実家の里山には、自然にはえているものがたくさんあります。

 

フキノトウが終わり、いまは秋田蕗と水蕗の旬となりました。

 

そこで、Facebookに写真をアップ。

 

「いまから30分以内に注文があれば、着払いで宅急便で出します」

 

農家ではないので、料金はいただきませんが、

 

条件としては高齢の母にハガキを出してもらうということ。

 

時間内に注文いただいた方のおひとりは、絵を描くのが好きなお嬢さんがおふたりいるということなので、

「ハガキも喜んで描きます」というメッセージ。

「よかったら、お母さんの写真を送って」というので、母と猫の写真を送りました。

どんな絵を描いてくれるかな。

 

また、タイムアップで宅急便に間に合わなかった方は手渡しすることになったのですが、

「実家から送ってきた」というのどぐろの干物3匹と物々交換。

 

もうすぐタケノコのシーズンですが、タケノコも日時を選んでくれません。

本家鎌倉タケノコも、私のFacebook友達に瞬送するかも。

 

 

ところで、宅急便の業者さんが電話で「冷凍ですか?冷蔵ですか?」と聞くので、
「ふつうでお願いします」と頼んだのですが、

なぜ聞かれたかというと・・・

 

集配に来た方が「朝、冷凍と冷蔵を届けた」と。

そして、

「水、入ってましたか?」と。

 

はい、入ってました。

届けていただいたのは、これ。

 

 

南三陸の「泳ぐホタテ」 と、

 

 

北九州のフク刺し! すみません。お店を確認し忘れました。

先日、漫画家さんの集まるパーティーの抽選会で当選した高級品。

 

写真を撮っていないのですが、

ヨモギを摘んで母がつくったヨモギ団子と、フキの煮物。

それと、フクとホタテ、という「ランチ」(笑)

 

 

ホタテは、その昔、武田久美子さんが胸に当てていたほどのBIGサイズ。

 

泳いでいるというか、元気に、水をぴゅーぴゅー吹くのには驚きました。

 

美味でした。ホタテもフク刺しも。

 

なんてことを書いていたら、フキが届いたという方から、お料理の写真が届きましたよ。

 

 

わかめと炒めたのだそうです。ヘルシーで美味しそう!

 

とりたての蕗はアクがないので、そのまま食べられるんです。

 

贅沢な1日でした。