幼児教育

テーマ:

幼児教育といえば、極端な偏りがちなイメージがありますが、右脳教育では6歳までの時期というのは、知識を教え込むことを考えるのではなく、あくまで素質を高めてやるとこ、後はそこに学習習慣をつけてやり、遊びを通じ、いろいろな経験をし、夢や目標を与えてやれば、そこからは子どもが必要だと思う事を勝手に身につけていってくれるのです。

才能教育に一生懸命になるよりはむしろ、6歳までの家庭環境づくりが子どもの将来を決定づけるものだと思います。

無理強いに勉強させるのではなく、子どもの興味に沿う、楽しむから与えるという接し方がよいのだと思います。

AD