• 25 Sep
  • 12 Sep
    • 茨城県の物資送り先情報やネット募金など

      台風一過、ではありませんが、今日はなんとも晴れやかな青空が広がっています。茨城、栃木、宮城、秋田など、大雨で被災した地域のみなさんのことを思うと、なんとも胸がしめつけられるようなもどかしさ、歯がゆさを感じています。物資の支援先について、こちらのブログで紹介されています。http://ameblo.jp/airrace/entry-12072134379.htmlブロガーの方はBSチャンネルなどで活躍している方とのことですので、情報は間違ってはいないと思います。が、災害時に「よかれ」と思ってシェアした情報が迷惑になることもあるので、ここはよく考えて行動しなくてはいけないでしょう。家が流されてしまった方達は、住むところも、持ち物も、何もなくなってしまったわけですから、なにもかも必要なことは間違いありませんが、だからといって「いらなくなったもの」を送るような、失礼なことをしてはいけません。(そういう人たちが多いそうです。古いボロボロの衣類とか着れないような時代遅れの服とか)大手企業などの支援もあると思うのですが、女性なら、落ち着いたら化粧品(スキンケアとか)などが欲しいかもしれないし、生理用品や赤ちゃんのものなども必要でしょうし・・・うーん、どうしたらいいんだろう、って悩みますが。まずは「お金」(募金)かな。Yahoo!で募金ができます。しかも「Tポイント」で! これはいいよね。http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630018/私も、ごくごく本当に少しですけれど、募金しました。被災した地域のみなさん、大変でしょうけれど、どうかがんばってください。

      64
      1
      テーマ:
    • Amazonの著者ページを設定しました。

      Amazonで本を買う人ばかりになっては困る、と、紀伊国屋書店が村上春樹さんの新刊を買い占めたそうです。買った10万部は、紀伊国屋書店のほか、一般書店にも流通するとのこと。いいな、いいな~。羨ましいなあ。まあ、そのくらい、村上春樹さんの本を売れるし、ファンがいるし、面白いっていうことなんでしょうけれど。私も、ずっとずっと、購入をためらっているんですよ。この本。村上さんのところ/新潮社¥1,404Amazon.co.jp1400円程度ですから、買えばいいんですけれどね。なんか、ベストセラーとかを新刊で買うのって「負けた」って気になっちゃって。でもねえ。いいんですよねえ。村上さんのコメントもいいんだけれど、イラストがね。最高。でもって、話は戻りますが、私も、ささやかな「書店で本を買ってください」キャンペーンをしているんだけれど、肝心の本が書店になかったりする(涙)悲しいよ~、とFacebookでグチったところ、「Amazonで著者ページを作るべし」というアドバイスをいただきました。なんだか本末転倒ですが、書店さんもAmazonで検索してるってことでしょうか。うん、そういえば、確かに「農業女子ありますか?」ってある書店さんで聞いたら、Amazon検索してたっけね。ということで、私のページであります。9月28日のシンポジウムのことも入れてみましたよ。http://www.amazon.co.jp/-/e/B0159ODUDK

      2
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 未来の記憶と未来人のことなど

      私がたまに観る夢で、「この世にないもの」が、非常にディテールがリアルだったりして、「なんでこんなことを知っているのだろう?」と思うことがしばしばあります。たとえば、ラスベガスの通りのようなにぎやかな街並みをパレードしているところ。乗り物は、大きな(旧式の)自転車のような、真っ赤な車体の山車のような。高いところの椅子に私は座って、みんなに手を振っています。街のなかをせり歩いて、街じゅうの人たちはそれはそれは嬉しそうににぎわっています。また、高い石の壁があるところをひとりで歩いています。石の壁は相当に高く、まるでローマの遺跡のようでもありますが、古い建造物というわけではなく、まるで城壁のようです。そこが、いきなり、崩れ落ちるのですが、私は危機一髪で助かります。水が押し寄せる夢もよく見ます。天井がとても高い未来空間のような建物で、建物の高さ自体もとても高いところに居ます。天井まで10メートル以上はあると思われる広い窓のむこうに、古いコンクリートの建物(住宅)のようなものが並んでいます。そのむこうから、海の水が押し寄せてきます。建物の上にはたくさんの人たちが避難していて、「ああ、よかった」と思うのですが、その瞬間に、波が押し寄せて、建物ごと、みんな押し流されていきます。私の立っているところは新しい建物で、まったく影響なく、そうした景色を見下ろしています。同じような、「海が押し寄せてくる」シーンは、何度となく見ます。先日、UFOや超能力などに詳しい秋山眞人さんにお会いして、宇宙や宇宙人の話や宗教などの話をしているときに、私の夢の話について、うかがってみました。「ああ、それは、よくあるんです。『未来』の経験だったり、『宇宙人』の過去なんです」パレードの夢は典型的な宇宙人の夢だそうで、ある星から地球へ志願者が送り出される儀式として、パレードが行われるのだそうです。つまり、志願者(あるいは殉教者)だった記憶が夢になることがあるのだとか。そして、いま、書いていてふと思ったのは、「新しくてキレイな高層ビルのような建物」じゃなくて、それって、すごく大きなスペースシップなのかなあ、とか。私は高校時代、SF小説やアメリカンニューエイジが大好きだったので、そうした小説のシーンなどが頭のなかに残っているのかなあとかも思うものの、夢の映像はどれも、リアルなわりには、現実にはない世界のもので、へんてこなんですね。秋山さんによると「宇宙人は未来人で、幽霊は過去の人」なのだそうです。以前、「自分の前世はみんな知っているんですよ」と言うTさんというコンピュータ系の開発者の方に会ったことがあります。Tさんは何回か転生していて、一番古いものはどうやら海の底で、イソギンチャクだったか、ウニだったかだったらしい(笑)そして、その前は「宇宙生命」だったんだそうです。と、この手の話は、ウソか本当かはわからないし、科学でもわからない世界なので、私はただただおもしろがっています。私はまぎれもなく、父と母のもとに生まれ育ってきたことだけは事実ですが、もしかしたら、過去は宇宙人だったかもしれないし、誰かの生まれ代わりかもしれず、同時に、過去のご先祖さまたちの霊にも守られているということも(自分に都合よく)信じている次第です。これまで、海外に取材をした折りに、タヒチやアメリカ、メキシコなどで、光る物体(UFO?)などを目撃しているし、実家などでは不思議な現象(心霊現象?)を体験しているし、私もスピリチュアル系のひとりなのかもしれません^^ 日本ではもともと「八百八の神」といって、石や木にも神様がいるという信仰があり、自然崇拝をしていたわけですが、農業分野でも自然栽培の木村さんが「宇宙人を見た」と著書に書かれていたりして、スピリチュアル系農業人も増えているとか、いないとか。科学的なことを追求する面白さと、非科学的なもののおもしろさ。両方好きです。すべては宇宙の采配/東邦出版¥799Amazon.co.jp

