こんにちは!七田チャイルドアカデミー田端教室・吉祥寺教室の橘田です

 

本日は「睡眠」の大切さについてお話いたします!

私たちの身体は自然のリズムに基づいて作られてきました。
生活時間の乱れは、子どもの成長にも大きな弊害をもたらしますアセアセ
睡眠が脳にもたらす影響について、考えてみましょううさぎクッキールンルン

昔から寝る子は育つという言葉がありますよね流れ星
これにはきちんとした理由があります。

それは、成長ホルモンメラトニンの働きです!


成長ホルモンは眠っている間に分泌されるホルモンで、骨を伸ばし、筋肉を増やし、怪我や病気の修復にも働きます。
そして、就寝後最初にやってくる深い眠りの時に最もたくさん出ますぽってりフラワー

また、メラトニンという身体のリズムを整え睡眠を促すホルモンは、朝起きてから15~16時間後に出てきます。
朝7時に起きたら22~23時頃に出てくることになりますね。
昼間、外の光の中でよく遊んだ子どもほど、夜のメラトニン分泌量が多くなり、ぐっすり眠ることができます爆  笑


その結果、成長ホルモンの分泌も良くなるわけですラブラブ
このメラトニンは1歳から5歳頃に一番多く分泌されますが、それは子どもが目覚しく成長する乳幼児期、子どもの成長に睡眠がとても大切なものだからこそともいえますね星

 

なかなか安定して眠れないとき、部屋が明るくないか、就寝前にテレビやスマートフォンの強い光を見ていないか、紅茶やウーロン茶などでカフェインを摂取していないか、環境面を見直すことも大切ですガーベラ

日中思いっきり遊んで、夜はぐっすり眠りましょう爆  笑ピンクハート

 

 

AD