• 27 Aug
    • 卒業生報告

      みなさま、こんにちは 昨日に続き今日も涼しい風が吹く朝となりました 立秋を過ぎてもなお猛暑日が続いていたので、ようやく秋の風が舞い込んだ気がしてほっと安心しますね 8月も残すところあと4日。 今年の夏休みはいかがだったでしょうか。 例年夏休みになると、七田の卒業生が教室に訪ねてきてくれます。 先週お教室に来てくださったTくんは今年3月に卒業されたばかりの生徒さんです 部活に、勉強に忙しい毎日の中来てくれました。 わずか半年足らずの期間にひと回りたくましく成長されていました 身長もお母さまを追い越してすっかり青年の顔立ちです。 中学1年生といえば思春期真っ只中。お母さんと肩を並べて歩くのも嫌がる年齢と思いきや、親子で仲良く中学生活の報告をしてくれました。 Tくんは七田の小学生コースで暗唱をはじめとする記憶の力を磨いてこられていました。 その力は今現在にも活きているとのことでした。 ただ、私が一番感心、感動したことがTくんの心の育ちです。 ブログでも何度かお伝えしていますが、高松教室では10月にハロウィンイベントを行います。 イベント当日小学高学年生にはスタッフとしてお手伝いしてくれる生徒を募集していますが、何と中学生になったTくんが、「僕もお手伝いに来ます」と言ってくれました。 2年前のハロウィンでもスタッフとして活動してくれたTくんですが、まさか卒業後も手伝ってくれるとは思ってもみなかったことで、とても嬉しく思いました 七田では「利他(他人を利する)」の精神を人間学で学びます。 忙しくなるとつい自分のことだけで精いっぱいになるのが人の常ですが、そんな時にも他人のために働く、人の役に立つことが喜びと感じられる「心」を育てるのが七田の教えにはあります。 まさにそれを体現してくれているTくんにとても感動しました。 Tくんの応援も得て、10月のハロウィンがより楽しいものになりそうです  こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 26 Aug
    • 目指せ、高度な読解力!

      こんにちは高松は昨日から2学期が開始しましたね夏休みも終わってみれば、あっという間ですね 来週、月曜日英語コースのスターターガイダンス(保護者勉強会)があります七田英語を開始された保護者の方に必ず参加していただいている勉強会です この勉強会では、七田英語の目標のお話もさせていただいています私たちが目標と考えているのは、「真の国際人」を育てること 生前七田眞先生は、「真の国際人」とは日本人であることとおっしゃっていました日本の歴史、文化、時事問題など、日本を熟知し、それを発信できる力をつけてもらいたく、レッスンでも小学英語の高学年クラスでは、日本地理や日本文化を学習しています また、自己表現する力を身につけるのに不可欠な力、それは「読解力」です幼児期には英語を聞き取る力「英語脳」をしっかり育て、「読む力」そして、読んで分かる力「読解力」を身につけるべく、様々な取り組みや課題を与えています 今日のベビー英語クラスでも、読む力を育てる取り組みの一つ、Phonics(フォニックス)のアクティビティをしましたまだ文字を認識する年齢ではありませんが、ベビークラスでも毎回、音と文字のお勉強は始まっています 私たちは、一人でも多くの「真の国際人」に育ってもらいたく、日々のレッスンを頑張っています こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 25 Aug
    • 言葉の模倣

