浜野しげきオフィシャルブログ「伊根の舟屋|伊根町マイスター 浜野しげきのブログ」Powered by Ameba

京都丹後・奥伊根温泉油屋別館和亭の野菜ソムリエ&オイスターマイスターの元伊根町のセールスマン 浜野しげきが海の京都 丹後・伊根町から舟屋の町・伊根町の食・観光などの地元情報を発信します!2010年に伊根町職員を退職。「伊根|伊根町マイスター」(自称)です。

伊根町のセールスマンから転身「浜野しげき」のブログへようこそ!

テーマ:

海の京都
伊根町マイスター 浜野しげきですふなやん

 

現在、議員定数等調査特別委員会では、3月定例議会の条例改正に向け、委員会としては9名で提言を取りまとめる作業をしています。

 

自分は、定数8名が妥当だと意見しておりますので、9名を提言された方の意見に基づき、この提言は取りまとめるべきで、今回の取りまとめ作業はどちらかというと一歩下がった立場で議論しています。


先日の委員会で、提言書を取りまとめるにあたり、9名にすべきだとされた4名の方の意見をあらためてお聞きしました。
9名に賛成されたほとんどの議員さんが、「9名とすることで若い方が選挙に出やすくなる」といった事を意見されたのには、「・・・」でした。

 

若い方が選挙に出やすくなる方法って、定数の問題なのでしょうか?
定数が10名でも8名でも関係ないと思うのは自分だけでしょうか?
こんな理由ってありますかね(苦笑)

そもそも、若い方や女性でも議員を目指す環境を整備するのであれば、定数云々ではなく、専業・兼業を問わず議員報酬のあり方、休暇、休職、復職、働きながら議員活動できるなどの労働環境(休日議会や夜間議会)や、それに伴う社会保障制度の充実、家庭・地域がサポートできる体制等を整備することが必要なのではないでしょうか。

 

定数の問題ではなく、議会制度の位置付け、労働環境の改善、社会保障制度の充実、少子高齢化対策、女性活躍社会のための法的及び基盤整備を図るべきであり、議会活性化の中で議論していくことが必要なのではないでしょうか?

 

9名にされた方の意見はどうも選挙はしたくないというような考えがあるような気がしてなりません。
議員定数等調査特別委員会としては、定数を9名とすることで可決されましたので、粛々と提言としてまとめられますが、然るべき議会の場で、皆さんの意見をお伺いしながら公然と議論させていただきたいと思います。

 

 

町議会議員は何でも相談屋なんで、遠慮なさらずにお声かけくださいませ(^^)/

いいね!した人  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース