人生は、生きていく長さだけ、相対的に短くなる。

つまり、20歳の人の5年前(15歳)と、
30歳の人の5年前(25歳)、
40歳の5年前(35歳)では、同じ5年でも「5年の質」が違います。

私はいま57歳ですから、5年前は52歳。

52歳の私に、57歳の私が伝えるべきメッセージはさほどなくて、
この5年間というのは、20代でいえば1年分にもならないくらいだと思います。
なので、あえてなにかメッセージをと言われたら、
「モノを持たず、身ぎれいにする努力をしていきなさい」ということくらいでしょう。

でももし25歳の私が、20歳の私にメッセージを送るなら、

「子供を産みなさい」

ということです。

20代はまだ身体も、親も元気で、たとえ相手がいようといまいと、子供を作って産む力があります。
「子供を産むか、産まないか」という選択ができる年代でもあります。

でも、40代になったら、欲しくても、もう手に入らない。
ましてや、50代になればむろん。

うちには、8歳になる猫がいますが、
それだって、考えてみれば私が49歳のときに偶然拾って育てることになったとはいえ、
もしいま、57歳であったら、育てられるでしょうか。
猫が20歳まで生きるとしたら、私は77歳です。
まあ、なんとか育てていける年齢ではありますが、猫が病気になったら面倒をみることができるでしょうか。
49歳のときに拾って、よかったな、と思いますし、
この猫が他界したときにはたぶん、次には猫は飼えないでしょう。

人間には「年齢制限」があるということです。

「5年前にさかのぼって」と考えるときに、
その「5年間」の密度を考え、
若い時には充実した、若いときにしかできない冒険とチャレンジ、子育てを!

そして、熟した年齢になったら、
ゆったりとたゆたう人生を過ごすのがよいのではないでしょうか。

5年前の自分に10文字だけメッセージを送れるとしたら何て送る? ブログネタ:5年前の自分に10文字だけメッセージを送れるとしたら何て送る?



AD