      皆さん、おはようございます今日も暑いですが、頑張りましょう さて、本日は「言葉の模倣」についてです 赤ちゃんは、産まれる前の胎児の頃から言葉を聞いています体内振動音を通してのお母さんの声は、7,000~8,000ヘルツの高周波音(キーキーというイルカの鳴き声のような音)として聞こえていることが言語学者、アルフレッド・トマティスの研究により、わかっています子どもが親から言葉を学ぶのは、その時からすでに始まっているのです 親から言葉を学ぶ、という鳥を使った興味深い実験がありますよくさえずる親鳥が産んだ卵を、さえずらない親鳥に抱かせてみました。卵が孵化し、ヒナになり、どんどん大きくなって、成鳥になってもその鳥は生涯一度もさえずることはありませんでした。この実験は、いかに子が親を見本に成長するかを証明しています 子どもは言葉を模倣する時期になると、話す人の口元を一生懸命みています。家庭では出来るだけ表情豊かに、明るく話すよう心がけましょうそしてそれは英語でも同じことが言えます。幼児期から英語に触れていると、それも自然と模倣することになります。英語の読み聞かせ等を行う時も、英語が苦手だから…と発音やアクセントにこだわって読むことよりも、心を込めて、絵本の内容にあわせて声の抑揚や表情豊かに読んであげることが大切です 明るくハキハキと話すお母さんの子どもは、同じように口の開閉がしっかりと行われ、言葉もはっきりしています反対に、お母さんが腹話術師のような口の動きで話していると、子どもも同様に口をあまり開けずに話してしまうので、言葉も不明瞭になりがちです また、子どもの話し方だけではなく、挨拶をする時、名前を言う時、返事をする時、『ありがとう』や『ごめんなさい』をしっかり言えるか言えないか…等も親の模倣から始まります子は親の鏡です。常に良いお手本を見せてあげましょう  こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370  

      1
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 続・ハロウィンイベントのご案内

      こんにちは今朝は涼しい風が吹いていました。もうすぐ夏もお終わると思うと少し淋しい気もします。 先日、ハロウィンイベントの告知をさせていただきましたお教室では、レッスンに来られた生徒さんに順次手形をとらせてもらっています   この手形、何に使うかといいますと・・・↓↓↓  かわいいおばけに変身するんです上の作品は小学生が作ってくれたものですが、イメージを膨らませながら、楽しく変身させてくれていました まだまだ先のイベントですが、今からどんな仮装をしようか考えたり、どんなゲームで遊べるのか楽しみにしてくれています! どうぞご期待ください こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370  

      テーマ:
  • 23 Aug
    • 言葉の学び方

      こんにちは まだまだ厳しい暑さが続いていますね  さて、皆さんは言語はどのように学ぶものだと思いますか 『対話』によって学ぶものだと思われがちですが、必ずしもそうではないのです 対話方式で学ばせる学習法は、主に出力形式の学習法です。出力形式ではなく、入力形式で学ばせることが非常に大切なのです。 ここが英語を苦手だと感じてしまう方には気が付きにくく、ピンとこないかもしれません。  対話がなくても、入力すれば言葉は必ず育つのです。これが何を意味するかお分かりでしょうか? 親が英語を話せなくても、生まれた赤ちゃんを毎日英語のCDをかけ流し環境で育てれば、3歳になる頃には英語回路がしっかり育ちます 親が英語を話せないから、その過程に英語による対話はないにも関わらず、バイリンガルの子どもが育つのは言語の入力が言葉を育てるからです。対話は入力ではなく主に出力なのです。入力の結果として出来るようになるのです。 これまで英語を苦手だと感じてこられてきた保護者にとって、子どもの英語学習は『英会話』ありきだと考えがちではないでしょうか 英会話は入力の結果です。一般の英会話教室では限られた文章を覚えさせ、それを使い対話するもので、あたかも子どもが会話してるように見えます。しかし、入力が乏しく出力を求めても、結果として言葉は育っていません   こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370   

      テーマ:
  • 22 Aug
    • ハロウィーンイベント開催します♪

      皆さまこんにちは 8月も残りわずかとなりましたが、まだまだ猛暑が続きそうですね お身体には十分お気を付け下さいませ さて、先週末より秋のイベントの告知を随時させて頂いております。 この猛暑の中、何だか少し不似合いな感じもしてしまいますが・・・ 10/16(日)『ハロウィーンイベント』を開催いたします! 今回は初めての試みで、会場をお借りせずに高松教室にて開催いたします。 駐車場に限りがある関係で、年代別の3部入れ替え制にて行います ごきょうだいで通室して下さっている方々には少々ご不便をおかけするかも知れませんが、何卒ご理解・ご協力をお願いいたします 年齢に合わせて、それぞれ楽しめる内容をスタッフ総出で検討・準備中です 皆様ふるってご参加下さいませ  こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 20 Aug
    • リオ・オリンピック!

