志縁の活動日誌

東日本大震災を契機に創刊した「日本をつなぐフリーマガジン志縁」。
被災地支援を始めとする活動の軌跡を紹介しております。
http://shien-web.com


テーマ:
おはようございます。佐野です。

3月、ようやく寒さも和らいで来ました。
長らく被災地支援に携わって来た志縁ですが、
東日本大震災から2年が経ったこの節目に
一つのけじめとして「あれから2年」を振り返る
イベントを京都にて企画しました。

上記のコンセプト通り、
タイトルは「2年前を想う夜会」として、
個人的にお付き合いのあったつくるビルさんに
お願いして、開催させて戴きました。

とは言うものの、深刻な話題だからと言って
片意地を張った固い会合にするのではなく、
映像や音楽、支援に携わる方々の活動報告に触れ、
東北のお酒(ジュース)を囲みながら交流するという
ざっくばらんな集いになるように努めました。

志縁の活動日誌

今回、会場でお出ししたのは
フリーマガジン志縁の第3号でも紹介した
陸前高田の神田葡萄園「マスカットサイダー」と、
同じく陸前高田の地酒、酔仙酒造「雪っこ」です。

実はこれらを製造されている二社は、
それぞれ津波で壊滅的な被害を受け、
工場や従業員の方まで犠牲になってしまい
廃業状態に陥り、そんな絶望的な状況から
再建に向けて営業再開されているという
経緯があるのです。

これらを飲み、商品や会社の存在を
知ってもらうことで、間接的に支援に
繋がればという想いから、敢えて入場無料の
ワンドリンク制にしてみました。

$志縁の活動日誌-0318_1

平日の、しかも雨の降りしきる中にも関わらず、
開場間もなく想定以上のご来場者。
皆さんありがとうございます。

$志縁の活動日誌-0318_2

早速オープニング映像を流して開会します。
いくらゆるい集いとは言えども、最初だけは
主旨の説明も含めて少しお固く始めさせて戴きました。

ちなみにオープニングは以下のような映像。



3月11日発行されたフリーマガジン志縁
内容に触れながら、コンセプトをご理解戴いた上で、
早速ライヴに移ります。

震災直後、日本への入国規制が敷かれる中、
日本が好きという一心でアメリカからやって来た
僕の友人で留学生のThomas Erwinです。

$志縁の活動日誌-0318_3

流暢な日本語のジョークも交えながらの演奏は、
日本人の目には目新しく写ったようです。

$志縁の活動日誌-0318_4

続いては、今号のフリーマガジン志縁
内容を引用しながらゲストの紹介です。

まずは「復興次代」の取材に答えてくれた
踊りなはぁれ」の代表・副代表のお二人。

$志縁の活動日誌-0318_5

若さ弾ける爽やかなお二人の活動報告に、
会場の空気も和み、その場の流れで
ダンスまで披露して戴き、大変盛り上がりました。

そして、僕がクリスマスに密着取材した
「鶴のひと声」のメンバーにもお越し戴きました。
年末以来の再会のメンバーもいて、
個人的に非常に懐かしい顔ぶれでした。

$志縁の活動日誌-0318_6

13万羽もの折り鶴を被災地に届けた彼らの
活動報告に、相変わらず熱いものを感じました。

続いては、誌面の記事ではないですが、
背面の広告を出して戴き、兼ねてよりお付き合いのある
CROSS GROUPボランティア隊さんのご紹介。
ゴールデンウィークに福島へのボランティアツアーを
敢行するということで、概要の説明と
ボランティアスタッフの募集のお知らせを
鈴木さんにして戴きました。

$志縁の活動日誌-0318_7

少々、無茶ぶりをしてしまいましたが、
さすがの軽妙なトークでばっちり宣伝して戴きました。

また、こちらも誌面とは関係無いのですが、
この度つくるビルさんのご紹介で、お越し戴いた
被災地に自作のメッセージ付きの「器」を
贈る活動をしてらっしゃる陶芸家
うつわhaku」のひろすえたかこさんにも
活動の説明をして戴きました。

$志縁の活動日誌-0318_8

しきりに「心の支援」を訴えられていて、
私達も共感する部分が多く、勉強になりました。

活動報告の次は大トリのライヴ。
志縁ではお馴染みの顔ぶれですが、
かつて東北取材を共にしたさんと渉さんによる
アコースティックライヴです。

$志縁の活動日誌-0318_9

ご自身のこれまでの経験から生まれた
被災地への特別な想いを語って戴き、
またそれらを歌に載せて届けてくれました。

彼女達のお陰でこの日一番の盛り上がりを
見せた「2年前を思う夜会」ですが、
いよいよ最後のプログラムとなりました。

$志縁の活動日誌-0318_11

かつて関西にて写真展を開催された
仙台のLIFE WORK DESIGNさんから
「仙台から京都へ」とビデオレターが届き、
そちらを大画面で上映致しました。

まさに東北と京都が、想いで繋がった
瞬間ではないでしょうか。

$志縁の活動日誌-0318_12

準備期間も少なく、運営面での問題は
相変わらず多々ありましたが、
想定以上のご来客と、予想以上の
好意的な反響を多く戴きました。

この日の時間が、お越し戴いた皆さんの
これからの生活において、何かが良くなる
「きっかけ」になればなと思います。

お越し戴いた皆さん、ご協力戴いた
つくるビルスタッフの皆さん、
関係者の方々、ありがとうございました。

$志縁の活動日誌-0318_10

今回は冒頭で触れたように、震災から2年目、
かつフリーマガジン最新号の発行という
節目ということで突発的に企画した
イベントでしたが、今後も定期的にこのような形で
皆さんとのご縁を再確認できるような場を
継続的に設けていきたいと思っております。

今回来れなかった方も次回はぜひ。
皆様、今後ともよろしくお願い致します。

佐野竜太
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フリーマガジン志縁さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。