エンジェル投資家の年間投資総額は

米国では3兆円、日本では200億円

 

 

創業から少し事業が立ち上がったあたりはアーリーステージと呼ばれ、リスクマネーの供給にエンジェル投資家に力を借りることがあります。

まさににしのさんの絵本製作のように、やりたいことのために資本が必要だというときに「応援隊」として協力してくれるのがエンジェル投資家です。
ベンチャーキャピタルまで行かないレベルで、例えば「プロトタイプを創りたいけれど、1000万円資金が必要」というベンチャー企業を支えてくれるのは、エンジェル投資家なのです。

 

では、日本にエンジェル投資家はどのくらいいるのでしょうか。

 

エンジェル投資家は日本で約1万人と言われています。

経済産業省の発表でも、次のようにあります。
株式会社テクノリサーチ研究所による平成20年度経済産業省委託調査報告書「エンジェルネットワークの形成促進に関する調査報告書」では、約1万人のエンジェル投資家が国内には存在し、100~300万円程度の金額を年間に投資しており、総投資額は年間200億円程度、と推計している。
また、経済財政諮問会議ではエンジェル税制の利用額状況に基づいて以下に示す数値があげられており、こちらによるとエンジェル投資額やエンジェル投資家の人数はより小さなものとなる。

 

米国では234千人のエンジェル投資家が1件あたり年間5000万円、総額で3兆円の投資を行っているそうですので、投資額の規模も人数も格段に違いますね。

 

 

このシリーズは、2016年にエンジェルスインクが開催した「女性起業家セミナー」での、
社長の時間をつくる株式会社 代表取締役 普川真如様のお話をご了解をとったうえで文章化したものです。



 

 

 

 
AD