      みなさま、こんにちは 連日オリンピックの熱戦が続いていますね。 連夜の寝不足に疲れがたまりそうですが、選手たちのエネルギーをもらっているせいか、妙に元気です。 ところで、今回のオリンピックでで活躍したアスリートたちには共通しているところがいくつかありますよね 一つ目は、幼少期に競技を始めそこからずっと継続していること 「継続は力なり」と言いますので、継続することが何より重要なのですが、始める年齢が幼児期にあることも重要だと思います。 七田では「才能逓減の法則」という言葉をよく使います。 子どもの能力は一生のうちで最も高く、それは年齢を経るとともに逓減していくという意味です。 能力といっても様々な側面を持っていますので全てにおいてそうだということではありませんが、少なくとも大人にはない吸収力を幼少期に持っているのは確かです。 また、幼児期から、身体だけでなく、精神面も練磨されることがオリンピックという大舞台でも活躍できるメンタルを作っていくのではないでしょうか。 二つ目は、小学校時代に既にオリンピック出場を目標にしていること 多くのメダリストたちが、小学校の文集やインタビューでオリンピックでの活躍を言葉にしています。 小学校時代に将来の夢や目標を設定することで、高いモチベーションを維持することができ、それによって継続する力へと繋がっていきます。 才能を開花させるには素質も大切ですが、それ以上に環境がもたらす影響が大きいものです。 国内にとどまらず、世界に目を向けた目標設定と環境設定がとても重要なんですね。 以前にご紹介した『魂を磨く言葉カレンダー』の本日の言葉は、 「できるだけ早く、自分の夢・志を持ち、そのことを通して人の役に立つ生き方をするとよいのです。」 です。 みなさまのお子さまは、今どんなことにがんばっていらっしゃるでしょうか。 将来の夢は何でしょうか。 小学生だからと思わず、今の夢や目標が将来につながるものと信じ、日々の努力の積み重ねをしっかりサポートしてあげてくださいね   

      1
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 夏休み♪

      こんにちはみなさま、お盆休みはいかがでしたか 我が家では、瀬戸内芸術祭、石灯りロード、キャンプ、水遊び、BBQ,サイクリングと毎日刺激的な時間を過ごしました ←宿泊したキャビンですキャンプといっても、設備の整ったキャビン泊なので、小さい子ども連れには負担なく自然を満喫できました夕方のヒグラシの声や夜の満天の星、朝の気持ち良い風は、日ごろの生活では感じられないひと時でした 水遊びでは、水着も着ていないのにズンズン進んでいく次男と姪っ子(次女)です 瀬戸内芸術祭にも行きました山の日に屋島を散策しました猛暑日でしたが、影は心地よい風でした 夏休みの思い出がたくさんできたお盆休みでした暑い夏のお出かけは疲れますが、非日常な時間を過ごせることで心はリフレッシュできますね こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ ↓http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 18 Aug
    • ローマ字と混乱する時期が来る

      皆さん、おはようございます今日も良いお天気ですね さて、本日は子どもは“ローマ字と混乱する時期が来る”についてです 6歳を臨界期として、脳の働きが左脳的な処理の仕方へと変わっていきます。例えば英単語や英文を日本語で確認したがったり、冠詞のaやthe 、複数形のsを意識したり・・・その中で、よく見られるのはローマ字に気が取られてしまうケースです 現在の一般的な小学校教育では、3年生からローマ字を学び始めます。見た目には同じアルファベットを使っているため、しばらくの間ローマ字書きされた単語と英単語の区別がつきませんそうすると今まで感覚で認識していたスペルも「cake」を「keiki」のように書いたり、「orange」を「オランゲ」と読んだりするので、親はショックを受けるのです しかし、ローマ字と英単語を混同するのは、ほんの一時期です『何年も教室に通ったのに水の泡』などと心配される必要はありません。リトルバイリンガルコースから育ったお子様は、英語のリズム回路を培っているので、音と文字の法則と感覚的記憶で、この混乱から簡単に抜け出すことができるのです 数年後の予備知識があれば親は動揺せず、子どもの変化を受け止めることができます。ぜひどっしりと構えましょう ただ、ローマ字をさければ良いのではありません。英文の中でも、日本語の名称や地名はローマ字表記をするので必要な知識です。理解はあとからついてくるもの必要以上に説明せず、ローマ字と英語は別物であることだけ教え、自分で法則の違いに気づくのを待ちましょう。 また、フォニックスの音と文字の法則を知っていると、75%の英単語が読めるといわれています英語の聴覚回路が育った子どもは、ローマ字と英単語を混同する時期があっても、視覚情報を超えて正しいスペルまでたどり着くのがとても早いのです  こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ ↓http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 17 Aug
    • 心の子育て 「叱る」ということ

