少人数制で、講師がお子様一人ひとりに きめ細かな指導をいたします。


☆すべてのレッスンは七田式認定講師が担当いたします。
七田眞の直接指導を受けた熱意あふれる講師が お子さまの長所を伸ばす指導を行います。


☆「幼児コース」(0~6歳)では月齢毎のプログラムとなっていますので、お子さまの発達状況にあわせた適切なクラス編成を行います。 「小学生コース」(小1~小6)では無学年制ステップ方式のクラス編成で「集中力」「創造力」「表現力」を最大限に引き出します。


岐阜西教室の詳細はこちら

岐阜南教室の詳細はこちら

  • 24 Mar
    • 積木の模様作り

      年少クラスではニキーチンの模様作りを毎回行っています   この積木は、6面に赤・青・黄・白・赤白・青黄の色がついています         4月5月の始まったばかりの頃は4個の積木だけだったのが、   冬頃からは16個の積木を使って取り組んでいます   レッスンではお手本を見ながら作っていきますが、   年少クラスのH君が自分で考えた模様を「先生、ハート作ったよ」嬉しそうに見せてくれました     決められた模様作りだけでなく、自分でイメージしながら作っていく力も育ていることに嬉しく思います  

      1
      テーマ:
  • 23 Mar
    • 効果的なほめ方2

      前回、『効果的なほめ方』というテーマで ❛その場にいない第三者からほめてもらう❜という方法をお伝えしました   実際に試して下さったご父兄様からは 「子どもがすごく嬉しそうだった」 「急にやる気が出てきたみたいで生き生きしています」など… たくさんの良い報告を頂きました   いつもと違うほめ方でほめられると、お子さんも嬉しいみたいですね   そこで・・・ 今回は❛しんみりほめる❜をご紹介します   ほめるというと、「わぁ~すごい!」 「さすが~」と大きな声で、その場ですぐほめる方法を思い浮かべますよね   これは、とても大切で、小さなお子さんには大きな喜びや感動につながります   しかし、年齢の大きいお子さんには、その場で「わぁ~」とほめるだけでなく、 お風呂に入っている時、車の中・・・・ そういう二人きりの時に、しんみりとほめることも効果的です   例えば・・・ 「~ちゃん、今日、自分から進んで~してたね。ママ、すごいなぁって思って見てたよ」   「~ちゃん、~してくれてたね。優しい子だなぁって、ママ、あの時すごく嬉しかったんだよ」という感じに・・・・   お母さん、ちゃんと見ていてくれたんだぁ・・・。 そんな思いは、きっと母子一体感を高めてくれます   子どもの心が、ママの心に寄り添うようになると、信頼感や絆も増していきます   年齢やその場の状況に合わせて、ほめ方を工夫していく・・ これも子育てで大事なことですね

      1
      テーマ:
  • 22 Mar
    • 英語の暗唱

      こんにちわ   今日は英語の暗唱を紹介します   英語の暗唱は、幼児コースの暗唱とは違い、 本を見ながら読んでもらいます   本を見ながら読むことで、 自然に文字が目に入るようになり、 その次の音読のステップにつなげることができるからです   LB40コースに通ってくれている S.Aくん(年少)は暗唱がとっても得意です Shichida English Readers の"Foods That Are Soft" を暗唱してくれました     とっても上手ですね   S.Aくんは幼児コースにも通っていて、 暗唱文集の達人編も名人になっています   これからがとても楽しみですね  

      テーマ:
  • 17 Mar
    • 「うちの子は ここまで」・・・と限界を定めない

      ~七田眞の金言集からです~   「うちの子はここまで」という 限界を定めるのでなく 子どもの力は無限だと信じ 挑戦させることが大切です   子どもはいつも  学びたい気持ちで あふれています     親の目から見ると 無駄に思えたりすることも あるかもしれません やりたいことの中身より   それに取り組む 意欲や情熱 努力する過程 達成感というものを 子どもに学ばせたいものです     親が勝手に判断するのでなく 少し背伸びをしたり 時間をかけたりしてでも 子どもの意欲に 応えてあげましょう     親の辛抱強い対応が 何事にも挑戦する気力にあふれた 子どもに育てます

