• 30 Aug
    • 8月28日はかなりのハイブリッドな勉強会でした。

      遅ればせながら、8月28日の「リーダース勉強会」のご報告。最初は、電脳商会の西澤利治さんによる「ビジネスに役立つヲタク文化」(タイトルが違うかもしれませんが、ご容赦ください)アニメやゲームについてはもちろんのこと、アキバもヲタクも縁がなく、関心もあまりない私。でも、関心がないからこそ、エッセンスを知りたいと思って、スピーカーをお願いしました。結果、大成功。ヲタク・ビジネスがどのように展開されているか。また、ヲタな人たちの性善説的人間信頼関係によるオープンソース・ビジネス手法などなど、「なるほど~」と、目からウロコな話がたくさんありました。つまり、ヲタな人たちは「好きなものは好き」というスタンスがはっきりしていて、自分たちの世界を発信していくツールを手にした若者たちによって、新しいキャラクターや音楽などがどんどん広がって、世界を作っているということ。権利が、とか、利益が、とか言っているオトナには入っていけない相互理解な世界がある一方、ゲームアニメの登場人物にすでにスポンサーがついるような新たなビジネスモデルなどの紹介もありました。ああ、やっぱり、ヲタクってすごい・・・2番めのスピーカーは、日本酪農乳業協会のMさん(あえて名前を伏せておきます)牛乳・酪農の現状をご説明いただきましたが、「学校給食がない6月は牛乳消費が落ちる=つまり、牛乳は学校で飲むことが多い」なんて、「へーっ」と思う話。ところで「牛乳を飲むな」という意見と、「牛乳を飲め」という意見があるのですが、なんでそうなるのでしょう?という質問を投げかけてみました。牛乳に限らず、「●●をするな」(あるいは●●をしろ)という意見が出るときは、たいてい、なんらかの利権が絡む場合が多く、利権(や権利)を侵害される人たちが反対論争を巻き起こすこともあるのだとか。「牛乳を飲むな」と言っている人たちについては、科学的な論文などの根拠が薄いということも、判断の基準のひとつになるのでは? とのこと。また、牛乳は飲まれるようになってから800年くらいたっているそうで、「本当に身体に悪い」ものであれば、800年のうちに淘汰されているのでは? という考え方もあるのでは? という話も納得。これらはどちらかというと本流の話ではなくて、最後のヨタ話でありましたが、そういう話ばかりが記憶に残りますね。そして、3番目は、カロリーウォークプラスという靴を開発したムーンスターのIさん。ムーンスターこと月星シューズは、なんと創業140年の歴史がある靴やさんなんですって。そういえば、学校の上履きといえば、月星でしたよね。その歴史のなかで、イノベーションを起こすって、どのくらい大変かっていう話は、聴衆のみんながわくわくして聞いていたように思います。また、「ふだん履いているパンプスでウォーキング効果がある」っていうコンセプトも、ありそうでなかったから、すごく魅力的。お試し履きをしたら、みんな、欲しくなっちゃいました。今回の「お土産」は、ムーンスターさんのシューズクリップ。嬉しいお土産つきの勉強会は「リーダス勉強会」だけ、かも?次回は9月24日です。

