わがまますぎる店

テーマ:
開店当初はメニューがあった。

ランチもあった。

食べログにも掲載されていて、
かなり評価も高かった。

でも、あっという間にランチはなくなり、
ドリンクメニューもあるにはあるけれど、
「メニューを見せて」というお客はほとんどいない。

それでも、席につけば欲しいものが出てくる。

昨夜は、「ニュージーランドのワインを扱っている方と行くから」と連絡しておいたら、

ニュージーランドのお肉とたっぶりの野菜、ニュージーランドの珍しいワインと、宇和島のブラッドオレンジのジェラート(お手製)とお手製パン。どれもこれも美味しい!!!

「なんでメニューがないの?」というゲストの質問に、「ランチが評判になって、そればかり作って忙しくなってしまって、本当にやりたい店じゃなくなった」という店主。

やってくる常連のお客さんたちが持ち寄る食材もあれば、お客さんに合ったものをその都度考えて用意するのがよいらしい。

相当わがままで、自由。

「でもね、こうやって、のんびりやりたい店をやるために、実は影では一生懸命努力しているんですよ」と笑いながら言うけれど、嘘くさい。

努力なんて、してないよ、きっと。

何をやるにも、楽しいことばっかりにしちゃってるに違いないから。

渋谷駅から歩いて15分くらいの隠れ家。

店主特製の焼きたてパンと、美味しいワイン、こだわりのコーヒーやオーガニックティなど。

{209BBCD5-0FCC-4DDA-B2AD-A3264E8DEED4}

{A881F248-CA3E-48B7-BF57-BF0C844A4C0F}

{BA720383-A874-4539-989B-394C09E6BE78}