七田チャイルドアカデミー六地蔵/京都伏見教室のブログ

1998年1月京都桃山教室として伏見区で開校しました。その後2005年3月に京都伏見教室開校、2006年9月京都桃山教室から六地蔵教室に引越しました。皆様のお陰で18年目を迎えようとしております。ここでは教室での日々の出来事や感じたことを書いていきます。


テーマ:

●4歳7ヶ月の女の子のお母様からのメッセージ●


一昨年の春、
他県のお教室より移室させて頂きました。

通室する度に
伏見・六地蔵教室にご縁があって
本当によかったと思っております。

先生は皆、熱心で愛情深く、
生徒だけでなく親のことも
よく見ていてくださっているのだなと感じるからです。

幼児クラスの
自己紹介の時間(褒め言葉の発表)、
きっと子供もそうですし、
私自身も毎回とても楽しみにしています。

自分の子供を
身内の前以外で褒めるなんて
なかなか出来ないのが現実ですが、
ここでは遠慮することなく褒められますし、
先生やお友達の前で褒めてもらうことが
子供の自信となっていることが
娘やお友達を拝見していて明らかです。

それに、
他のお父さんお母さんが
お子さんを褒めている姿、
褒められて
にっこり嬉しそうなお子さんを拝見するのは
何とも心地の良いことです。

また、
「なるほど、そんな褒めポイントもあるのか」と
皆さんの着眼点や
各ご家庭での取り組みのご様子なども垣間見えて
大変勉強になります。

次週は何を発表しようかと、
子供の良いところ探しが習慣化したことも
お教室と先生に感謝しています。

8秒間の抱きしめを毎回行うことも
また日常に変化を下さいました。

いつからか、
寝る前にはレッスンと同じ抱きしめを
自然とするようになっていましたし、
「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを
日々子供に伝えるようにもなりました。

これは昨年
弟が誕生したことで
戸惑う気持ちもあっただろう日々の娘には
特に重要だったと思います。

「弟にやきもちをやくのでは」という親の心配をよそに、
今では‘弟を一番愛しているのは自分だ’と
譲らない大変弟思いのお姉ちゃんであります。

今のところ、
姉と弟が上手くいっている
(?弟はまだ赤ちゃんですが(笑))のも、
先生から「長幼の序」を教えて頂いたおかげです。

ついつい赤ちゃんを優先してしまうところでしたが、
先生のおっしゃった通りに娘を優先させていたら
「おむつ替えていいよ」「先に寝かせてきていいよ」と、
お手伝いまでしてくれることもあります。

順序を間違っていれば
今頃娘はすねて
悲しい思いをしていたかもしれません。

弟がいつまでも赤ちゃんではないので
今後の姉弟関係はどうなるかわかりませんが、
「長幼の序」を常に頭において
接することを忘れないように気を付けます。
 
褒め言葉も抱きしめも、
お教室に通っていなければきっと、
心で思うことはあっても
なかなか口には出さなかった
(=一生伝わらなかった)ことでしょう。

娘がお姉ちゃんとなった今、
長幼の序を知らないまま子育てしていたら
どうなっていたことでしょう。

こちらへ通室させて頂いていたことで
日々救われているのだと実感しました。

すぐに大きくなってしまう子供との限られた時間の中で、
子供たちも自分も幸せで
実りのある時間を過ごす為に
これからもどうぞお導きよろしくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。