      2
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 上昇志向の女性にはチャンス到来

      昨日は、女性の情報化研究会で、内閣府の男女共同参画課「仕事と生活の調和推進質」の参事官の方にお話を聞いた。要点として、乱暴に3つあげるとすると、●高齢化社会=女性の労働力が重要。にもかかわらず、妊娠出産で仕事を辞める人が多い●日本は世界のなかで、女性管理職などの比率が低い●まずは行政などから、女性が活動する場を増やす努力をしていこうということだと、私は理解した。確かに、「男女の差はない」という人もいるけれど、まだまだ決定権がある場所は男社会。女性の活動躍進について各党の幹事長が集まって話した会合があったらしいけれど、その写真も当然のように、おっちゃんばっかり。政治経済分野では、これからもっともっと、女性が活躍するチャンスはあるかと思うものの、既得権益にすがっている男性たちがどこまで席を「本気で」譲ろうとするのだろうか、とも思う。政治活動・政党のなかで女性が増えていくのはよいと思うけれど、社内で、女性がキャリアアップするにはどうしたらいいか、ということまでも、国が考えてくれているというのは、手厚いにも程があるような気もしなくもない。先月、ある企業における女性のスキルアップについての取り組みを聞いたときにも、「大企業のOLさんたちは、なんと恵まれたことだろう」と思ったものだが、妊娠・出産・子育てについて、周囲のみんなが、わがことのように心配してくれるだけではなく、その間のメンタルなことから、仕事のキャリアまで、あれこれあれこれと会社が手厚くフォローしてくれるのである。ああ、そんな会社に入れたら、安心して結婚出産子育てが出来るわい、と思うけれど、会社は会社で、実はあんまり嬉しくはないのだという話もあった。社員がぼかぼかと有給やら産休やらをとって、ファミリーサポート制度だのワークライフバランスだのといって休みまくるので、あとのフォローが大変なのだとか。そんなことを聞けば聞くほど、中小企業では無理でしょう、とも思う。ましてや、零細企業やマイクロ企業、自営業だったら、誰もサポートしてくれないので、自分のことは自分でやるしかないじゃない。実は日本は大企業よりも中小零細企業のほうが96%くらいを占めていて、独立自営やフリーランスとなると組織がないから実体がわかっていない。わかっていないから、労働組合もなく、なにも支援が及ばない。内閣府の人に「起業家というのはどうなんでしょう」と聞いたら、「経済産業省に聞いてください」と言われ、「そうまで大きくない、家庭内起業やSOHOはどうでしょう」と聞いたら、「内閣府として、そうした個別なことには(支援や施策は)考えられない」とのこと。独立自営はつらいんだな。結局、頼るものは自分しかない。だからこそ、女性起業家は女性起業家を助けなくちゃいけないと思うんだけれど、小さい仕事をしている人ほど連携が難しい。昨日の会に参加していた、某テレビ局有名番組の名プロデューサー(女性)が、「私は女性に苛められたことはないけれど、助けてもらったのは男性ばかりだった」と言っていた。「できる女性は苛めている暇はないけれど、助ける暇もない」ということなのかしら。閑話休題。話を戻すと、独立自営の人はさておいて、企業のなかで雇用されている女性は、これからどんどんチャンスがある。可能性がある。キャリアアップや、管理職、役員などへの道が開かれていくチャンスが増える、ということだ。「ああ、もう、こんな会社、やめちゃいたい」と思っているOLさんがいたとしたら、たとえすがっても辞めないで、頑張ってのし上がって、自分がやりたいことを実現できる会社にする立場になっていくことだ。会社が応援する。国が応援する。なんとありがたいことではないか!そうやって、地位と権力を身につけた女性が増えた暁には、ぜひ、女性の後輩や仲間を援助し、支援し、協力してほしいと思う。太っ腹で、アネゴ気質な、女親分が、たくさん生まれたら、日本はもっともっと、いい国になるように思う。

      1
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 8月28日 リーダース勉強会のお知らせ

      猛暑が続いていますが、シャキっといきたいものですね。さて、人と知の輪をつなぐ「リーダース勉強会」のお知らせです。●日時 8月28日 午後6時ー9時●場所 有楽町駅前電気ビル北館17階    〒100-0006 東京都千代田区有楽町 1-7-1●会費 3000円(ご自分の飲食物お持ちください)●ゲストスピーカー ① 電脳商会 西澤利治さん「ビジネスに役立つ、アニメ、ゲームなどの映像手法」(仮) ② 日本乳業酪農協会 専務理事 前田浩史さん「日本の牛乳、酪農事情」 ③ 「歩いて痩せる靴の開発秘話~カロリーウォークプラス」   ムーンスターマーケティング戦略室 ブランドマネージャー井村学さん  *女性起業家中心ですが、男性や起業家でない方のご参加も歓迎です。お問い合わせはメッセージか、junco@a-girl.co.jp までどうぞ。主宰:W-SOHOリーダースリンク事務局(株式会社エイガアル内)協力:トーマツベンチャーサポート株式会社

