子どもが英語を学ぶ理由

テーマ:

英語学習を取り入れよう①


今回は英語教育について、お話します。


実は、小学校での外国語活動は年々増えてきています。

将来的には中学受験で英語が受験科目として導入されることも予想できるほどです。


英語を身に付けることは、お子様の視野を大きく広げることにつながります。

英語を使って海外からの情報を得、様々な国の人々と意見を交換し、意思疎通をすることが可能になります。母国の限られた情報・意見だけに留まることなく、多角的な視野で物事を考えられるようになるのです。


英語を身に付けることの重点を、コミュニケーションに置き、自国とは違う文化に触れる楽しさにつなげる・・・

とはいえ、英語ができて当たり前の時代。

英語は、目指す先の学業にも必ず関わります!

ひいては就職に至るまで大きな影響を及ぼします。


英語を一つにツールとして、生活やビジネスの場で使いこなすお子様の姿を想像してみて下さい。

目の前のことはもちろん大切ですが、将来的なビジョンをしっかり持ちながら日々取り組むことは、後にお子様にとって生涯の財産となるのです。