ストレングスファインダーで強みを活かす ストレングスコーチちしきのブログ

ストレングスファインダーのプロとして、ひとりの人間として、日々感じることを書いています。

NEW !
テーマ:
昨日は、所属するコミュニティーで、お互いが読んでためになった書籍を紹介し合う会が開催されました。


私が紹介したのは、なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践という書籍です。


この書籍の中に、大人の知性の発達段階として、


「環境順応型知性」

「自己主導型知性」

「自己変容型知性」


の3つの段階があると紹介されています。


「自己主導型」の段階は、ある意味自分の軸や、評価、判断の基準が明確になっている状態です。


そして、さらに知性の発達した「自己変容型」は、自分がどんな基準、つまり自分なりのフィルターを持っているかを知っていて、そのフィルターと距離を置いてフィルターそのものを客観的に見ることができている状態です。


つまり、「自己変容型」の知性を持っている人は、自分の価値、判断基準(フィルター)を大切にしつつ、そのフィルターを客観的に見ながら自分の言動を修正したり、改善したりできるということです。


この「自己変容型知性」を手にいれるには、自分だけのフィルターを客観的に知ることのできるツールを活用することが近道です。


ストレングスファインダーも、有効なツールの一つですね。


ストレングスファインダーで言えば、自分の資質による自分の言動の傾向性を知る、もっと言えばその資質や資質同士の組み合わせゆえのバルコニー(強み使い)、ベースメント(弱み使い)を知り、場面に応じて自分の言動を修正、改善していくということを指します。


“知性”という言葉を使うと、何だか“頭の良さ”的に捉えられて抵抗感の出る方もいるかもしれませんが、より高い段階の知性を獲得しているということは、より楽に、自分も周りも幸せにする生き方を獲得している状態とも言えると思います。


自分のフィルターを客観的に見て、それぞれの場面で自分なりの適切な言動を取れるようになるためには、やはり自分のフィルターを通して見ている世界の外側の世界も知る必要があると思います。


それが、より良い方向へ「自己概念=セルフイメージ」を書き換えることにもつながると思います。


つまり、より高い知性を手にいれるためには、自分の“あり得ない”にチャレンジする勇気が必要なんでしょうね。


個人向けサービス各種個人向けサービスを提供しています。

★★★年末年始特別割引き実施中!★★★

☆12月、1月のご予約は10%割引き

☆さらに12/25~1/6のご予約で12/20までに
 お申込みの場合は20%割引き


◆自分の強みを知り基盤を整える3ヶ月集中プログラム
◆ストレングスファインダー資質の読み込み
◆パートナー同士の資質の読み込み
◆ストレングスコーチング



ストレングスファインダーの受け方はこちらから。


無料メールマガジン無料メルマガ:才能を活かし楽に生きる方法

ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、日常でのちょっとしたことに意識を向け、行動することでもっと楽に生きる方法をお伝えしています。



バックナンバーは、こちら


※ストレングスファインダーは、以下書籍に付属するアクセスコードを使用して診断を受けることができます。(書籍は2,000円もしないので、とってもお手軽です。)

診断方法は、こちら





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
昨日の続きです。


今朝は、嫁さんと朝一でドコモショップに行って、その帰りに近くのカフェで朝食を摂りました。


嫁さんと二人で食事しているとき、普段からあまり会話は多くありません。


私がついつい「内省」に入ってしまうので…(^_^;)


でも、今日は明らかに嫁さんの様子が変でした。


思えば、昨夜も随分と疲れた顔をしていたし、今日も朝からずっと浮かない顔をしていました。


「あっ、これはまだ昨日のことを引きずってるなぁ。」と思い、気になっていることを聞いていきました。


すると、ある人からこんなことを言われた、あんなことを言われたといろいろ出てきました。


そのうち段々と涙目になってきました。


「あぁ、そんなに辛かったんだなぁ…」と思いました。


昨日は聞くだけでしたが、今日はいろいろとアドバイスをしました。


ただし、問題を解決するためではなく、嫁さんの苦しさを少しでも和らげるために。


嫁さんも、私と似たようなところがあり、きちんと、正しくありたいとの思いが強い方です。


だから、誰かの理不尽な(と思える)発言に反応してしまうし、かと言って自分の立場(入って二日目の雇われの身)を考えると、それに反論することもせず我慢してしまいがちです。


