• 14 Dec
    • 12月15日、金沢で会いましょう!

      「ICT女性起業家セミナーinほくりく」を開催~1億総活躍社会の実現に向けて~総務省北陸総合通信局(局長 星(ほし) 克明(かつあき))は、北陸情報通信協議会(会長 久和(きゅうわ) 進(すすむ) 北陸経済連合会会長)、一般社団法人石川県情報システム工業会(会長 饗庭(あいば) 達也(たつや) 三谷産業株式会社代表取締役社長)との共催により、「ICT女性起業家セミナーinほくりく」を下記のとおり開催します。  本セミナーでは、ICT分野の第一線でご活躍されている女性の方々を講師として、ICT業界においてご活躍されることになったきっかけをはじめ、どのようにして困難や失敗を乗り越えてこられたか、また、これからICTビジネスを起業される女性へのメッセージを発信していただきます。1.日時平成27年12月15日(火)(14:00~16:50)2.場所  金沢東急ホテル 5F ボールルーム (住所:石川県金沢市香林坊2-1-1)3.内容(1)主催者あいさつ(14:00~14:05)  北陸総合通信局長 星 克明(2)基調講演(14:05~15:05)  演題:「ICTで変わる、変わった女性の暮らし方」~SOHOから農業女子、女性起業家のICT~  講師:総務省地域情報化アドバイザー 農と食女性協会代表 伊藤 淳子 氏   (3)講演(15:05~15:50)  演題:これならコンピュータ苦手な私もできるかも!!~ICTを活用した女性のプチ起業方法~  講師:株式会社ジーアンドエス 代表取締役社長 萩原 扶未子 氏 (4)講演(16:05~16:50)  演題:「時代に乗る!」  講師:株式会社シーピーユー 代表取締役 宮川 昌江 氏4.定員  100名(定員に達し次第、申込受付を締め切らせていただきます。)5.参加費 無料6.申込方法 本セミナーにご参加希望の方は、北陸情報通信協議会のホームページ(http://www.hokurikutelecom.jp/)にて、平成27年12月11日(金)までにお申し込み下さい。7.主催等 主催:総務省北陸総合通信局、北陸情報通信協議会、一般社団法人石川県情報システム工業会 後援:ICT研究開発機能連携推進会議(HIRP)連絡先:情報通信部電気通信事業課                             (担当:綿谷、石原)                 電 話:076-233-4420

      73
      テーマ:
    • 「ほとんどの幸せはお金で買える」

      たまたまリンクしている方のタイトルにありました。リンク元のブログはこちら>http://ameblo.jp/shozando/entry-12106008880.html確かに、お金がないって、不安です。お金はないより、あったようがいいに違いない。「お金は汚くないし、お金を好きだという人のところに集まるものだ」という説もあります。でも、私は「お金は汚い」と思います。汚いから、持っているより、持たないほうがよいのです。人間だって、出すべきものが出なければ、おなかが痛くなるどころか、死んでしまいます。お金は汚いからこそ、きれいな使い方をしなくてはいけないし、お金は使うから役に立つものなのです。で、「ほとんどの幸せはお金で買える」というタイトル文に戻りますが、ここで気にしたいところは「ほとんど」というところです。つまり、「すべての幸せ」がお金で解決できるわけではないということに、この方も気がついているわけですね。どんなにお金があっても手に入れられない幸せって、どんなものなんでしょう。逆に、お金がなくても手に入る幸せだってある、っていうことでしょうか。幸せであるかどうかというのは、実は、女性にかかっているんじゃないか、と、私は思うんですね。女性が、どんな環境にあっても、「自分は幸せだ」と思う生き方ができていれば、家族も幸せである確率が高いように思うんです。では、どうしたら女性が幸せだと感じられるのでしょう。かなり昔の話になりますが、終戦後、滋賀県で自給自足の生活を始めた松井浄蓮さんという方がいます。荒地を開墾して暮らす生活は、屋根はあるけれど壁がないようなあばら家だったり、食べるものがなくて木の根を炊いたおかゆであったりするのですが、妻と6人の子供が暮らす生活であったそうです。あるとき、寒いなかで乏しい食事を創る妻の後姿を見て、自分のために苦労をかけてしまったと悔恨の念を持つ浄蓮が「もうしわけないことをした」と謝ると、妻は笑顔で「寒い冬があるから、春が来たときが嬉しいのですよ」と笑顔で答えた、というような話を読んだことがあります。夫を信じて、苦境のなかで楽しみを見つけられる。そんな女性に、現代人はなれるでしょうか。私は、お金に困らない生活をするのも悪いとは思わないけれど、お金には縁のない貧乏な暮らしのなかでも楽しめる人生を送りたいものだと思います。でも、生きるスキル、って、お金を稼ぐスキルよりも難しそうです。だから、みんな、簡単に、お金で解決しようとするんだろうな。終わりより始まる―百姓菩薩の90年/法蔵館¥3,460Amazon.co.jp

      4
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 「希望出生率1.8」というレポートを知っていますか?

      明治大学の加藤彰彦先生による「一億総活躍社会に関する意見交換会」のレポート「希望出生率1.8」が公開されています。http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ichiokusoukatsuyaku/iken_koukankai/dai3/siryou5.pdfデータなどさておき、ざっくりと読んだところで、ポイントは「伝統的家族は出生率が高い」ということのようです。私は4月に「農業女子」(洋泉社)という書籍を執筆し、その際、100人ほどの農業女子のみなさまに取材させていただきましたが、地域で、農業を行うということは、ある意味では伝統的家族か、それに類する家庭がなくてはできないことで、子供も3人くらいいらっしゃるという方が少なくありませんでした。先日、跡見学園女子大で「社会デザイン学会」の総会があり、基調講演をさせていただきましたが、テーマはまさしく「女性のキャリアパス~農業女子の事例から」でした。女性にとって、仕事に油がのってきたときは、同時に、妊娠出産適齢期でもあります。そこで、会社に勤めながら出産し、子育てにがんばる女性もいる一方で、会社で身に着けたキャリアを活かして、地域で活躍するという道を選ぶ女性もいる、という話をしました。私自身は出産も子育ても経験がないので、実体験として言えるべきことはなにもないのですが、子育て経験のある妹や友人などを見ていると「親業」には多くのスキルが求められ、また、地域や学校のなかでの役割や活動も、非常に有意義な人生のキャリアパスであると思われます。また、「妊娠は病気ではない」という人もいますが、身体に大きな変化と負担がかかるわけですから、通常とは大きな違いがあるし、皆が皆、健康で安心した妊娠期間や出産、育児ができるとは限らないということも考えなくてはいけないことだと思います。育児や保育のケアをどうしたらいいか、という点を考えることはもちろん大切なことですが、子供はどんどん育っていき、自分もまた、どんどん年を重ねていきます。子育て期間はとても大変かもしれませんが、長い人生のなかではあっという間だということを知っていたら、もっと、出産に勇気が出るかもしれません。「子供は国の宝」という言葉がありますが、これは、経済的に老人や国家を支えるために子供が必要だ、ということではなくて、純粋に、小さな生命はみんなで育まなくてはいけない、という意味にとらえた言葉だと思いたいものです。「出産」を国家戦略の道具のように考えるのでは、戦時中と変わりません。女性たちが、自分たちの生き方を考えるうえで、子育てしながら生活できる生き方の多様性を、もっともっと、みんなで考えていくことが大切なように思います。天職が見つかる女のお仕事バイブル/PHP研究所¥1,512Amazon.co.jp

      37
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 1,311

読者になる

旧ランキング

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。