      お盆が終わり、8月も折り返し地点を過ぎました皆様お元気にお過ごしでしょうか? 長い夏休み、ずっと子どもたちと過ごすのは楽しい反面、普段目につかないことまでが気になり、つい小言を・・・という場面も多いのではないでしょうか? 私も久しぶりに連休をいただき、ゆっくり子どもと向き合えるかと思いきや・・・なぜか叱ってばかり・・・ 大人は、「自分が言った通りに子どもが動かない時」につい腹を立てたり叱ったりということが多いですよね。 七田では、叱る基準をしっかりと持ちましょうとお伝えしています ・危険が伴う時・人を傷つけた時・人に迷惑をかけた時・約束を守れなかった時(自分の行動に責任が持てなかった時) 感情的に怒るのではなく、どうしていけないのかを伝えることが大切です 日々に追われて叱ってばかり・・・という方も多いと思います。負のサイクルになっているかなと感じる場合は、言葉に出して「大好きだよ!」と伝えてあげてくださいね さて、休み中、親子関係がぎくしゃくしていた私がとった打開策・・・それは絵本でした 先月続編が発刊された、のぶみさんの「さよなら ママがおばけになっちゃった!」。これを一緒に読みました。一緒に涙して、親子のつながりを再認識した時、気持ちがリセットできたように思います。困っている方、是非お試しを! こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ ↓http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      1
      テーマ:
  • 10 Aug
    • 「甘いもの」摂りすぎ注意の夏

      暑い日が続いています夏の疲れが出ていないでしょうか? 暑いと冷たいものが欲しくなりますよね。ジュースやアイスクリームなど・・・ 暑い夏には、スポーツドリンクや炭酸飲料を摂る機会が増えます。ご存知のとおり、これらには大量の砂糖が含まれています 頻繁に甘いものを食べたり飲んだりしていると、必要以上にインスリンが分泌され、低血糖症になりますだるさを感じ、うつ状態にもなっていきます。そこから回復するために、血糖値を上げるアドレナリンが分泌されますが、これも過剰に分泌されるとイライラして、自分をコントロールできず、攻撃的になってしまいます 子どもの様子を見てみましょう。ちょっと注意するとカッとなって口ごたえする、怒って物を投げつける、すぐに人を叩く・・・などの行動が出ている場合、砂糖の摂りすぎが原因となっていることもあります おやつは砂糖を使っていないものを選び、水分はお茶や水で補給しましょう さて、高松教室は、明日11日から17日までお盆休みに入ります暑い日が続きますが、皆様元気にお過ごしください  こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ ↓http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      1
      テーマ:
  • 09 Aug
    • 英語を理解していなくても気にせず入力!

      今日は 蒸し暑い日が続いていますね水分補給をしっかりして8月を乗り切って行きましょう  さて、通常、日本人の子どもは生後毎日欠かさず、お父さん・お母さんがしゃべる日本語を耳にしています。それは子供に対する語りかけだけでなく、日常の音としても日本語のシャワーを浴びています それが日本語なのかどうかさえも、まだ区別していなくてもお構いなし また、兄弟がいればなおさら、上の子のための会話、下の子のための会話なんて分けることはほとんどないと思います。 つまり、子どもにとって全てが入力になるのです。覚えて欲しくない言葉ほど子どもは真似してしまうほど、日々の入力には驚異的なパワーがあります。  毎日欠かさず聞いている音を言語として修得するのは、右脳が持ち合わせた『言語習得機能』の働きによるものです。この能力があるから、いつの間にか日本語をマスターするのです。 しかしこの言語習得機能は、6歳を過ぎると低下する力と言われています。言い換えると、6歳を過ぎた左脳期になれば、この言語習得機能は自然には働かないということです。  せっかくなら、日本語も英語も自動的に習得できる時期にじっくり入力しましょう 言語習得機能をフル活用させると、日本語でも英語でも、言語はらくらくと習得されるのです。   こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370    

