月次決算書の使い方徹底講座 - 税理士・会計事務所向けに古田土会計・古田土経営のノウハウ公開

税理士法人古田土会計が実践している月次決算書の使い方と経営計画書の作り方を身につければ、営業活動も残業も必要なし。
会計事務所未経験者でも、仕事内容を理解し新規開拓できるようになります。評判を良くして、給料・年収UPを目指そう!


テーマ:
古田土会計は今までに6,000名の会計人に古田土会計のノウハウを伝えてきました。

主には

・月次決算書の活用法

・経営計画書の作成・運用の指導法  

です。


しかしながら、同じ内容を伝えても成果が出る方とそうでない方がいるのです。

よくよく確認してみるとそこには【客層】の違いがあることが分かりました。

お伝つたえした以上、是非実践して頂きたい。

とは言っても、【客層】が違うのは事実。


そこで、今回はいかに客層をグレードアップさせMAS監査(経営計画・未来会計等)を実践するかについて講義をさせて頂きます。

http://kodato.com/gradeup2016/ko/


しかも、完全無料で公開するので、期間限定とさせていただきます。

まずはこちらから視聴登録をしておいて下さい。

http://kodato.com/gradeup2016/ko/


客層PLF_第0講_YouTube
いいね!(59)  |  リブログ(0)

テーマ:
古田土会計の飯島です。

先月打ち出しをしたこちらの古田土式 業務マニュアル100ですが、実に1,200名の方々にご利用頂きました。
http://www.kodato.com/manual/optin/

さすがに想定外の需要にビックリしました。

やはりどの会計事務所も生産性UP、業務の効率化、品質の均一化に悩んでいるんだなぁと実感しました。

まあ、そりゃそうですよね。

パートさんができる仕事を社員がやるほど、無駄なことはないですから。


とは言っても、、

ここまで需要があるならば、もっと古田土会計のリアルな生産性アップの秘訣、とりわけ社内業務を取り仕切るパートさんに絞ってお伝えしたらもっと会計事務所のお役に立つのでは・・・

そう思って、今までにないセミナーを企画しました!



あなたの事務所のパートさんが200万円稼ぐようになる!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
古田土会計の社内教育制度まるっと公開
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【古田土式】稼げるパート育成術セミナー(事務所見学あり・特典付き)

対象 会計事務所経営者・幹部に限る

日時 10月13日(火)14時~17時

場所 税理士法人古田土会計 1Fセミナールーム
    東京都江戸川区西葛西5-4-6
    http://www.kodato.com/aboutus/access

講師 飯島彰仁(株式会社古田土経営 取締役部長)
     佐藤 篤(税理士法人古田土会計 サブリーダー)
     庄司啓太郎(株式会社スタディスト 取締役)

内容

 未経験者でも1年後には200万円稼げる3つの理由

 その1、目標設定させその進捗管理までしているから、
       モチベーションが高まる

 その2、自分で工夫するから自律心が養われる

 その3、明るい社風のため離職率が低い

 ツールを使いながら、いかに稼ぐようになるかのプロセスまで解説します。

 また、そのツールを特典として差し上げます。
 あなたの事務所でご自由にご活用ください。

 なお、事務所見学会もありますので、目指している会計事務所像と
 照らし合わせてご覧下さい。


参加特典
 1、ステップアップカード(習熟度進捗管理)
 2、昇給管理マニュアル
 3、古田土式 業務マニュアル100
 4、古田土会計 経営計画書一部抜粋
 5、社内テスト問題用紙
 6、パート会議 議題一覧

金額  32,400円(税込)

定員 10名様(先着順)

お支払方法 事前振込み

申込み方法はこちらのフォームからどうぞ。
https://goo.gl/KlyeBr


いいね!(118)  |  リブログ(0)

テーマ:
古田土会計の飯島です。

昨日から「経営計画コンサルタント養成塾2015 大阪会場」が始まりました。

やる気がありすぎる会計人メンバーばかりで、私のテンションもかなり高いです。

先日のクラウド大手TOP3社の話を伺っても思うのはあと5~10年後に会計事務所の業務はなくなります。

その時にどのフィールドで仕事をするのかというとやはり中小企業の経営のサポートだと思います。

この部分に関しては、IT・クラウド・AI(人工知能)・ビッグデータでも浸食できません。

だからこそ、会計人が経営をサポートする能力は早めに身に着けておくべきだと確信しています。

今回参加してくれているメンバーも、意識も志も高いので私も非常にやりやすいです。

初めて会ったメンバー同士なのに、その後の延長戦(懇親会)もかなり盛り上がりました。(写真は懇親会にて)

いいね!(37)  |  リブログ(0)