました。


「そこから下りです。でも、もう5mほどこのまま進んだら見晴台ですよ!」


その5mがまたしんどい訳ですが、ここまで来たらブログ用に写真を撮っておかねばなるまいということで、頑張って登りました。


確かにそこには絶景が広がっていました。(良く覚えてないけど(笑))


先客で女性2名のランナーさん。


ずっと二人で走っていた方々です。




一人ずつ写真を撮っていたので、声を掛けて二人一緒に写真を撮ってあげたところ、お返しにと私の写真もとってもらいました。


脚が攣ってしまっている旨を話すと、エアサロンパスも使わせてくれました。


神様、いや女神様かと思いました。(笑)




ようやく、久しぶりの下りです。


下りだから楽かと思いきや、それまでに痛めつけた脚には、傾斜により容赦なく乗っかる自分の体重での衝撃があり、決して楽ではありません。


もうここまで来ると、上りだろうが、平坦だろうが、下りだろうが前に進むことがしんどいです。




途中、こんな大きな倒木を超えていくところもありました。


普通の状態であれば、ひょいと超えられる段差も、

「よっこいしょ。」

「ふぅ~。」

てな感じで越えていきます。




しばらく勾配は大したことのないところを進みますが、途中モロ沢伝いに進まなければならないところがあり、そこまで比較的きれいだった靴もグチョグチョになります。


途中、頃合いの良い石に足をかけようとしたら、全然固定されていなくて危うく転びそうになりました。


幸い何とか持ちこたえましたが、変な足の着き方をしてしまい、またまた脚が攣ってしまいます。


もう、こういうところは覚悟を決めてグチョグチョ覚悟で大胆に歩いた方がいいですね。




下に茶色い川が見えてきた頃、すでに6時間40分ほど経過していました。


スタート前ラン友のOさんに、一旦ゴール近くに出てきてからもう一山超えないといけないと聞いていたので、制限時間を7時間と思い込んでいた私は、この時点でゴール付近に到着していないということは、制限時間内は無理だなぁと思っていました。


でも、完走するだけしようと気を取り直し歩いていると、前からボランティアの方が二人歩いてきました。


そこで思わず、

「あとどれくらいありますかね?」

と聞いてしまいました。


彼らの答えは、

「あと4~5kmくらいです。頑張ってください!」

でした。


これまで歩いた時間からして、勝手にあと2~3kmと思い込んでいた私は、一気に脱力してしまいました。(^_^;)


とは言え、ここまで来た以上前に進むしかありません。


「オレはなんでこんなところを歩いてるんだろう?」


と、考えても仕方のないことを考えながら、重たい足を引きずるように歩きます。


だんだんと空腹も強まってきました。


そう言えば、この日はエイド食以外を口にしていませんでした。


エナジージェルは一個だけ持っていましたが、それすら口にせずで。


今更ながら脚に来てるだけではなく、こりゃガス欠だよね…と気づき、慌ててエナジージェルをお腹に入れました。


そしてしばらく進むと、ようやくゴール付近のアナウンスの声が聞こえてきました。


「やっと帰ってきたよー!」


と思ったのもつかの間、ここからが最後のトドメの地獄の始まりでした。(-_-;)


実は、最後のエイドでもハイドレーションへの補給をやらなかったので、ここまでで背負っていたスポドリは底をついていました。


スタート、ゴール地点は、キャンプ場にもなっていて、炊飯場に水道があったのでそこで補給することに。


一旦、蛇口を捻りかけて、ふと「あっ、許可をもらわなくちゃ」と思い、一旦先に進んでスタッフの方に許可をもらって戻りました。


こういうときでも妙に律儀さが出てしまいます。(^_^;)


この時点で、自分が制限時間だと思いこんでいた7時間に近づいていました。


ところがアナウンスを聞いていても、それらしきことは言われません。


ここでようやく「あれ?ひょっとして8時間??」と気づきました。




そして、こちらですと促された先を見ると、またまた急な上り。(^_^;)


ここから3kmほどの登山となりました。


ここでも、「まー、一時間あれば大丈夫かな」と思いつつ、登っても登っても上にはさらに上り坂が待っていました。


何度も何度も立ち止まって膝に手をつき息を整えながら、進みます。


ホントはどこかに座り込みたいところでしたが、ここまで来たら何とか制限時間内にと思い直し、頑張って前に進みます。




ようやく頂上付近に到着!!


