たまたまテレビをつけたら、すごい人と思われる人が「自分よりすごい人」を紹介していく、という番組をやっていました。

 

田園調布のマダムに始まり、なにやら高級品を扱うセレブ?の方から、セレブつながりで紹介されていくわけですが、「ホンモノのセレブ」は取材拒否。当たりまえですよね。

 

よって、テレビのバラエティなどに出るほどのセレブなどはお里が知れる、つまり「成金」ネットワーク。

 

ざっと見たところ、成金になる秘訣がわかりました。

 

1.ビジネスはお金持ちを対象にする
  ・金持ち専門の不動産屋
  ・金持ち専門の美容院
  ・金持ち専門の歯科医

  ・金持ち専門のアーティスト

 

2.セレブなパーティーに参加する
  ・高級ブランドのプライベート・パーティー
  ・セレブが集まるチャリティーパーティー
  

3.高級住宅街に住む
  ・日本なら、田園調布、白金など
  ・アメリカなら、ビバリーヒルズ、もっとプライベート高級住宅地(名称忘れました)など
 

4.うさんくさい商売をする
  ・健康食品のねずみ講みたいな組織をつくる(親玉になる)
  ・医者でも「心療内科」でタレント専門
  ・わけのわからない占いみたいなことをする

 

5.遊び場を選ぶ
  ・六本木でお食事をする(かなりうさんくさい)
  ・クルージング・パーティー
  ・乗馬クラブ

 (余談ですが「ワイン会」もセレブが集まるらしいという別情報あり)

 

再度書きますが、テレビに出るような「セレブ」はお里が知れているセレブでして、

見たところ、お育ちがいいとは思えないのですが、

 

・ 豪勢な家に住んでいる

・ 服やバッグ(もちろん高級ブランド品)をやたら持っている

・ 家具など「値段はわからない」と言う(特注品だったりする)
・ 高級な車を何台も持っている
・ (男性の場合)派手な若い女性を連れている

・ (女性の場合)顔が叶姉妹にそっくりで、露出度が多いドレスを着ている

こんな感じでありました。

 

あと「経営者のパーティー」というのもいくつか紹介されていましたが、合コンみたいな写真でした。まあ、若手経営者の会なんて、そんなものかもしれません。
 

何度も書きますが、所詮、テレビのバラエティですから、ロクなセレブではないのは明白ですが、「お金持ちになるって、こんなことなのか」と、いささか考えさせられる番組でもありました。

 

「お金持ちになって、ゴージャスな暮らしをする」ということに、彼らは本心から満足しているように見えました。
お金持ちどうしのつながりが「電話1本で話ができる」というのも、彼らはアタリマエのように振る舞っていました。

 

でも。

 

私は、彼らのような生活や暮らしが羨ましいとは思えませんでした。

 

負け惜しみ?

そうかもしれませんけれど。

なんとなく、ばかばかしいように思えました。

「清貧というのは、努力しても身につかないことを正当化する言い訳でしかない」と、「マーフィーの法則」のジョセフ・マーティー博士が言ったそうですが、果たしてそうなのでしょうか。

 

 

AD