      テーマ:
    • 「女性起業家・リーダー名鑑2」進捗状況

      「女性起業家・リーダー名鑑2」は、参加費をいただき、製作している本です。参加者が集まらないと製作費も集まらないということもあり、だからといって「参加費を出せば誰でも掲載できる」という本にはしたくないということで、プロデューサーとして、私が関心がある方や、仲間になりたい方、一緒に仕事をしたい方にお声をかけて製作しています。8割くらいは面識がある方で、私のこともよくご存知の方々ばかりですが、2割くらいの方はお会いしたことがない方や、遠方の方、地方の方だったりします。いつか会いたい、いつかご一緒に仕事をしてみたい、と思う人たちばかりなので、単なる名鑑とは違って、読みごたえがある本になっています。昨日、やっと校了が終わり・・・ と思ったら、まだ、写真が足りなかったり、原稿が抜けている人がいます。今回の参加者は45名。ひとり4ページなので、写真も(モノクロですが)かなりご紹介できます。製作に時間がかかっていて、参加してくださっているみなさまには本当に申し訳ありません。でも、ちゃんと作っていますので、安心してください。

      テーマ:
    • 「有名人になるということ」と本を作るということ

      勝間和代さんの「有名人になること」を書店で立ち読み読破した。勝間さんは「発言力を持つためには、有名になるしかない」と考え、有名になるためにはベストセラーを出そうと考えた。ベストセラーを出すためには「勝つまでじゃんけん」をし続ければよい、という根性で、出版にチャレンジする。でも、自分の思惑とは違う本が売れて、出版社が頼んだPR会社の力もあり、テレビや雑誌などにどんどん露出していくことになる。なるほど、そういうことですか、というくらい、正直に、かつまーブームを作っていった本人の思惑や感想などが述べられていて、軽く楽しめる本だった。この本で学ぶことといえば、① 勝つまでじゃんけん。(ヒットが出るまで、じゃんけんを続ける)② 有名になる登竜門は書籍である。③ ヒットの影にはPR会社がいる。ということだった。(ほかの人は違うところをあげるかもしれないけれど)私がその昔(書籍を)プロデュースした人は、1冊め(私がプロデュースしたもの)はあまり話題にならなかったけれど、それをきっかけにあちこちに売り込み、とても有名人になった。もうひとりの人は、私が出版企画のアドバイスをしたのち、いろいろな出版社で本を出して、一斉を風靡するくらいのブームメーカーになった。また、私自身の「マイブランドのお取り寄せ」という本のなかで紹介したある田舎の特産物が、その本がきっかけでテレビ局でとりあげられ、これまたブームになり、最後は県の認定特産品にまでなったという大出世物語もある。本(書籍)というのは、有名になる第一歩として有効な手なのだ。「ところで、D社が『本を出してやるから1200万円出せ』って言ってきたんだって」という話を出版プロデューサー関係の知人にしたら、「G舎は600万円て言ってくるそうですよ」ということで、どうもそのへん、ずいぶんと開きがあるけれど、広告やプロモーション費用まで入れるとそのくらいはかかるという営業をしているらしい。私はもうちょっと良心的な出版プロデュースをしているけれど。ところで、昨年からとりかかっている「女性起業家・リーダー名鑑2」ですが、やっと校正が終了しつつあります。が、まだ、写真や原稿が足りない人がいて、催促しまくっているところです。時間がかかってもうしわけありません。でも、すごく面白くなっています。もうちょっとお待ちください。「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)/ディスカヴァー・トゥエンティワン¥1,050Amazon.co.jp