      テーマ:
  • 15 Mar
    • 無料体験のご参加ありがとうございます

      3月から5月入室の方に限り、 入会金無料キャンペーンを実施中です❗️ 大勢の方にご参加頂き、本当にありがとうございます😊 続々とご入会していただき、講師一同嬉しく思っております😋 お父様もご一緒にご参加頂いたり、祖母様とご一緒であったりと、ご家族にご理解いただくことで、お母様は子育てにパワーが湧いてきますね😃 時を戻すことはできません。 ぜひ、七田教育を知っていただき、お子様のために今出来ること、実行してみませんか😊 保護者様にも学んでいただけることが、たくさんありますよ😐 4月20日までのお申し込みまで、キャンペーン有効です❗️ お待ちしております😀

      テーマ:
  • 10 Mar
    • 春をさがしにいこう

      今日は0~1歳児のレッスンの イメージトレーニングの様子を紹介します   この日のテーマは「春」   音に合わせてお教室をお散歩しながら 色々な春の景色を探しに行きました     最初に見つけたのはきれいな桜   触ったり匂いを嗅いだりして 楽しんだよ     次に見つけたのは小川     よく見てみると、 水の中をお魚さんが泳いでいるね   水の中に手を入れて、、、 お魚さんを捕まえた     かわいいお魚さんだったね   音に合わせて体を動かしたり、模型を使ったりすることで、 子どものイメージ力を引き出しやすくなります   もう少し暖かくなったら、今度は外をお散歩して 本物の春と触れ合ってみてね

      テーマ:
  • 09 Mar
    • 効果的なほめ方

      七田教育は『認めてほめて愛して育てる』を大切に子育てをしています そこで、今回は『ほめる』について取り上げてみたいと思います   ほめ方には、いろいろありますが、お勧めなのは・・・ ‟その場にいない第三者からほめてもらう方法”です   例えば・・・ 「お母さんが、~ちゃんのこと、お手伝いが上手だってほめていたよ」 「お父さんが、~ちゃんのこと、頑張り屋さんだなぁって言ってたよ」 といった感じです   もちろん、直接ほめてもらえることは嬉しいことであり、やる気の原動力になります! しかし、第三者から、ほめてもらうことで、 「お母さんは、陰で私のこと認めてほめてくれているんだぁ」 「私のいいところを、パパに報告してくれているんだぁ~」 そう思うと、嬉しさが倍増することもあります   皆さんも、そういう経験ありませんか? 「直接、お綺麗ですね」と言われるより、 「○○さんが、お綺麗だって言ってましたよ~」と言われたら・・ あの人、そんな風に思ってくれてたんだぁ・・・ と何だか嬉しくなりますよね   子どもも同じです おじいちゃん、おばあちゃん、周囲の人から上手にほめてもらう方法もいいですね            

      テーマ:
    • 絵本で伝えてみては・・・?

      お母さんが「〇〇してね~」と言って 「いや~」と返ってくる事って良くありますよね!?   そんな、依頼形で言ってもダメなときはどうしたらいいでしょう     そんな時は、絵本を使うのがおすすめです 絵本は、どの子も大好きですし、あっという間にその世界に引き込まれていきます   「ほらほら、あの絵本で、○○ちゃんがあんなこと言っていたでしょ! あれは、悲しいよね!」など、特に乱暴な言葉遣いをしたときは効果的です。 子どもからも「うん!うん!そうだよね!」なんて、言葉も返ってきます   歯磨きを嫌がる子には 「うわっ! ○○くん、お口の中がバイキンだらけだよ! ぴかぴかマンになろうよ! かっこよくなるよ!」 「かっこいい」という言葉に敏感な男の子は特に、すすんで歯磨きをしてくれるようになります   七田には『こころを育てる七田式えほん』シリーズがあります。   人間性の基礎を学ぶシリーズ「うさぎさんコース」 他者への優しい気持ちを育む「ねこさんコース」 自立心や思いやりを育て、人格を高める「ぞうさんコース」   など・・・・全10コース計60冊の絵本   登場人物の行動を見て、わが身を振り返ることで、子どもの行動を良い方向へと導くことができます お子さんのちょっと困ったな・・・という時に絵本を活用してみて下さいね    

