英語と受験

テーマ:

英語学習を取り入れよう②


幼児期から小学生くらいまでは、高い英語力をもっていてもいなくても、特に生活や学業に大きな影響はないでしょう。

しかし、必要になってから焦って詰め込み学習をしても、自ら発信できるレベルの英語力は簡単には形成されません。


最も言語習得に適している時期に英語学習を行わないで、後に英語学習を再開しても、英語を聞き取ることが困難と感じることがほとんどのケースなのです。


言語は聞き取ることができるから、後に話せるようになるのです。

英語のリスニング力を育てないまま語彙を覚えたり、文法学習を行うのでは、英語が苦痛となり、学ぶ意欲を失います。


また、高校受験、大学受験の英語科目対策に何百時間と補習をしても、幼児期に習得できるスキルには到底およびません。

しかも、大学受験で不合格となる原因のトップ3は、リスニングや長文読解、熟語などすべて英語だと言われています。

そこからも幼児期を過ぎてからの英語学習がいかに不利であるかが分かります。


他の科目とは違い、言語学習だけは幼児期から始められます!

英語が必要な時に焦って時間を費やすのでなく、将来の夢の実現に向けて、今から続けて取り組むことをおすすめします。