七田チャイルドアカデミー六地蔵/京都伏見教室のブログ

1998年1月京都桃山教室として伏見区で開校しました。その後2005年3月に京都伏見教室開校、2006年9月京都桃山教室から六地蔵教室に引越しました。皆様のお陰で18年目を迎えようとしております。ここでは教室での日々の出来事や感じたことを書いていきます。

はじめまして。

代表の岡本康裕です。



教室を始めたきっかけは、七田眞先生の書籍を読んで先生の「人間学」に対する造詣の深さに感銘を受けたからです。「人間学」と言うのは「人として如何に生きるべきか」「心や魂を如何に磨き成長させるか」を探求する学問だと思っています。ただし、頭で考えるだけではなく、心で感じることが重要だと思っています。


「私は今、国のために死ぬのである。死んでも君主や両親に逆らったとは思わない。天地は永遠である。私の真心も、この永遠の神が知っておられるから、少しも恥じることはない。」


七田の小学生コースのカリキュラムで、毎年「吉田松陰」の紙芝居をさせて頂いているのですが、彼が安政の大獄で死罪となり、亡くなる直前の言葉です。私はこの言葉に衝撃を受けました。


天と心を通じ、国を愛し、淡い恋も断ち切り、牢獄の中でも勉学に励み、他の囚人たちを感化し、松下村塾で弟子たちを導き、さらに幕府の弾圧により29歳の命を国のために捧げていかれた・・・



・・・日本の歴史に刻み込まれた、国を想う深い心情。


私自身といえば・・・


国を愛するなど言うに及ばず、両親を敬うこともないまま成人したような気がします。日本という国に対しては嫌悪感すら抱いておりました。これも、今から思えば戦後の自虐的な歴史教育が影響しているのではないかと思っています。


自分の国に誇りをもてないということは、自分の先祖を素直に尊敬できないことにつながり、さらに両親や家族を愛し敬うことが出来ないことにも行き着くのではないかと思います。


未来を背負って立つ子供たちには、日本と日本人の素晴らしさを精一杯伝えてあげたいと思っています。



(もちろん歴史には光と影があります。しかし、光の部分を先ず知ることにより、自国を愛する立場で、後々影の部分も客観的に認識できるようになると思います。また、個人にも当然、光の部分と影の部分があります。吉田松陰に関しても影の部分を論ずる向きもございますが、光の部分、その純粋な心情をまず語ってあげたいと思っています。)



彼らが大きな志をもって、この日本を将来、世界中から尊敬される素晴らしい国にしていってくれたら・・・

自国を愛した土台の上に、世界を愛することの出来る広い心を持ってくれたら・・・



それが、私の本望です。



これから、6人のスタッフで日々の出来事を書き綴っていきます。






テーマ:
先日、保護者の方から
sheepは複数になってもsheepsとならず、
sheepとなるのはどうしてですか?
とご質問がありました。

今回はそれについてお話ししたいと思います。

複数になるとその単語の後にsをつける、
と習った記憶があるかと思います。
しかし、
そのルールに当てはまらない単語もあります。

その1つがsheepです。
sheepは複数でもsheepです。
これを単複同形と言います。
本来、群れを作って生活している動物や魚類
fish, carp, salmon, sheep, deerなどは
そのままで変化しません。
(余談ですがプロ野球のチーム名で、
Tigers, Hawksは複数形なのに、
広島カープだけはCarpで
sが付かないのはこのためです。)

また、発音の理由によるもの
Japanese, Chinese、Vietnameseなど
-eseを複数形にすると
発音しづらいというのが理由でそのまま用います。

その他に、
数量や単位を表す語もそのまま用います。
hundred, thousand, million, dozenなど。

少しややこしいかもしれませんが、
こうやってルールがわかると楽しいかと思います。

ちょっとずつ、覚えていきましょう!!

発音しづらいというのが理由でそのまま用います。

その他に、
数量や単位を表す語もそのまま用います。
hundred, thousand, million, dozenなど。

少しややこしいかもしれませんが、
こうやってルールがわかると楽しいかと思います。

ちょっとずつ、覚えていきましょう!!







AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月はイースターの月です。


イースターは、日本では復活祭と言われています。


イエス・キリストの復活を記念する日で、イースターエッグは生命の始まりを意味しています。


レッスンでも、イースターの絵本を読んだり、エッグハントをしたり、卵の色付けをしたりしました。


とってもきれいなイースターエッグのしおりできましたよ!