      1
      テーマ:
  • 07 Mar
    • 皮膚感覚が成長を促す

       乳幼児期の子どもの可能性は無限大 この時期に、お子様にぜひして頂きたい 働きかけをご紹介します   子どもが成長していくうえでは 五感に刺激を受けることが必要です その中でも皮膚感覚は、 あらゆる感覚の母とも呼ばれるほど最も大切です   産まれた赤ちゃんをすぐに抱きしめ 初乳を与えることで 母親はホルモンの作用によって 抱いている赤ちゃんを限りなく 愛しく感じるようになります 赤ちゃんも愛撫を受けることで 脳が正常に発達するようになります   皮膚刺激が足りないと 赤ちゃんは心の成長に必要な栄養を 受け取ることができません ひいては他の感覚すべてに 影響を与えてしまいます   子どもが元気に育つには 手で触れること、抱いて歩くこと 愛撫して抱きしめること たとえ母乳が出なくても やさしい目で やさしい言葉を かけてあげることを忘れないで下さいね

      テーマ:
  • 01 Mar
    • 反対語

      七田のフラッシュカードには「難語・反対語・四字熟語」のセットが   各5枚ずつ、毎月入っています   リズムに合わせて、聞いて、まねっこして言ってもらいます   そこに、反対語で「指定席・自由席」というのもあったのですが   3歳のMちゃん 家族でお出かけした時新幹線に乗り   (指定席・自由席)「これ、七田でやったね」と   覚えてくれていたとのこと   うれしいですね   生活の中で言葉に出会う時   「聞いたことがある」というのは   興味を持つ大きなきっかけになります   興味の種をこれからも蒔いていきたいと思います  

      1
      テーマ:
  • 28 Feb
    • 壁画「春」

      少しずつ春の訪れを感じるようになりましたね   今日は西教室の壁面を彩ってくれています 皆さんの作品を紹介します テーマは「春」です     暖かくなると心が弾みますね 何かに挑戦したくなりますよね 皆さんの素敵な作品を見ながら、毎日エネルギーをもらっています ありがとうございます まだまだ作品お待ちしていますよ  

      テーマ:
  • 24 Feb
    • 長所と短所

      どんな人でも長所と短所をもっています   心配性は短所のようにも見えますが、 物事を深く考えると言い換えることもできます   短所は長所の可能性を持っているのです   しかし、短所ばかりを気にして 短所をなくそうとばかりしていると、 短所は短所のままで、長所も伸びません   短所になる部分は見えないようにして、 長所だけを見つめて その長所を限りなく伸ばしていくようにすることが大切です   お子さんの良いところをたくさん見つけ、 たくさん褒めて伸ばしてあげましょう

      1
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 早期教育について

      『早期教育』って聞いてどんなイメージをお持ちですか   小さなうちから、色んなことを教え込み、なんでも早くできるようにさせる・・・ そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのでは   だから、早期教育は、子どもにストレスを与えるとか、勝ち負けばかりにこだわる子になるとか・・・・早期教育のデメリットが注目されることもあります。   目に見えることを重視し、目に見えない『心を育てる』部分をおろそかにしている!なんて声も・・   でも、それは間違いです!   本当の早期教育とは、決して、知識を詰め込む教育ではないんですよ 『子どもの本来もっている力を最大限に伸ばしてあげる』 『心を育てながら、良い親子関係を築くことができる』   では・・一体、なぜそんなに早くから教育をスタートさせるのか   3歳までに脳に与える刺激が、脳の働きに大きく影響するからです。 月齢が低いほど、吸収力・柔軟性が優れているので、持っている能力を最大限に発揮しやすいのは事実   そこで・・・ 上手な早期教育のポイント   ①愛情をたくさん伝えること!  子育てで一番大事なのは、しっかり抱きしめて愛情を伝えること。  愛されて育った子は、人を思いやれる子、人に心を開ける子になります。  また、母子一体感が強ければ強いほど、落ち着きのある子、吸収力の高い子に育ちます   ②発達に合わせて無理なく行うこと!  早期教育は、決して他の子よりもできるようにさせるものではありません。  ちょっとした変化も見逃さず、褒めてあげることで、どんどん伸びます   ③親子で楽しんで行うこと!  楽しくなければだめ。楽しいことで、意欲もアップ  「なんでできないの?」→こんな言葉では、やる気はでません    「~ちゃんならできるよ」「いつも応援しているよ」 こんな温かい励ましの中で取り組めば、自己肯定感や自尊心も同時に育ちますね。   ポイントさえ押さえれば、お子さんの能力を伸ばしながら、楽しい子育て(早期教育)ができます   七田では、『認めて・ほめて・愛して育てる』をモットーに教育をしています これが、きちんとできれば、実りのあるものになります   まだ、七田に通われていない方、一度、心が育つ教育「七田」に足を運んでみて下さいね    