今日は、こんなことを言いました。


「辛いなら、我慢しなくていい。いつでも辞めていい。」


「理不尽だと思ったら、そう伝えていいし、喧嘩になったっていい。」


昔の私だったら、決してこんなことは言わなかったし、言えなかったと思います。


「まだ二日しか働いてないじゃん。そんなの時間が経てば慣れるから我慢しなよ!」


「そんな人、どこにでもいるじゃん。いちいち気にしてたらダメだよ!」


なんて、言ってただろうなぁ。


そしたら嫁さんも、


「そうだよねぇ。わかってはいるけど…」


と、なっていたでしょう。


そして、際限なく自分を苦しめ続ける。


あぁ、リアルに目に浮かぶ…(笑)


ひとしきり話しをして、嫁さんの顔に安心感が浮かんだところでこの話しは終了。


ただ正しさを振りかざしても、きっと幸せにはつながりませんね。


苦しさを、しんどさを抜け出すヒントは、自分の“こうあるべき”の外側にきっとあるのだと思います。


自戒を込めて。


個人向けサービス各種個人向けサービスを提供しています。

★★★年末年始特別割引き実施中!★★★

☆12月、1月のご予約は10%割引き

☆さらに12/25~1/6のご予約で12/20までに
 お申込みの場合は20%割引き


◆自分の強みを知り基盤を整える3ヶ月集中プログラム
◆ストレングスファインダー資質の読み込み
◆パートナー同士の資質の読み込み
◆ストレングスコーチング



ストレングスファインダーの受け方はこちらから。


無料メールマガジン無料メルマガ:才能を活かし楽に生きる方法

ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、日常でのちょっとしたことに意識を向け、行動することでもっと楽に生きる方法をお伝えしています。



バックナンバーは、こちら


※ストレングスファインダーは、以下書籍に付属するアクセスコードを使用して診断を受けることができます。(書籍は2,000円もしないので、とってもお手軽です。)

診断方法は、こちら




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
嫁さんが新しいパートの職場で働き始めて二日目。


まだ慣れてないこともあるだろうし、職場での人間関係もいろいろあるようで、迎えに行くと車に乗るなり大きなため息。


そして、あれこれ愚痴り始めます。


こういうシチュエーションになると「カチッ」と音がして入るのが、“問題解決スイッチ”。


自動反応的に、かなり再現性良くスイッチが入ります。


すると、勝手に口をついて出て来るのは、嫁さんの愚痴にカウンターで当てる「こうしたら…」のアドバイスの数々。


この状態に入ると、相手の感情が乗り移ってしまうようで、尚の事頭をフル回転させて、いかにその問題を解決するか?との思考に入り込みます。


今日は、そうなりかかったギリギリのところでブレーキを掛けることができました。


あぶない、あぶない…(^_^;)


そこから先は、ただひたすら聞いて嫁さんの感情が静かに収束するのを待ちます。


これでいいんですよね? 女性の皆さん。(笑)


これは、男としての一般論ではないかもしれないけど、私の場合問題解決に走ってしまうのは、何かしら相手の役に立たないと自分の価値がないと思いこんでいるからだと思います。


だから、ただ黙って聞くことができるようになるには、何もしなくっても、取り立てて役に立っていなくっても、自分には存在価値があると、ただ思うこと。


そして、その逆もありますね。


敢えて何もしないでいることを通して、そんな自分でも、役に立っていない(と自分が思っている)自分でも、実は何事も起こらないし、それでOKなんだということを知る。


日常の些細な出来事ですが、大切なことを教えてくれます。


個人向けサービス各種個人向けサービスを提供しています。

★★★年末年始特別割引き実施中!★★★

☆12月、1月のご予約は10%割引き

☆さらに12/25~1/6のご予約で12/20までに
 お申込みの場合は20%割引き


◆自分の強みを知り基盤を整える3ヶ月集中プログラム
◆ストレングスファインダー資質の読み込み
◆パートナー同士の資質の読み込み
◆ストレングスコーチング



ストレングスファインダーの受け方はこちらから。


無料メールマガジン無料メルマガ:才能を活かし楽に生きる方法

ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、日常でのちょっとしたことに意識を向け、行動することでもっと楽に生きる方法をお伝えしています。



バックナンバーは、こちら


※ストレングスファインダーは、以下書籍に付属するアクセスコードを使用して診断を受けることができます。(書籍は2,000円もしないので、とってもお手軽です。)

