心に余裕はありますか?

テーマ:

 

子育てを楽しくしていただくために…②

 

3条:叱らずに、ほめてやさしく言い聞かせる。

できたときの結果だけをほめるのではなく、頑張った過程をほめてあげましょう。頑張っても失敗したり、結果が出なかったりすることもあります。しかし、「今まで努力してきたね。偉かったね。」とほめることで、「お母さんは自分が頑張ってきたことを認めてくれた、次にはもっと頑張ってみよう」と思ってくれるはずです。

 

 

4条:いつも心に余裕を持つ

子育ては理想どうりにはいかないものです。完璧を求めようとすると、必ず母親に焦りや不満、不安が生じ、イライラします。

これが子どもに伝わります。イライラをとるには、母親が、自分に与えられた生活条件の中で、出来るだけのことをしてやれば良いのだ、というのんびりとした気持ちになる事です。すると、子どもにも、余裕が出できて、学習も進みます。