• 10 May
    • 「貧乏神」とさよならする方法

      最近、私は「整理・お片付け」の会社とお仕事をしているので、いろいろなお片付け本を参考に読んでいます。そんななかで、ピカイチに面白かったのがこの本。神さまがやどる お掃除の本/永岡書店¥1,050Amazon.co.jpそうなんですよね。日本は昔から「八百八の神」(やおろずのかみ、では変換できない!)といって、自然界のありとあらゆるところやモノに神様がいるという信仰があったわけで、「神様」の存在を信じるとか、信じないとかではなくて、「ありがとう」と感謝して、神様が居心地よく過ごせるようにお掃除をちゃんとしましょう、ということなんですよね。汚れは「けがれ」悪臭は「よどみ」ホコリは「病原」カビは「バイ菌」湿気は「腐敗」と、帯に書いてあるけれど、お掃除が基本なんですよね、うんうん。ただ「部屋を掃除しましょう」というだけの本はいろいろあるけれど、おうちの各部屋にいる神様をご紹介してくださって、それらの神様のためにお掃除する、という考え方は画期的!さすが永岡書店です。すぎうらゆうさんの漫画もGOOD(なぜか著者名には入っていないので、印税契約じゃないのね)細かなことを言うと、「地域の神さまリスト」は神社もお寺もまぜこぜで、神様も仏様もいっしょくたなところがおおざっぱではありますが、まあ、よいでしょう。私のうちも、とても狭いのですけれど、神棚があるのです。先日、箱根神社でお札とご霊水をいただいてきて、あげてあるのですが、ちゃんとおまいりを毎日しているわけではなく、ちょっと反省。まずは神棚をきれいにセットして、毎日、お水を替えるくらいはしなくちゃねえ。お部屋の隅々をきれいにすると、貧乏神や疫病神も退散して、いい神様が過ごしてくださるようになるんだそうですよ。よし、開運祈願しながら、お掃除お掃除!

      1
      テーマ:
  • 08 May
    • 「取り除く」ことが開運になる!という話やあれこれ。

      さて、今日は、開運アドバイザーの昇龍先生とお会いしてきました。晴れて、私、昇龍先生のマネジメントを担当させていただくことになりました!ということで、みなさん、どうぞよろしくお願いします。昇龍先生は、奇門遁甲という方位学と、四柱推命や命主占法という占法により、金運や良運、開運のアドバイスをされているのですが、奇門遁甲では「縁」や「運」をつけ、四柱推命や命主占法では「相性」を見るのだそうです。また、数々の開運グッズなどの話もしてくださったのですが、なかでもピカイチなのはやはり水晶。ヒーリング効果もあり、「守ってくれる」力があるので、邪気や悪いもののバリアになってくれたり、身代わりになってくれるそう。身代わりになってくれているお礼には、塩水で浄化するのがよいのですが、これは月1回程度やるとよいとのこと。ところで、そのほかにもいろいろな開運グッズがあるといわれていますが、「置きっぱなしにしてあるのはダメ」だそうですよ。埃をかぶって汚れてしまっては帰って運を逃すそう。そんなことなら「置いておくよりも、取り除くほうが開運になる」そうです。へーっ!!! なるほどー!!!言われてみれば、なるほどです。昇龍先生のお仕事場には神棚があり、龍神様がお祀りしてありますが、毎日ちゃんとお水をあげると龍神様が喜んでくださるのだそうですよ。あー、うちでもちゃんと神棚にお水くらいはあげねばーと大反省であります。ふだんなにげに使っているキーホルダーには、小さな水晶玉が入っている巾着がついているのですが、これは大正解!とのこと。「ブレスレットなどにしている方が多いので、あまり大きな声では言えませんが、水晶に穴をあけるのはおススメしません。身につけるときは、小さいものを巾着などに入れて持つほうがよいのです」よかったよかった。もしかしたら来月アメリカに行くかも?ということで方位をうかがったところ、アメリカは日本から見ると「東北」に当たり、今年は悪くない方角。特に、6月だと21日がおすすめということです。さて、どうしようかな。