ここからは下り基調ではありますが、とにかくえびの岳をぐるーっと回る周遊コースなので、距離が長い!


もう惰性で前に進むしかありません。


ようやくまたゴール付近のアナウンスが聞こえてきて、少しだけ元気が出ます。


登山道が終わり、アスファルト道路も見えてきてボランティアの方にゴール方向へ誘導されます。


ところが、思考力の低下している私は、どこに行っていいのかわからず、とんでもない籔の中に入っていこうとします。(^_^;)


「あ~、そっちじゃないですよ~!」


の声に我に返り、いよいよゴール前の芝生の広場に。


100mほどを最後の力を振り絞り走ってゴールテープを切りました!


ゴール付近では、KNMのラン友さんたちが待ってくれていました。


ありがとうございます。m(_ _)m



ゴール後、コーラを立て続けに2杯頂き、豚汁をもらって座り込みました。


もうホントに疲れ果てていました。


タイムは7時間43分02秒。


何とか制限時間内にすべりこみました。




福岡のラン友Kさんに、ゴール前で写真を撮ってもらいました。


精一杯の笑顔です。


今回は、練習しなきゃ!と思いつつなかなかできないまま、練習らしい練習は、直前の2回の山登り練習のみ。


昨年初めてトレランに挑戦し、九州脊梁の山都コース(同じく35km)を完走していたので、辛抱すれば何とかなると思いつつ、やっぱり無謀でした。


終盤に行くにつれてこれだけコースがハードになっていくと、やっぱりきついですね。


ちゃんと下調べしてたら出走してなかったかも。


とは言え、8時間近くも山の中を走り、歩き抜いた自分を褒めてあげたいと思います。


それにしても、このコースを2周近くするロングを完走する人たちって…(^_^;)


ゴール直後は、いつものように「もうこの大会は無いなぁ。」と思っていましたが、段々と時間が経つとあれだけきつかったのも体感覚としては思い出せなくなってしまい、来年はもっと楽に完走できるように頑張ろうかなぁなんて思ってしまう自分がいます。


何なんでしょうね、これって。


あっ、そう言えば今年の九州脊梁もうっかりエントリーしちゃったので、今度こそしっかり準備しなきゃ…って、するかなぁ。(^_^;)


兎にも角にも、思い出に残る大会となりました。


大会スタッフの皆さま、ご一緒してくださったラン友の皆さま、すべての関係者の皆さまに感謝します。m(_ _)m


PS

帰りは帰りで、シャトルバスの乗り場が変更になっていることを知らず、一時間の待ちぼうけの末、スタッフの方にお世話になり、えびの高原荘の方に送っていただきました。


その節はお世話になりました。m(_ _)m





メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

ストレングスファインダー®の資質の活かし方を中心に、自分らしく楽に生きるコツをほぼ毎日配信しています。

購読のお申込みは、以下より! 無料です!
http://heart-lab.jp/mailmagazine/





ストレングスファインダー®関連サービス

◆資質のプロファイリング
◆ストレングスコーチング
◆3ヶ月集中プログラム

◆ストレングスファインダー®関連講座
◆伝え方解体新書(アサーティブ講座)
◆各種オンライン講座

詳細、お申込みは、以下より!
http://heart-lab.jp/



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最初の山道(登山道)を抜けると、実は第2エイド(24km過ぎ?)を過ぎるまではすべて林道となっていました。


ロードが多いコースだとは、当日ラン友さんからは聞いていましたが、正直ここまでとは思いませんでした。


実際事前にコースマップは見ているものの、どんなところを走るのかもきちんと下調べをするわけでもなく、「ま、とにかく7時間辛抱して歩けばいいんでしょ。」くらいにしか考えていませんでした。


こういうところが、行き当たりばったりの「適応性」的だし、今回は恥ずかしいことに制限時間もゴールするまで勘違いしていたというか、明確に把握していませんでした。(^_^;)


とにかく林道が長すぎて、景色も変わらずで、良く覚えていないのが正直なところですが、時に砂利道だったり、時にアスファルトだったりしながら、下りは走り、上りは歩きでひたすら先を目指しました。