      29
      テーマ:
  • 06 Sep
  • 02 Sep
    • 手を洗うことがなんで大切かという話

      さて、今年は薬の効かないノロウイルスが流行しそうだそうです。ノロに限らず、ありとあらゆる病気の予防は「手洗い」から! って言われるけれど、ちゃんと手、洗っていますか?私は、教えてもらうまでは、あんまりちゃんと洗っていませんでした。しかーし!!!世のなかには菌というものがたくさんいて、なんと、自分の身体から排泄したものですら、出てしまったら(自分にも)アウトなものになる!?ってこと、知ってました? 大腸菌とか、いろいろな菌ですよ、菌。洗剤とか衛生管理の大手メーカーのKさんに会うと、ついつい「手洗い」の話で盛り上がってしまうんですが、昨日も、盛り上がりました。まず。手で、一番汚いのが、利き手の親指の甲のあたりと、親指、人差し指の爪、なんだそうです。なので、手を洗うときには、利き手をしっかりと洗う。当然、爪もね。あと、手の甲に、反対側の手を乗せて、指のあいだに指を入れて、ごしごしと洗う。いわゆる「指の股」を洗うわけです。手首も忘れずに。一節には「ハッピーバースデー」の曲を2回歌うとよいとのことです。そのくらい、念入りに洗うと、菌が死ぬ。のではなくて、手の脂や汚れとともに「流れる」らしいですよ。菌が口に入る原因は「手」なので、手の洗浄がとにかく基本中の基本。それから「マスク」は何でするかっていうと、「自分の手で、自分の鼻や口を触らないため」なんですって!!!知ってました?鼻の下のあたり(ヒゲみたい)、一番菌がつきやすくて、そこに菌がくっつくと感染しやすいんだそうです。なので、食品工場などはマスクをするんだそうです。なるほどねー。というような食品衛生の話も、ジョジョに勉強していく「農×食×女子」のネットワークがたちあがりますよ。9月28日には飯田橋でシンポジウムがあります。https://www.facebook.com/events/460928820755432/

      32
      テーマ:
  • 01 Sep
    • 明日やれることは今日やらなくてもいいんじゃない?

      世のなか、きちんきちんとした人たちががんばっているおかげで、社会がちゃんとまわっています。ルールや規則や決まりごとを守って、スケジュール管理も、机や部屋の掃除もしっかりして、15分ごとにひとつずつ仕事をこなしていく。そんな生活ができれば、パーフェクト!ですよねえ。がんばることは大切だし、チャレンジすることも大切。だから、最初から「そんなの無理」って思わずに、できないことこそ、やってみるべきだと思います。が、私、若いころに、相当仕事しましたから、もう、よいですね。トシをとるっていうことは、「いいかげんに暮らす」ということが許されるってことじゃないかと思うに至りました。若いころは、寝ないで仕事をしていました(あ、いまでも、ときどき徹夜しちゃうんですが)「今日中にやらなくちゃ!」って、毎日、焦ってたりもしました。が、いまは、「今日はもう寝ちゃおう」って、寝れるようになりました。明日やれることは今日やらない。今日は今日。明日は明日。でもね。そういうふうに開き直れるのは「大人」の特権かもしれず。若いころは、がしがし働くべしです。死なない程度にがんばってみると、あとあと、思い返したときに、「ああ、自分て、偉かったなあ」って、自信につながることがあると思うんですよね。みんな、「いま」のことしか考えてないかもしれないけれど、時がたって、年をとってから、わかる自分の人生っていうのもあるんです。それもなかなか、おもしろいものです。 ブログネタ:「明日やる」本当にやる?

      21
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

このブログの読者

読者数: 1,310

読者になる

旧ランキング

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。