      テーマ:
    • 「生きる悪知恵」と「二塁手論」

      西原理恵子さんの「生きる悪知恵」を読了。「悪知恵」というから、どんなあくどいことかと思えば、しごく真っ当なことばかり書かれていた。最近「しごく真っ当」なことを言う人がいないんじゃないだろうか。仕事や、人間関係や、子育てや、人生や、いろいろなことに悩む人たちの質問に、サイバラさんが応えるメッセージは「生きる力を持て」ということだ。高望みして手が届かないことばかり夢見て嘆いているよりも、今日の生活のために「低いところを狙え」と言ってみたかと思うと、「親が不在時に、異性の家に行かせてはいけない」なんていう、とてもモラリストな面があったり、とにかく子供を作れば子育ては楽しい、というメッセージがあったり。母(あるいは女性)の生命力を感じさせるコメント満載だった。悩みがない人などいないだろうけれど、どう解決するかという助言が欲しい人が増えているのかもしれない。井口資仁さんの「二塁手論」という本は昨日読了したのだけれど、野球に縁も関心もない私には「二塁」という地味なポジションについて知る機会になった。ピッチャーや、ホームランを打つ4番打者にならない生き方に対する決断もすごいことだと思った。ホームランよりも重要なポテンヒットがあるとか、盗塁は一瞬の判断力が必要であるとか、スポーツ選手は頭のキレと判断力が鍛えられているということがよくわかった。昨晩は、井口さんのマネジメントをしている方に、六本木のとても素敵なお店に連れていっていただき、恐ろしく美味しい野菜やお肉、(最後は、フォアグラとトリュフの炊き込みご飯!)を堪能しながら、ビジネスの話で盛り上がり、久々、楽しい時間を過ごした。仕事ができる人とのミーティングは楽しいし、仕事ができる人の考え方や行動は学ぶことがたくさんある。生きることは、決断することだ。生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)/文藝春秋¥840Amazon.co.jp二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション (幻冬舎新書)/幻冬舎¥756Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 11 Aug
    • 不適切な表現が含まれているため、 表示できません。

      アメーバが、いろいろな制約を始めているようです。私のところに届いたメッセージのうち何通かにも、「不適切な表現が含まれているため、表示できません。」となって、読むことができないものがあります。送信者が知人のものも含まれていますので、「不適切な表現」をする人ではないことはわかります。そもそも、メッセージとはプライベートなものではないでしょうか?個人間のメッセージに何が書かれているかをチェックしているとしたら、それはプライバシーの侵害だし、個人情報保護法にも触れるのではないでしょうか?そもそも、いったい何が「不適切な表現」なのか、わかりません。デビ夫人ではないけれど、さすがにこのやり方には腹がたちます。

      1
      テーマ:
  • 06 Aug
    • コーヒーがおいしいと思うチェーン店ランキング

      リーダースの勉強会で、ヤマサ醤油のFさんが、「20代の若者がなぜ、まずい醤油を買うのか」という話をしてくれたのが印象的でした。若い世代は、安いお寿司などについてくる、小さなパックの醤油をよく使う傾向があるけれど、あれは醤油のなかでも一番安く、添加物も多いうえに、酸化している可能性も高く、つまり「まずい」けれど、「まずい」ものを常に食べていると、「まずい」のが通常化してしまって、「わざわざ高いものを買わなくてもいいや」ということになっていくそうです。また、醤油は空気に触れると酸化が進むため、どんどん色が濃くなるのに平行して、香りや味覚も悪くなっていくそうで、そうなると、もともとおいしかった醤油もカタナシです。ということで、ヤマサ醤油の「鮮度の一滴」は、画期的なシーリングのパッケージで、空気が逆流せず、いつまでも新鮮=おいしいお醤油が味わえる、という話でした。さて、話は変わりますが、マイナビで「おいしいコーヒーチェーン店ランキング」というのがあります。http://news.ameba.jp/20120803-303/スタバ、ドトール、タリーズ、って、結局なんてことないランキングですが、私、ふと、上記、ヤマサ醤油さんの話を思い出してしまったんですよね。まずいものをふだん口にしていると、「まずい」と思わずにそれがスタンダードになっちゃうってこと。まあ、おいしい、まずいは好みの問題なので、人それぞれだと思いますが。たくさんあるからおいしいかっていうと、それはどうかなー。私はコーヒーチェーン店でおいしいと思うのは、上島珈琲、椿屋珈琲、星野珈琲・・・ みんな「コーヒー」じゃなくて「珈琲」です。

