ひょんなことから、

島田紳助さんの本を読んだ。


島田 紳助
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学

薄っぺらい文庫本で、

どうせ「サービスっていうのはこういうものだ」

みたいなタレント本だろうと思った。


が、

違った。


紳助さんは不動産王であると言われているが、

不動産をどんどん購入して、

弟子に店をやらせていく。

その、エンジェルぶりがわかる本だった。


日本で、お金がある人が大勢いるらしいけれど、

ほとんどの人が、自分のためにしかお金を使おうとしない。


紳助さんも、ある意味では

自分の楽しみのためにお金を使っているわけだが、

「生きた金の使い方」をしている。


なにかやりたいという気持ちがあっても、

資金がなくてできない人はたくさんいる。

私もそうだった。

そんなときに、上げ膳据え膳で場所を作ってくれる人がいたら、

命をかけてがんばろうという気にもなろうものだ。


紳助さんのビジネスが成功するのは、

そんな、

「いい意味でのパトロン」精神の成功だと思う。


お金は出しても、口は出さない。

でも、

絶対に成功するための努力は惜しまない。


なんだかすごいなあ。


ちなみに、

島田紳助さん、明石家さんまさん、ビリー・ブロンクスさんは

同じ歳です(たぶん)

AD

コメント(2)