今日は、近所の交番で、iPhoneの遺失届を書いてきました。

iPhoneから私のもう1台の携帯に、2度にわたってワンギリがあったことからすると、
誰かが所持していることはあきらかなのですが、
その人が窃盗したかどうかという確証がないということから、盗難届ではなく遺失届となりました。

警視庁によると、遺失物の総額は、年間75億円にもなるそうです!

この表によると、携帯電話は遺失届が発見数より上回っているということ?
やはり、見つからないんでしょうか(涙)

$自分に素直に生きていこう!

auのiPhoneはソフトバンクの下取りには出せないので拾ってもあまりメリットがない、
という話もありますが、
秋葉原あたりに行くと売買できる、という情報も。。。

ダメもとで、警視庁の「落し物検索」もやってみましたが、案の定、見つかりません(笑)
って、笑ってる場合じゃないんですが。

もうあきらめて、機種変更しかないけど、新しい携帯を買うのはつらい(だって、iPhoneの残金だって払わなくちゃいけないのに!)とうじうじしていたときに、

よもや「もう、いらない」とか、「余っている」というau携帯を持っている人がいるのではないかしら!?

と、思ったんですね、私。

そこで、ちょっと泣きながらつぶやいてみたら!!!

奇特な友人が、使っていない携帯をくださるというご連絡!!! ありがたいー!!!

暗いニュースのなかにも、嬉しいニュースあり、です。

ちょっと安心? 凹み気分がやや上向きになりました。ありがとうございます。
AD