      2
      テーマ:
    • 詐欺やトラブル、食品問題まで、「困った」ときの駆け込み寺は・・・

      毎月「リーダース勉強会」という勉強会を開催しています。7月のゲストスピーカーは、消費者庁のKさん。そもそも「消費者庁ってなんだっけ?」というところから教えていただいたのですが、消費者庁ができたきっかけは、あの、こんにゃくゼリー事件がきっかけだったんですね。そうそう、そういえば、そんなことがありましたっけ。消費者にとって危険なことや、困ったことは、地方公共団体の消費生活センターが相談窓口となっています。また、独立行政法人国民生活センターは、消費者庁と消費者をつなぐ中核的機関として、苦情相談や研修、商品テストなどを実施しているほか、いろいろな情報発信や注意喚起も行っています。消費者庁はいろいろな消費にまつわるトラブルを1本化し、対策を考えていこうという機関ともいえます。消費者庁が扱うトラブルは多岐に渡りますが、最近流行りの詐欺というと「劇場型」と言われるもので、まず、電話をかけてきて、「投資先を探しているのですが」と、あたかも投資をするような口ぶりで、お金を払わせるというよりも、自分たちが払いたいのだとばかりに話を持ちかけます。そのあと、タイミングよく、立派なパンフレットが届き、届いたのを見計らって、「●●(パンフレットにあった投資案件)について、情報を探している」という電話がかかり、そして、セールスマンが来て、お金を巻き上げていくのだそうです。なんだか詐欺も手間がかかりますね。それから、子供の安心に関する情報を、消費者庁が毎週木曜日に配信しています。主に0歳から、小学校までくらいのお子さんがいるお母さんはチェックするとよいと思います。配信履歴があるページもあります。http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/それから、知っておくとよい情報は「消費者ホットライン」http://www.kokusen.go.jp/map/0570-064-370どこに相談していいかわからないとか、弁護士に相談するほどではないけれど、という程度のことなども、ここへ電話をすると国民生活センターのデータベースに集約されます。ここへ電話すれば問題が解決するわけではありませんが、悪徳な企業やサービスなどについては処分や差し止め請求訴訟の提起に役立てられることもあります。ただし、「国民生活センター」や「消費者ホットライン」を名乗る詐欺もあるそうですので(やれやれ) かかってきた電話はウソだと見抜きましょう。先日、友人から電話があり、そのまた友人がハワイでトラブルにあったので、弁護士を知らないかというんですね。聞いてみると、レンタカーを借りたら、ガイドがついてきて、とんでもない金額をあとから請求されたというので、いったいいくらかというと「340ドルくらい」とのこと。「340ドルの案件では、国際弁護士は動いてはくれないと思う」というと、「お金の問題ではなく、そうしたやりクチが詐欺的で許せない」ということ。そこで、消費者ホットラインを紹介しました。どうなったかは連絡ないのですが、まあ、そういう「憤懣やるかたない」悪徳チックな業者についても、情報は寄せられるとよいのではないかと思います。消費者庁のホームページも、たまにはチェックしてみましょう。http://www.caa.go.jp/食品と放射能についてのQ&Aなど、一読しておいてもよいと思います。

      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 1,310

読者になる

旧ランキング

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。