子どもたちも思い思いのクレヨンで、一生懸命色付けしてくれました。






AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年度になり、

新たな気持ちで様々なことに

取り組んでいただいていることと思います。


今回は効果的な暗唱の取り組み方について

お話したいと思います。


暗唱は

リスニング、スピーキングの取り組みに

直結するだけでなく、

記憶の質を高める非常に重要な学習法です。


下記は効果的な暗唱の取り組みのポイントです。


CDのかけ流し、及び読み聞かせを行う。

最初の1週間は絵本を与えずに、

1日に60分CDをかけ流しましょう。

まずは正しい英語の音や

リズム、イントネーションなどを入力します。

また同時にご両親からの読み聞かせも大切です。

読み聞かせから、「暗唱の仕方」を学ばせましょう。

2週目からは、絵本CDのかけ流しを10分にします。

CDに合わせてお子様自身にページをめくらせます。


文字を指ささない。

文字を意識させると左脳的学習になり、

理解・理屈を求めるため暗唱を促しにくくなります。

耳からの記憶を育てる為に、

まずは聞こえてくるフレーズや文章を模倣させましょう。


復唱させない。

発語をさせる為に、

ご両親の後に文章をリピートさせることは逆効果です。

暗唱は右脳的な取り組みですが、

復唱させることは左脳記憶=短期記憶にしかなりません。

口から英語が出てこなくても、

CDのかけ流しと読み聞かせで入力を続けましょう。


発音や言い間違いを指摘せず、言えたことを褒める。

間違えたことを指摘することで、

左脳的な学習法になるだけでなく、

お子様にとってつまらない取り組みになってしまいます。

入力を進めていくと、

自然と発音などは直っていきます。

お子様自身が気づくまで待ちましょう。


無理にさせようとすると逆効果ですので、

お子様がやる気がないかなー?と思った時は

「一緒にやってみよう!」や「今日はママがやるね!」などと

声をかけて暗唱の仕方を入力してあげて下さい。

少しづつでも暗唱をできたことが自信に繋がり、

言えてくると楽しくなって、どんどん進むはずです。

お子様を信じて、待ってあげて下さい。

いつか必ず出来る時がやってきます!!


AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年度がスタートし、
子ども達もお母様方も少しの緊張感と共に、
新鮮な毎日を過ごされているのではないでしょうか。

一方、同じ日本でも災害により、
今なお不安な日々を過ごされている方が
たくさんいらっしゃることも事実です。

日々の報道の中で感じるのは、
阪神淡路、東日本に続き今回の地震でも、
くさんの助け合い、思いやりの精神です。

平成になっていくつもの災害に見舞われ、
みんなが学習したこともあるでしょうし、
携帯電話の進化もあり、
情報のやり取りがスムーズになったこともあってか、
以前は一方的な支援だったのが、
相手の望むこと、
相手の立場になって考えて行動する支援に
変わってきたように感じます。

人のために…
眠りかけていた私達のDNAが
呼び起されているように感じます。

先日、小学2年生のクラスで
「日常生活の心得」を読み合わせていた時、
一人の男の子が大きな声で一生懸命読んでいました。

それが終わると、
これも読もう!こっちも読もう!と、
「魂の言葉」「人間学」を
次々大声で読み続けていました。

他のクラスでも、
ほとんど覚えていて空で言える子もいます。

七田先生は、
「暗唱教材の目的は暗唱することではなく、
毎日朗読すること」と仰っています。

ただ素読するだけで、
記憶の質が高まると同時に、
言霊が心に刻まれていることを改めて実感しました。
そして、子ども達は感覚でそれを感じていることも…

今月、胎教コースに来られている方が、
「七田は6歳まで続ければいいですか?」と
尋ねてこられたので、
「ぜひ小学生も続けてください。」とお答えしました。

確かに幼児期の通室で
頭の働きは良いものになります。

でも、私自身の子育ての経験から、
小学生の時期に子どもとどう接するか、
子どもがどんなものに触れていくかが、
その後中学、高校、大人へと繋がっていく
重要なポイントになることは間違いありません。

宇宙の波動が変化している現在、
これから活躍出来るのは
勉強が出来るだけの人ではありません。

子ども達が賢く、
人の気持ちがわかる思いやりのある大人に
成長してくれることが楽しみです!(重垣)
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月に入り、新学期がもうすぐ始まりますね。

以前より皆様にお伝えしていました、

京都伏見教室のお引越しが、

先日、無事に完了しましたニコニコ


新しい京都伏見教室をご紹介します。

場所は岸和田ビルの3階です。




自動ドアを入ってすぐのエレベーターをご利用ください。




3階で降りていただくと、入り口では

本田望結ちゃんの看板がお出迎えしてくれます。




待ち合いスペースの絨毯と壁紙は

可愛らしい感じになっています。




教場も2つに増えました。

第1教場は、とても広くて明るい教室です。




第2教場は、壁紙が薄緑色で落ち着いた感じです。




4月6日から新学期のレッスンが始まります。

笑顔いっぱいの子供達に会えるのを

楽しみにしています。(小川)









いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。