      テーマ:
  • 08 Aug
    • 小学生コース『五感を使って』

      おはようございます 今日も朝から暑いですね!早くも8月2週目に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか? さて、5月に苗を植えた庭のゴーヤにも、やっと実がなりました 土の栄養が少なかった為か、次々に・・・とはいかなかったものの、立派な実がひとつ  ちょうど小学生コースSTEP1では、『五感を使って』という旬の野菜や果物を触ったり、匂いを嗅いだり、食べたり・・・五感を使って観察して、その野菜、果物の特徴や収穫量などについて学ぶ項目あるの週でした 今回のテーマは“きゅうり”ではあったものの、実の出来方がよく似てはいるので、お花が枯れた後、どんな風に実になってゆくのかを、お話しながら庭のゴーヤ達をみんなで観察しました ↓実の先に枯れた黄色い花を見つけて大喜びでした 小さな発見を通して、普段は見逃してしまいそうな自分の周りの様々なことにも、関心を持てるきっかけになるといいなと思います。 夏休みも中盤。この夏もお子様と一緒にたくさんの心躍る体験を   こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 06 Aug
    • これからの小学校教育

      みなさま、こんにちは 今日は、今月1日に発表された次期学習指導要領についてのお話です。 教育現場では、「ゆとり」教育から大きく舵を切って、今はいかにして子どもたちの学力を向上させるかが大きな課題となっているようです。 そんな中、2020年以降の小・中・高の教育指導要領案が中教審から発表されました。 中でも、小学校の学習指導はどう変わっていくのか少しご紹介したいと思います。 詳しい解説は、新聞にお任せするのですが… 今回の大きな改訂は3点ありました。 ①学習内容のさらなる充実化  例えば、都道府県名に使われている漢字はすべて学習します。  「岡」や「井」が学習内容に追加されています。  社会科では、地図帳の配布が4年生から3年生へと前倒しになります。 ②外国語学習の前倒し  「聞く」「話す」の外国語活動は、3年生から前倒し、「読む」「書く」を高学年でさらに充実させ、教科化していきます。  併せて学習単語数は600~700語程度となっています。 ③プログラミング教育  実際にプログラミングも体験しますが、主にはプログラミングに必要な論理的思考を養う カリキュラムとなることを目指すようです。 そして、すべての教科において生徒が主体なって考え、動く「アクティブラーニング」を取り入れるとしています。 「先生の話を聞いて、問題を解く」といった受け身的な授業ではなく、グループワーク、発表などを通して主体的に生徒が学ぶ取り組みを増やすというものす。 いかがでしょうか。 これからの教育現場は大きく様変わりするかもしれません。 七田の小学生コースでは、毎回のレッスンがまさにアクティブラーニングです。 ただ、子どもたちに思考させ、行動させるには、それ以上に大人が思考し、行動しなければならないものです。 子どもたちの大いなる可能性を切り拓くカギは周囲の大人にありそうです こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370 

      テーマ:
  • 05 Aug
    • 夏休み実験工作教室!

      こんにちは夏休みも8月になると宿題の進捗が気になりますよね 先週、お教室では実験工作教室が行われました手作り顕微鏡作りです 今回は、保護者の皆様も参加の実験工作教室とさせてもらいましたというのも、丁重に扱う必要のある部品があったり、細かい工程もたくさんあり、親子で一緒に悩みながら作っていただきたく思い、親子での参加をお願いしました レンズの向きに気を付けたり、オリジナルの顕微鏡を作るために接眼筒や本体に絵を描いたり装飾をしてもらったり、試行錯誤しながらも、無事みんな完成しました プレパラートを作り、塩、砂糖、片栗粉・・・そして各自見てみたいものをもってきていたので、いろんな観察も楽しみました 七田の実験工作教室は、ただ「作って楽しい」や「観察が面白い」だけではなく、今回の実験のテーマを明確にし、目的も確認、そして実験方法、結果、考察、まとめとレポートで仕上げられるフォーマットも用意していました 今回の作品や観察が、夏休みの工作や自由研究へと発展してもらえればうれしいです  こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 04 Aug
    • イヤイヤの時期に持つとよいルール