途中で、右足の踵が靴ずれですれてきて痛みが出たので、靴を脱いで絆創膏を貼りました。


トレラン用のその靴を履くのは大会では2回目ですが、最初の大会では靴ずれはなかったので、履き方が悪かったのでしょうね。


とにかく大会になると、靴ずれやマメができるのはある意味あたり前だったりするので、痛かろうがなんだろうが我慢するしかありません。




こんなところや



こんなところや



こんなところを通ったみたいです。(笑)




そして、ようやく坂を下りきってちょっと登ったあたりで12.1km地点の最初のエイドステーションに到着しました。


ここまでで2時間弱です。


何せ坂道なので、これがいいペースなのかどうかもわかりませんが、この時は勝手に「よし、いいペース!」と思っていました。


エイドで経口補水液とがね揚げ(サツマイモの天ぷら)と梅干しをいただき、トイレを済ませます。


がね揚げは、私が最後の一つでした。


今回は、ロングコースも基本同じコース(ロングはショートをほぼ二周)なので、もう既にたくさんの方が通過しているわけで、人気のエイド食はなくなってしまうんでしょうね。


次のエイドまでの距離が同じく12.1kmとのことで、同じく2時間を目処とすることにして先を急ぎます。




今度は、こんなところや



こんなところや



こんなところを通ったみたいです。


上りはもちろん歩きますが、私の場合どちらかと言うと上りの方が(もちろん、嫌いだけど)得意みたいです。


というのが、結構前の方に追いつき、追い越す感じになるのです。


上りの途中で、女性ランナーの方に追いついたらKNM(熊本のんびりマラニック)をご存知の方で、声を掛けてもらいました。


ひとしきり話しをした後、先に行かせてもらいます。


だいたい16km付近が上りのピークでだったでしょうか。


そこから第2エイドまで、今度はひたすら下りとなります。


ところが下りになると途端にスピードが出ません。


今度は次々と抜かれていきます。(^_^;)


どうも、下りは脚に負担が掛かるので苦手です。


しかも、やっぱり靴の履き方が悪かったのか、両足の人差し指の爪の付近が痛み出しました。


これまた仕方ないので、この先ずっと我慢でした。





ようやく林道を抜け、きれいなアスファルトの道に出ます。


木陰がなくなり、このあたりは標高も低い(それでも800mくらい)ので、かなり暑さを感じます。


初めてのコースでエイドまでどれくらいかもわからないまま、もうそろそろ脚にも来ていたので平坦な道も走らず歩きます。



お馬さんが草を喰んでいました。(見えるかな?)



霧島アートの森。




そして、ようやく第2エイドに到着。


時間にして10時前で、予定通りの到着でした。


ここが唯一の関門でもあり、制限時刻の11時には余裕でした。


実はここまで、制限時間を7時間と勘違いしていたのですが、ここまでの24.2kmを4時間で、残り11km弱で3時間もあるなら楽勝かなと思っていました。


それがとんでもない勘違いであることを、この先で思い知らされることになります。(^_^;)


エイドでは、あく巻とか、何かおまんじゅうとか、スイカもあったっけ?


もうだいぶ疲れていて、このあたりの記憶も曖昧です。


水浴び場所には、ラン友のOさんがボランティアをされていました。


そこで顔を洗わせてもらい、しばらく座って休憩することに。


何せ時間的には余裕と思っていたので、ゆっくり休もうと思っていました。


全くもってノーテンキな私でした。(^_^;)


ここで、KNMのふくかいちょーが追いついてきました。


私は入れ替わりでエイドステーションを後にします。


ここからが地獄の始まりであるとは露知らず…。





メルマガ「才能を活かして自分らしく楽に生きる方法」

ストレングスファインダー®の資質の活かし方を中心に、自分らしく楽に生きるコツをほぼ毎日配信しています。

購読のお申込みは、以下より! 無料です!
http://heart-lab.jp/mailmagazine/





ストレングスファインダー®関連サービス

◆資質のプロファイリング
◆ストレングスコーチング
◆3ヶ月集中プログラム

◆ストレングスファインダー®関連講座
◆伝え方解体新書(アサーティブ講座)
◆各種オンライン講座

詳細、お申込みは、以下より!
http://heart-lab.jp/



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。