      1
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 子どもの脳を育む食べ物

      ①主食は未精製の穀類を 主食は、玄米などの未精製の穀類と雑穀などを摂りましょう 玄米など、未精製の穀類には、ミネラルが豊富に含まれており、私たちの生命活動の根幹を担っています。そもそも、ミネラルがないと何も動かないというぐらい、とても大切なものなのです   ②抗酸化食品をたっぷり摂る 副食には、豆とごま、わかめ、野菜、魚、しいたけと芋などを心がけて摂りましょう これらの食品は、体のサビを取り除いてくれる優れたものです 体の「サビ」とは、つまり「老化」を防いでくれるということ こうして、体の品質の低下を抑えてくれているわけです。   外食の多い人、運動をよくする人、アレルギー体質、また、ストレスが多い人は、 年齢を重ねるほどに、抗酸化食品を多く摂るように心がけましょう     ③良質のタンパク質を 動物性タンパク質を多く摂ると、体はそれを消化吸収するために、多くの酵素やミネラルを消費することになります 動物性タンパク質を摂るときは、野菜をたっぷり食べることが必要です 多くは植物性タンパク質を中心に摂ることがおすすめ 体の負担を抑えることができます。何事もバランスが大事です 発酵食品である、納豆、醤油、味噌など、酵素をふんだんに摂り入れましょう。   ④良いアブラが大切 脳は最もアブラっぽい臓器として、どんなアブラを摂るかということは、 頭を良くする上で、とても重要なポイントです アマニ油などの「オメガ-3(スリー)脂肪酸」をたっぷり摂りましょう。同時にアレルギー体質の人もオメガ-3脂肪酸は効果を発揮します。 アマニ油は酸化しやすいので、生で摂ることが必須です 一方、加熱料理には「オリーブオイル」がおすすめです       私たちの心と体を築いていくためには、毎日の食事はとても大切ですが、 とくに、脳も体もこれから新しく、一つ一つ作り上げられていくという子どもにとってどんなものを食べるかということは、とても重要です  

      1
      テーマ:
  • 21 Feb
    • 子どもの嘘

      もし、子どもが 『 嘘をついた』  とわかった時 皆さんなら  どのようにされますか   この時とばかりに すかさず叱る …? どうして嘘をついたのか聞く…? それとも父親に相談してから …? 時と場合によって 対処が違うかもしれませんが…    嘘をつくには様々な理由があります   嘘をつくこと自体いけないことですが 「なぜ嘘をつくのか」 その原因を見つけることが大切です   嘘の背景には 子どもの心理的な悩みが隠されていることが多く 子どもとじっくり向かい合う機会が必要だという 合図だとも言えます   嘘をついたことを叱る前に 話しやすい雰囲気を作り   “聞いてあげる”   を心がけましょう。 子どもは認めてあげれば 信頼される行動をとるようになります   子どもの嘘は 認めて欲しいという内面の欲求が 「嘘」という形で現れたものです  まずは、ゆっくり話を聞いてあげましょう

      テーマ:
  • 18 Feb
    • 春一番♪

      2月も中旬を過ぎると、だいぶ暖かい日も出てきましたね 一日室内で過ごしていますが、上着無しでレッスンに 来る子をちらほら見かけるようになり、 暖かくなってきたことを実感しています   さて、2月16日には九州北部で、17日には関東地方で 「春一番」が観測されたとニュースになっていましたね   春一番とは、北日本(北海道・東北)を除く地域で 2月~3月の半ば、立春から春分の間に吹く風で その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の 強い風のことをいいます   春一番と聞くと、穏やかな優しい風のイメージですが もともとは海難事故をきっかけに 春の悪天候を知らせて注意を呼び掛けるものだそうです   そして、春一番の後にはすぐに寒くなることが多く それを「寒の戻り」といいますね   レッスンで見るフラッシュカードにも、行事カードに 「春一番」「寒の戻り」が出てきますね ニュースを耳にしたときに、「あ」と思ってくれると いいなと思いながら、今日もカードを読み上げました   東海地方の今年の「春一番」はいつになるでしょうか 観測されない年もあるようで、昨年は3年ぶりの観測が 2月14日にあり、その前は3月18日とのこと 風向きが変わる、つまり地球規模での季節の変化と いうことで、なんだかワクワクしますね              