      皆さん、こんにちは今日もセミの鳴き声がにぎやかですね さて、本日は「イヤイヤ期」についてです順調に発育しているからこそ、子どもの「イヤイヤ期」がやってきます赤ちゃんが言葉をしゃべるようになり、単語や2語文が出てくる頃には「イヤ」という言葉も身に付けます自己主張が出来るようになるのです。 このイヤイヤの時期を避けて通ることはできませんが、ルールを持つことはとても大切です例えば、子どもが理由もなくレッスンに入りたくないイヤイヤを主張した場合、子どもの気持ちを汲み取ろうと、「なんで入りたくないの?英語が嫌なの?帰りたいの?眠いの?」と理由付けをしようとしてはいませんか このイヤイヤの時期はレッスンに入るのもイヤ、入れないのもイヤ、自分でも理由が分からないからイヤイヤになっているのですそんな時は、このようにルールーを引いて我慢を覚える、心を切り替えるチャンスを与えましょう 例えばレッスン時・・・①子どもが入りたくなくても「お母さんはレッスンを楽しみに来たから入るよ」と教室に入るこの場合は、入ることが目的で、取組みをさせることではありません。自分が嫌がっても嫌がらなくても、状況が変わらないことを覚えさせる ②嫌がっている時は無理やりさせない「お母さんがやりたいから、見ていてね。」と保護者が取組む ③(悪いことをしたい欲求について)ダメなものはダメと徹底する イヤイヤ期は、子どももうまく消化できない気持ちにストレスを抱えますが、もちろん同じだけ保護者の抱える精神的負担は大きいものです それに加え、「自分の子どもが迷惑をかけているのではないか・・・」と心配も付きまといますしかし、このイヤイヤ期にはもう一つ重要な役割があります兄弟関係の少ない現代、教室で周りの子どものイヤイヤ期を見て、子ども同士も、親としても学びがたくさん生まれます。上手にイヤイヤ期を乗り切るために、保護者自身が正しいことを徹底するのはとても大切なことです子どもに耳を傾けすぎると、我慢を身につけるチャンスをつぶしてしまい、結果的に子どもにとっては心の成長を妨げることになるのです   こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 03 Aug
    • 「きれいなたま」のお話

      夏真っ盛りですね暑いですが、楽しい行事もいっぱいの夏です 是非満喫して下さいね! 今日は「きれいなたま」のお話です。 今から8年前の秋、まだお元気だった七田眞先生が高松で講演会を行って下さりました。その時強くお話されていたこと・・・それは、七田式教育は「心の教育」「魂の教育」であるということです。「魂の教育」・・・人間は魂の存在であり、それを磨くことができる人が真のリーダーになるということです。 子ども達には「魂をきれいにするために生まれてきたんだよ」と教えると良いのだとおっしゃられていました もっと分かりやすくいうと・・・・全てのことに感謝できること・「ありがとう」が言えることこれが大切なのです 魂をきれいにする話を子どもに聞かせて下さると良いのです。 七田先生は「探麗得珠(たんりとくしゅ)」という話をされました。よい行いをすると、驪龍(りりゅう)がきれいな玉を持ってきてくれます。お友達に意地悪すると持ってきてくれません。 お教室のミニ勉強会でもご紹介したことがあります。私も折に触れて子ども達に話して聞かせています このお話を分かりやすくした絵本が、「心を育てる七田式えほんシリーズ」のぞうさんコースに入っています 日々の子育てに役立てて頂ければと思います(*^▽^*)   こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 02 Aug
    • もしCDのかけ流しをしなければ・・・