      テーマ:
  • 01 May
    • 日本で3番目に人気のパワースポットで開運・縁結びを

      4月29日は、箱根九頭龍神社新宮の神事に参列させていただいてまいりました。箱根九頭龍神社といえば、芦ノ湖の九頭龍伝説を今に伝える龍神信仰の聖地、そして、縁結び、金運上昇のパワースポットとして知られています。あるテレビ局の調査では、縁結びのご利益がある神社の1位が川越氷川神社、2位が東京大神宮、そして3位が箱根九頭龍神社とのこと。HPによると、神社の由来は、社傳によると「西汀に驛路有り。毒龍は波を凌ぎ、雲を拏(とら)ふ。人民は多く損害免れず。萬巻は彼の深潭(しんたん)に臨んで石臺(せきだい)を築きて祷らせしむ。爾に毒龍は形を改め、寳珠并に錫杖(しゃくじょう)水瓶を捧げて乞ひて受降を要す。」(箱根山縁起并序)とあります。その昔、人民に被害を与えていた毒龍に対し、萬巻上人が湖中に石壇を築いて調伏の祈祷を行ったところ、毒龍 は形を改め、寳珠并に錫杖を捧げて帰依し、龍神となりました。今では、多くの人々に開運隆盛はもとより金運守護、商売繁盛、縁結びの龍神様として崇められています。とあります。九頭龍神社新宮は、参拝が困難な本宮より易くお参りが出来、箱根神社との両社参りもすぐに叶うお社として、平成 12年辰年元旦に建立されました。このとき、多額のご寄附をされ陰ひなたに貢献なさった翠真祐先生は、中国秘伝の奇門遁甲の第一人者。現在は嫡子の昇龍先生が翠流奇門遁甲を継承なさっており、29日の神事も真祐会の会員のみなさまを率いて参列なさっていらっしゃいました。私は20年以上前に、雑誌の仕事で翠先生に大変お世話になっていたことがあり、そんなご縁もあり、神事のあと、宮司様と昇龍先生、真祐会のみなさまのお茶会にもお招きいただきました。このとき、いろいろなお話をいただいたなかで「龍神様は水を司り、水脈を知る力があることから、金運やさまざまな運をひらく力がある」ということと、「縁結びというと、恋愛や結婚のことと思われがちだが、仕事においても何においてもご縁というものが大切。だから、よい縁を結んでいただくことが運をひらくことにつながる」というお話が印象に残っています。九頭龍神社は毎月例大祭を行っていますが、7月31日に「湖水祭」という大変神秘な神事を行います。これについては、箱根 和心亭豊月さんのHPに詳しく書いてあったので、転載させていただきます。7月31日に行われる湖水まつりは、芦ノ湖の守護神、九頭龍明神の祭典。湖上に3000個もの灯ろうが浮かび神々しく幻想的な雰囲気の中で、夜空には鮮やかな花火が打上げられます。また花火前に行われる太鼓演奏で気分は最高潮に。元箱根沿いに夜店も並びます。まばゆい光と轟音に心も体も癒されます。この時期は「芦ノ湖夏祭りウィーク」と称されるイベントを開催し、7月31日~8月5日まで、様々な催しとともに芦ノ湖上で連日花火が打ち上がります(年によって開催場所が異なります)。元箱根湾で開催の場合は、豊月の芦ノ湖棟の各部屋からもお愉しみいただけます。7月31日の湖水祭では、限られた人たちだけが小舟に乗って宮司様のお供をさせていただくことができるそうで、昇龍先生を筆頭に真祐会のなかでも選ばれた方のみが舟に乗られるとのことです。また、この神事と開運にご関心がある方たちのために、6月に説明会も予定されているようです。この写真は九頭龍神社の龍神水。「掌にうけて口を漱げば一切の不浄を洗い清め、これを家の神棚に供えて用うれば家内清浄縁起の養生となる」そうです。

      1
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 1,308

読者になる

ランキング

総合ランキング
156501 位
総合月間
158836 位
女子力アップブログ
2468 位
起業・ベンチャー
1329 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。