診断方法は、こちら




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日発行のストレングス・ラボメルマガは、私と同じ熊本にお住まいの丸本コーチ執筆です。


『非常時こそ資質が強く表に出てくるのではないか?!』

おはようございます。
ストレングスコーチの丸本 昭(まるもと あきら)です。

熊本在住、自治体や医療・福祉など公的機関を中心に、
コーチングや研修を通じて個人や組織へ
強みの文化の“刷り込み”を日々続けています。
ストラボのメルマガでは初登場ですが、
よろしくお願いいたします。

私の住んでいる地で起こった熊本地震から、
早くも8ヶ月が経とうとしています。
その間も全国各地で地震が続き、先月の福島県沖地震は
5年前の東日本大震災の記憶を呼び起こしました。

そんな非常時に資質はどう働くのか?

余震(熊本地震)も落ち着き始めた頃に、
「対話会」という形で話す場を設けました。
以下、そこでのエピソードです
(掲載について、ご本人の許可を得ています)。


「責任感」を3位に持つAさん(女性)
自宅が被災し、避難所に中学生、高校生の子ども、
2人を連れて避難されました。
ご主人は災害復旧のため職場に泊まり込み、
Aさんと子供3人での避難生活。
Aさんもお仕事をされており、
しかも職場の中心であるため仕事は抜けられない。
職場も震災で大変な状況です。
子供たちをAさんひとりで守り、
自宅の片付けもしないといけない状況ながら、
「私がいないと回らない」という気持ちから、
避難所から毎日職場に通い続けました。
昼間は子供たち二人を避難所に置いての出勤なので、
仕事をしながらも色々と不安な気持ちもあったそうです。
振り返ると、仕事、子供たちを守ること、
家の片付けとフラフラになりながらも全てをやり抜けたのは、
ご自身の「責任感」が支え続けたのではないかと語られました。


「適応性」を2位に持つBさん(女性)
地震が起こってから、
自分の中で「スイッチが入った!」と感じたそうです。
周りがあたふたとしている中でも自分自身は驚くほど冷静で、
テキパキと判断し指示を出していたとか。
同じ職場の人からは、「なんだか楽しそうね」と言われたくらい。
「非常時という状況をそのまま受け入れられたこと、
受け入れたところから判断や行動ができたのは、
今振り返ると「適応性」かなあ。」との感想を
お聞かせいただきました。


そして、私。
被害は少なかったものの、被災地の近くということで
被災地支援の役割を任されました。
日々滝のように降ってくる案件に素早く対応できたのは、
3位の「戦略性」のフル活用。
5位の「収集心」でSNSを始めとしたネット情報や
新聞・テレビから集めた情報は、
「戦略性」の材料として本当に役に立ちました。
一方で、他団体の迅速でアイデアあふれる支援の様子を見ると、
1位の「最上志向」が己の至らなさを苛みます。
この資質があったからこそ乗り越え、
同時に振り回されもした日々でした。


この対話会を開催したのは、
“非常時こそ資質が強く表に出てくるのではないか”という
仮説があったからです。

参加された方のエピソードを聴く中で、
非常時に資質がその人を支える柱になっていた
様子の数々を知ることができました。

そして自分自身、
「この資質があるから、
 このアプローチの仕方できっと乗り越えられる」という
 支えになりました。

非常時ゆえに、
“資質”というパートナーを再認識し、
これからも一緒に連れ立って旅をしていきたいと思います。




平時ではないからこそ、自分の資質は考えるまでもなく表に顕著に出てきます。


丸本さんが書かれているように、それぞれが、それぞれの資質を強みとして辛い時期を乗り越えてこられたのだと思います。


私自身も、非常時でも現状を受け入れ、落ち着いて家族のためにどう動くかを考えられる「適応性」や、刻々と変わりゆく情報の中で、鮮度と精度を嗅ぎ分けて選ぶことのできる「最上志向」と「収集心」があったおかげで、電気も水も来ない数日間を乗り切れたのだと思っています。




一方で、自分の「責任感」という資質を考えたとき、この地震が私がもしまだ会社員でストレングスの知識も十分持っていなかった時期に発生したと仮定すると、ひょっとしたら自分の場合は仕事優先で家庭を顧みない状態になっていたかもしれないなぁとも思います。