      こんにちは 早速ですが、英語学習において、週に1回、教室に通うだけでいつのまにか英語がペラペラになると思っていませんか?  残念ながら、そんな魔法は絶対にありません  日本語でさえ、毎日見聞きしているから身につくものですよね。そう考えると母国語ではない英語において、CDのかけ流しはとても重要な位置づけなのです リトルバイリンガルコース(英語クラス)では、毎日90分のCDのかけ流しを必須としています。 CDのかけ流しをしていなくても、教室に通っている間は暗唱をしたり、取り組みをしたりするので、表面的な英語力はついたように見えます。 しかし、教室に通わなくなった途端、まるで消えてしまったかのように英語を口にすることは一切なくなります  一方、適した時期にCDのかけ流しを行えば、日本語の回路のように英語の回路も構築されるので、たとえ教室をやめた後でも、英語が雑音になることはありません そして、たとえ英語学習から離れた期間があっても、思い出しやすい、引き出しやすい力となって英語が残ります。 世の中に、これだけ多数の英会話スクールや英語学習教材が存在しているのに、バイリンガル人口が少ないのはなぜでしょう? 「通っているだけ」では、いつか消えてしまう英語力に過ぎません。教室を卒業した後も、消えない英語力をつける意識をしましょう    こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      テーマ:
  • 30 Jul
    • 授乳中のママへ

      みなさま、こんにちは 連日厳しい暑さが続いております いかがお過ごしでしょうか。 今日は授乳中のママからお聞きしたお話をお伝えしようと思います 「先週末熱中症になったんです」 というお話に、そう深刻とは思わずに、いつものように「大丈夫でしたか?」と答えました。 が、その後のお話に驚きました みなさま、特に授乳中のママには是非知っておいて頂きたいと思いブログに書かせて頂きます。 ママのお話によると… 先週のある日、いつもより少しはりきってお掃除などの家事を頑張っていらっしゃったようです。 その日は「疲れたなぁ」という感じはあったものの、いつも通りだったようです。 そしてその翌日、一日体調がすぐれず、食欲もなく、水分をとろうにもその元気もなくという状態だったそうです。 そして、またその翌日、朝から起き上がれず、ベッドで休んでいたところ、いつの間にか意識がなくなっていたということでした。 たまたまご主人が居合わせていらしたので、すぐに病院に駆け込み、点滴をして意識が回復されたとのことでした。   その時のお医者様の言葉では、授乳中はママの水分が失われがちなので特にこまめに水分を摂る必要があるそうです。 また、「気分が悪い」と感じた時はすでに熱中症にかかってしまっていることを疑い、受診をすすめますとのことだったそうです。 汗をたくさんかいた日は自然に水分を摂ろうと心がけるものですが、その翌日ともなると案外忘れてしまっているものですよね。 授乳中のママは毎日水分をしっかり摂ってくださいね。 水分と一緒に失われたミネラルの補給も忘れずに。 産後のママは体調を崩しやすいものです。 私自身、産後1年間は何かと体調不良に悩まされた記憶があります。 大切なママの身体をしっかりいたわってあげてくださいね   こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370   

      1
      テーマ:
  • 29 Jul
    • 海外研修報告会!

      こんにちは夏休みも1週間経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。 今週月曜日に3月に行ったシアトル研修の報告会を行いました 当日は、今回のシアトル研修に参加してくれた卒業生も来てくれました  現地での活動を写真や動画を一緒に見ながら子どもたちやお母さま方にお伝えしました 子どもたちは目をキラキラさせながら映像を見てくれていました見た後の子どもたちのアンケートでは、全員「シアトルに行ってみたい!」との回答 シアトルで行ってみたいところ第一位は「シアトルの小学校」、第二位は「マイクロソフト本社」でした 楽しそうに思ったところは、ダントツの「シアトルの小学校」です 今回参加してくれた卒業生とそのお母様からも行ってみての感想を生で聞くこともできました 「百聞は一見に如かず」と言う感想が印象的です 子ども達が実際に目、耳、肌で感じたことはお金では買えません子ども達が自分たちの目で見るアメリカ、そして外から見る日本を味あわせてあげるには、実際に行って経験するしかないですよね また、小学生に最適なプログラムの内容や日程であることも皆さんにご納得頂けたようでした 来年の研修も多くの子ども達に参加してもらえたらうれしいです実際に行ってみて、本当にそう思いました自信を持って、お勧めします  こどもの夢を応援する ~ 0歳からの幼児教室 ~ 高松教室 ホームページ  ↓ http://www.shichida.ne.jp/school/091000.html 電話 087-869-9370

      1
      テーマ:

プロフィール

高松教室

性別:
女性

読者になる

AD

カレンダー

ランキング

総合ランキング
278651 位
総合月間
212748 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。