いわき市整形外科「志賀リウマチ整形クリニック」オフィシャルブログ

いわき市整形外科「志賀リウマチ整形クリニック」の最新情報、膝の痛み、腰痛、五十肩、足手のしびれなどの原因や治療、その他日々の雑感などを綴ってみたいと思います。


テーマ:

肘の痛み(その1)、テニス肘(上腕骨外上顆炎)について


症状

ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。


多くの場合、安静時の痛みはありません。

テニス肘の症状
 

原因と病態

中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。


一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。


病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。


この短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす働きをしています。

テニス肘の原因と病態

①長橈側手根伸筋:手首(手関節)を伸ばす働きをします。


②短橈側手根伸筋:同様に手首を伸ばす働きをします。


③総指伸筋:指を伸ばす働きをします。

 
 

診断

外来で簡単に行える疼痛を誘発する試験で診断します。


以下の3つの検査が一般に用いられています。


いずれの検査でも肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたら、テニス肘と診断します。

1. Thomsenテスト

検者は手首(手関節)を曲げるようにして、患者さんには肘を伸ばしたまま検者の力に抵抗して手首(手関節)を伸ばしてもらう。

2. Chairテスト

患者さんに肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらう。

3. 中指伸展テスト

検者が中指を上から押さえるのに抵抗して、患者さんに肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

Thomsenテスト
Thomsenテスト
  中指伸展テスト
  中指伸展テスト
 


      Chairテスト

          Chairテスト

予防と治療

まずは保存療法を行います。

保存療法

1. 手首や指のストレッチをこまめに行います。


2. スポーツや手をよく使う作業をひかえて、湿布や外用薬を使用します。


3. 肘の外側に局所麻酔薬とステロイドの注射をします。


4. テニス肘用のバンドを装着します(装着方法などは主治医にご相談ください)。


注射法


    注射による治療


テニス用肘バンド

    テニス用肘バンド


保存療法が無効な場合には、手術療法を行うこともあります。

手術療法

筋膜切開術、切除術、前進術、肘関節鏡視下手術などがあります。


当院ではまず外来で注射をお勧めしています。


注射も治癒機転を誘発する特殊な方法を採用しています。


どうしても痛みが改善しない場合は手術を行っております。


肘の痛みのある方はご相談ください。


(その2に続く)


パンフレット「テニス肘、上腕骨外上顆炎について」ダウンロード


ブログトップページへ


志賀リウマチ整形クリニックHPへ


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

志賀リウマチ整形クリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。