創業・起業のアドバイスやコンサルをする人はたくさんいるけれど、

会社をクローズさせる相談にのってくれる人は案外いません。


会社の景気が悪くなり、清算しようと弁護士に相談したら「500万円かかる」と言われて、

そのまま夜逃げしてしまったという人もいるし、

どうしようもなくなって夜逃げして、沖縄でこっそり起業した、という人もいます。


私は、会社を倒産させたり、清算させたりした「元社長」50人くらいに

インタビューをしたことがあります。


そのなかで、一番記憶に残っていることは、

「借金を作りたくて社長になるヤツなんかいない」と言った人の言葉です。


そう。起業は、大儲けはしなくとも、こつこつと仕事をしていく、くらいのことはしたいと、
誰しもが考え、始めるのであって、
よもや不景気になり、赤字や借金を抱え、金策に苦労するとは想像だにしないはず。

でも実際は、いいことばかりではなくて、そんなこともあるんですよね。

「このままでは赤字がどんどん増えていく。どうしたらいいんだろう」

「会社を休眠するにはどうしたらいいんだろう」

「休眠すると、どんなことが起こるんだろう?」

「会社を整理するにはどうしたらいいんだろう?」

そんな相談が増えてきました。


弁護士や税理士では「法律にのっとったこと」しかアドバイスできません。

でも、もうお金もないし、どうしたらいいかわからないという状態の人に、

お金がかかることや、「法律的に正しい方法」なんかは無理無理、ってこともあります。


困ったときには相談にのります。

ただし、私も仕事なので、アドバイス料はいただいています。

会社の終わらせ方が1冊でわかる! 会社整理・清算・売却・合併・分割マニュアル (「小さな会社」.../すばる舎

¥3,675
Amazon.co.jp

AD