七田チャイルドの卒業生の多数が合格し通っている灘中の正門。



写真は教室の後ろにある黒板。どう使っているのでしょう?




かなり以前の事になりますが灘中学・高校の数学の授業を見学させてもらった事があります。

驚いたのは教室の前と後ろに黒板があって数人の生徒が前と後ろに分かれて数学の演習問題を解くのです。

その時は全て違う問題の解答をしていたように思います。

やはり灘は普通じゃないと思いました。

授業の質と量が普通の学校の数倍どころか、数十倍ではないでしょうか!

ここに実際に灘中学・高校で実際に数学教師をしていた鴫野先生の言葉を紹介致します。

「灘では、数学の授業を、前後の黒板を使った演習にあてます。問題を書いて、教師の指名だったり立候補だったりで選ばれた生徒が、皆の前で解いていくわけです。
そこで独創的な美しい解法を披露した生徒は無条件に尊敬されます。」
(灘中高数学教師.鴨野氏)

ここでわかる事は 灘では教科書や参考書に書いてあるような解き方ではいくら解答出来ても仲間から尊敬されないんです。

【独創的で美しい解法】が仲間をうならせ尊敬されるんです。

本当にすごい学校ですね!

この学校に私の教え子も合格しております。

その生徒達を振り返っても算数では独自の解法を持ち、美しさも求めていたように感じます。

灘に合格する生徒だけに限らず教室の生徒達の多くはよく学校の教師にこう言われるそうです。

「算数のセンスが他の生徒とは違いますね!見方、考え方にキラリとしたものを感じます。」

こういう事を学校で個人懇談を受けた保護者にの方からよく聞きます。

私はこの言葉を聞くたびに嬉しく思います。

なぜなら七田チャイルドは受験塾ではなく能力開発の教室だからです。

私が教室で教えているのは【頭の使い方】です。

それぞれがしっかりとイメージを使って問題を解く時に【理にかなった工夫がされた独自な方法】で解答を導き出すなら私は絶賛致します。

そもそも私の解法自体が塾の解法とはまるで発想が違うものとなっております。

【あくまでも幼児教育の目線から見た算数・数学の解法を提供しております。】

生徒がわからない時に「とにかくわからなくていいから公式を覚えてそれに当てはめて問題を解いてごらん!」なんて言葉は口が裂けても使うつもりはありません!

私は 生徒ひとりひとりが「分かる」ポイントは違うと長い経験から感じております。

だからワンパターンで教える気はありません!

ひとりひとりが「分かる」ポイントを生徒の身になって 一生懸命 捜すようにしております!







今春は七田チャイルドの入会を考えられている方にとって一番のチャンスです。

というのは2月、3月、4月にご入会の方に限り通常20000円かかる入室金が【無料】になります。

こんなキャンペーンは七田チャイルドアカデミーでは初めての事です。

一ヶ月だけとか二ヶ月だけとかの短期間でお考えの方も大丈夫ですよ!入会金無料ですから損はありません!

この機会に今一番人気の天六教室の授業に是非触れていただきたいと思っております。

1月は毎年実施して来ましたトライアルレッスンもいたします。

どうぞ、折り紙及び算数・数学のスペシャリストを育てる!子供をキラキラした笑顔に変える七田チャイルド天六教室、住吉教室、本町教室に興味持たれた方は体験、説明会を毎週開催しておりますのでお問い合わせください。


にほんブログ村 教育ブログ 七田式幼児教育法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村


天六教室の電話番号は06-6358-1395です。

私は天六教室と住吉教室で教えております。

本町教室の電話番号は06-6534-4318です。


私は七田チャイルドで講師を22年間しております。

最初の教え子は社会人、大学生となっております。

企業も一流企業に就職しております。

中学は灘中、東大寺学園、洛南、四天王寺と最難関中学に入学しております。

また、大学は東大や京都大学、阪大医学部に入学しております。

右脳教育は成果が出ている事は多くの七田チャイルドの教室の卒業生を見れば明らかなことです。

私の教室からは数学オリンピックや算数オリンピックのファイナリストも育ちました。

小学1年生になる前に中学レベルの計算も出来る生徒も数人育ちました。

漢字検定では小学3年生で漢字検定2級に合格した生徒もいます。その生徒は楽々最難関中学の灘中に合格しております。

その生徒が言うにはクラスの半数近くが幼児の時に七田チャイルドに入っていたということです。
AD