以前、ホワイトバンドの話を聞いたときに、

直感的に「うさんくさい」と思った。

同じニオイが、今度の総選挙で感じられた。


どう考えても「おかしい」ことだらけ。

金持ちが儲かって、弱者がどんどん踏み潰されていく政策の数々。

マスコミ戦略のうまさ、偽善的イベントの仕掛けタイミングのうまさ・・・


小泉純一郎は「危ない」と思う。

マスコミを煽動することにかけてはホリエモン並み。


「じゃあ、なんでホリエモンは落ちたの?」なんて聞かないでね。

ホリエモンにとっては当選したってメリットないもの。

ホリエモンは、話題になって、ライブドアの株が上がればそれでよし。

なので、今回は「想定内」の大成功。

高校なんかまわったりしちゃって、ライブドア利用者も、次世代ファンもがっつりつかんだしね。


「郵政民営化になると、これまで130円とか70円とかで送金できてたのが、銀行並みに650円とかになることは間違いないだろうなあ、送金もできないなあ」

と、昨日乗ったタクシーの運転手さんが言っていた。

青森県出身。

「田舎は仕事がないんだよ。家や畑があっても、税金や暖房費で金がかかる。田舎に住みたくても住めないよ」


山形県の山間部の町は、町民の20人に1人が公務員だ。

公務員の人員を減らすことは、町の主要産業がなくなることになる。

人を減らしても、減らした人の行き場がなければ、国は荒れ、犯罪は増え、年寄りや弱い人々は死んでいく。


日本はこれから、ますます弱肉強食の国になっていく。

「成功」と言われる人たちの多くは、弱いものを踏み台にして成金になっている。


サラリーマンや、子育て中の家族の税金がどんどん増えて暮らしが厳しくなっていくというのに、

個人で何千億もの金を持つ人たちがいるのはどういうわけだろう?


小泉、竹中は、若いうちから「金の亡者」になる教育をもっともっとやっていくだろう。

アントレプレナーやベンチャーなどは金を得てどうするか?

私の知っているある社長は「将来は海外で移住する」と準備をしている。

儲けた金を、国のために、人のために、使おうとする金持ちはいないのはなぜなんだろう?


食い尽くされ、利用しつくされていくことに、なぜ庶民は気がつかないのだろう。


問題は、「小泉はダメだ」とわかっていても、では誰がいいかわからないということにある。

「うさんくさい」と思っても、どうしたらいいかわからないということにある。


でも、小泉のおかげで、女性がずいぶん登用された。

ほんとうの女性か、女性の皮をかぶった男か、それはわからないけれど。

もしかしたら、なにかが変わるかもしれない。

女性たちは、実際なにかができるとは思えないけれど、

男のように結束できないのが女(笑)

自民党内でもばらばらになっていくんじゃないだろうか。


さて、いま、私は、私たちは、なにをしたらいいんだろう?

ポスト小泉はどこにいるんだろう?


PS トラバを欲しい方に、勝手にトラバさせてもらいました。ご迷惑になったら削除してください。

AD

コメント(19)