      1
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 変化に気が付く

      岐阜西教室の幼児コースのお部屋は2つあります そのお部屋の中の小さな変化 お気付きでしょうか(*^▽^*)   「あやめ」「いきしあ」「うめ」「えにしだ」「おおいぬのふぐり」 「あるぱか」「いのしし」「うなぎ」「えみゅう」「おらうーたん」   そうです(=⌒▽⌒=) レッスンでお子さんが座るいすの後ろについているマークが、数字から あ行から始まる言葉と絵に変わっていますね お子さんが気が付いて読み上げたり、お母さんと 「さっき、おおいぬのふぐり見たね」とお話しされているのを見て、 とても嬉しく思いました。   五感を刺激することは心がけていれば、いつでもどこでも ご家族で出来ますね 季節の変化や景色、、お友達の様子、ご家族の様子など 大人よりお子さんの方がアンテナをいっぱい張っていると思います ぜひ、お母様お父様も探求心をいつも持って、小さな変化にも気付き 感動し楽しんで下さいね  

      テーマ:
  • 15 Feb
    • わがままな子への対処法

      子どもは、最初はみんな自己中心的です   成長するにつれ、少しずつ周囲とのバランスをとるために、 自分を抑えることを学んでいくのです   しかし、この最初の時期に、頭ごなしに   「ダメ、いけません」   を言い続けると、わがままは修正されるどころか、 反発心がつき、ますます大きくなってしまいます   子どものすることを単に禁止するのではなく、   まずは話をよく聞いてあげることそしてその上で どうしたら良いのかを一緒に考えてあげる時間が必要です   この考える時間こそが、わがまま脱却の薬となるのです

      1
      テーマ:
  • 14 Feb
    • こま作り!part2

      前回、エリートコースで行った『ゾムツールでのこま作り』いかがでしたか? 前回のこま作りの課題は、『20秒以上回るこまを作ろう!』でしたが、 今回は・・・『芸術的なこまを作ろう』が課題 もちろん、こまなので回ることが条件です いかがですか?こんなこまが出来ました   同じ教材(ゾムツール)を使用しているのに、みんなそれぞれ違った個性的なこま   できたこまを見せ合った後は、実際に回しっこをし、誰が一番よく回るか競争 回わし方によってもタイムが違うということで、回し方の研究も各自でしていました   最終的には、クラスの中で「タイム」と「芸術性」のそれぞれでチャンピオンを決めました お友達のこまを見たり、工夫した点をお互いに話し合ったりしながら・・・ みんな各々に感じるところがあったようです

      テーマ:
  • 10 Feb
    • 歴史観光にでかけてみよう!

      子どもとお出かけといえば、みなさん、どこを思い浮かべますか テーマパークや遊園地などがすぐに浮かぶのではないでしょうか   しかし、同じ所ばかりではマンネリ化してしまいますし、子どもと一緒に行くなら、発見や学びが多く得られる場所が良いですよね     子どもたちは、実際の体験や経験を通して、たくさんの語彙とイメージ、知識を吸収することができます。 七田式教育では、これを「先行体験」といいます         先行体験をたくさんさせることで、子供の語彙力・思考力・表現力が育ち、さまざまな教科で強さを発揮します   また、将来そこで得た語彙や知識に出会ったとき、 「あ!これ知っている」と思う気持ちが、子どものやる気を育てます       そこでおすすめしたいのが、歴史観光です 歴史観光というと、子どもが退屈してしまう・・・と 思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません   歴史スポットは、普段の生活や、本・インターネットの中では得られない体験ができる、まさに学びの宝庫です   子どもにとって非常に質の良い体験が得られます また、そこで得た体験を、絵日記や作文などの創造活動に結びつけてあげると、さらに深い観察力や集中力、表現力が育つので、おすすめです

      2
      テーマ:
【キャンペーンのお知らせ音譜
3月4月5月入室の方→入室金無料ニコニコ
(4月20日までに手続き完了の方)

<各教室に直接お問合せ下さい>
岐阜西教室 058(323)2768
岐阜南教室 058(387)8630
3月28日~4月3日はお休みを頂いています




カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。