以前の私は、まさに仕事人間で“仕事>>家庭”という優先順位で生きていました。


そして、それが100%正しいと信じ切っていました。


もちろん、それが間違いだということではないのだけれど、“それだけ”が正しいと思い込むのは、自分も周りも幸せにしない考え方です。


自分のこと(身内のこと)は後回しにして、組織の一員としてやるべき(と自分が信じている)ことを、周りも大変なんだからと思い切り自分一人で抱え込みながらやっていただろうなぁと思います。


今思えば、それってはっきり言って迷惑ですよね。


迷惑を掛けるというのは自分が勝手に思っているだけで、実は周りの人は迷惑だなんて思っていないことがほとんどでしょう。


頼り、頼られる関係性こそが、非常時だからこそ必要なんですよね。


それが、自分の苦手なところを頼り、自分の資質を活かし得意なところで周りに貢献していく。


非常時にそれが出来るようになるには、やはり普段から意識しておかないといけないということだと思います。


今回のメルマガの趣旨からは少しずれますが、自分が苦手なことだけに自戒を込めてそんなことを思いました。


※ストレングスファインダーは、以下書籍に付属するアクセスコードを使用して診断を受けることができます。(書籍は2,000円もしないので、とってもお手軽です。)

診断方法は、こちら


個人向けサービス各種個人向けサービスを提供しています。

◆自分の強みを知り基盤を整える3ヶ月集中プログラム
◆ストレングスファインダー資質の読み込み
◆パートナー同士の資質の読み込み
◆ストレングスコーチング



ストレングスファインダーの受け方はこちらから。


無料メールマガジン無料メルマガ:才能を活かし楽に生きる方法

ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、日常でのちょっとしたことに意識を向け、行動することでもっと楽に生きる方法をお伝えしています。



バックナンバーは、こちら




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの嫁さん&「責任感」ネタを…(笑)


パート先を探している嫁さんが、今日面接だと言うので会場まで送って行きました。


予定では、11時に始まり12時まで掛かるというので、その間少し距離は離れるけどスタバで仕事をしておこうと思っていました。


「アレンジ」も上位なので、その1時間の中で何が出来て、どれくらいで止めて移動すれば12時までに間に合うかも計算ずくで。


そして、スタバについて飲み物を受け取り、パソコンを開いてさあ始めようと思ったまさにその瞬間に電話が鳴りました。


「ごめん。終わっちゃった…」


一瞬、


「なにぃ~!!(-_-#)」


と思いますが、嫁さんが悪いわけでもないので仕方ありません。


今回は、まったくの不可抗力なのですが、私の場合「責任感」が上位にあるせいか、相手がこうする(なる)と言ったことを、そのまま真に受ける傾向があります。


つまり、相手が必ずそうするもの(そうなるもの)と勝手に思い込んでしまうのです。


これは、自分自身が「責任感」を持っているがゆえに、自分がやるといったことは必ずやるので、その裏返しで相手にも同じことを期待してしまうからです。


でも、人によっては悪気なく、大してその気がなくても期待させるようなことを言う人もいますよね。


あるいは、その時は本当にそう思っていたとしても、すぐに忘れてしまう人とか。(笑)


こういう時、自分が、自分の資質ゆえに期待し過ぎてしまうのだということをわかっていないと、どこまでも相手を責めてしまいます。


そしてそれは、きっと自分に跳ね返ってきて自分を苦しめます。


多々経験済みだからわかります。(^_^;)


まぁ、私の場合最後には「適応性」に渡して「仕方ない…」で消化するのですが。(笑)


「何でこうなんだろう?」


「何でこうなるんだろう?」


を繰り返してしまうときには、自分のどの資質がそうさせているのかを見てみると良いと思います。


※ストレングスファインダーは、以下書籍に付属するアクセスコードを使用して診断を受けることができます。(書籍は2,000円もしないので、とってもお手軽です。)

診断方法は、こちら


個人向けサービス各種個人向けサービスを提供しています。

◆自分の強みを知り基盤を整える3ヶ月集中プログラム
◆ストレングスファインダー資質の読み込み
◆パートナー同士の資質の読み込み
◆ストレングスコーチング



ストレングスファインダーの受け方はこちらから。

無料メールマガジン無料メルマガ:才能を活かし楽に生きる方法

ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、日常でのちょっとしたことに意識を向け、行動することでもっと楽に生きる方法をお伝えしています。



バックナンバーは、こちら




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。