• 29 Jun
    • 魅力ある話し方、説得力ある話し方

      6月27日「リーダース勉強会」のトリは、総務省のMさん。エリート官僚です。私がMさんとお知り合いになったのは、かれこれ10年近く前で、そのころから(それ以前から?)すでにエリート街道まっしぐらな方です。Mさんにお話しいただいたテーマは、まちづくりについてですが、Mさんが総務省に入られて、どんな部署で、どんなことをされてきたかというプチ歴史は、私はとてもおもしろかったです。地方の町に行って頑張った企業誘致が、その後失敗した理由とか、また逆に、町が元気になっていった成功事例などもお話しいただきました。参考に、今年総務省が発表した資料。「創造的人材の定住・交流促進に向けた事例調査」全国50都市の事例調査のほか、自治体チェックリストもついています。私がMさんにスピーチをお願いしたいな、と思ったのは、Mさんはほーんとうにスピーチが上手なので、学びたいと思ったのです。だから、最初は「女性起業家のためのパワートーク術」みたいな話をしてもらいたいとお願いしたら、「僕はしゃべりの専門家ではないし、本業の話ならいいけれど」というお返事をいただき、そこで、お仕事に関連するお話しをしていただいたという次第。しかし。案の定、スピーチは素晴らしかったです。聞いている人が引き込まれるような話術。声の出し方、間のとり方、笑いやウケのポイント。完璧です。勉強になりました。Mさんのスピーチを聞いた人は、みんな、元気になって、「聞いてよかった!」という、マジックにかかったような高揚感を覚えます。説得力ある力強いスピーチは、これからもお手本にさせていただきたいと思っています。

      テーマ:
    • 和のハーブと、洋のハーブ

      6月27日「リーダース勉強会」では、大正製薬の「密~HISOKA」の試飲もありました。「密~HISOKA」は、大正製薬が伊勢丹と共同開発した、アンチエイジング商品(美容サポート飲料、と、HPには書いてあります)女性が気になる「美容」っていうのは、実は、よくよくよくよく考えていくと、「冷え」や「むくみ」などで、こうしたインナービューティーは漢方の処方が効果的。とはいえ、毎日続けるのはちょっとね~、という人にでも飲める、おいしいデイリードリンクを開発したということです。ポイントとしては、和漢植物(東洋ハーブ)と西洋ハーブなど、十数種類をミックスし、アルコールや砂糖などを一切使わずに創られたということ。「生姜」「蔓苔桃」「西洋梨」「石榴」「西洋梨+ドクダミ」の5種類あって、1本5000円なり。炭酸割り、豆乳割りの試飲をさせてもたいましたが、「生姜」の炭酸割りはおいしいし、大匙1杯程度にもかかわらず、身体がほかほかしてくる実感。早い!大正製薬のオンラインショップでも購入可能です。

      テーマ:
    • 「家を持つ」って、お金をドブに捨てること?

      6月27日「リーダース勉強会」のふたりめのスピーカーは、ドキュメンタリー映画「モバイルハウスのつくりかた」の本田義孝監督。坂口恭平さんという若手建築家が、なんと原価3万円弱で家を建てる、というドキュメンタリーです。こういう映画って、「松嶋×町山 身公開映画を観るTV]チックなノリではないかと思うのですが、そもそもなぜ、私が関心を持ったかというと、これはとてもプライベートな問題と係わっているかもしれないな、ということからでした。私の実家は、そこそこ広い家ではあるのですが、現在は母がひとりで暮らしており、でも、いつかは私も母の面倒を診ることになるかもしれないという覚悟というか、恐怖というか、不安というか、そんなものがあります。また一方で、東京で、法外な家賃をタレ流すように支払い続けていく生活はいかがなものであろうかと心配した弟が「鎌倉に帰ってきたら」と言ってくれたりもしていました。昨年、弟は小さくて壮大な計画を立てました。実家の庭に、4畳半くらいの小屋を建てる、という計画です。ロフトをつければ、ちょっと寝泊りくらいはできるので、そこを仕事場にしたらよい、というのです。私は、結構真剣に考え、考え、考え・・・しかし、いくらなんでも4畳半に荷物は入らないべ。いや、実家に荷物は置くんだよ。納屋を整理して、そこに置けばいいじゃん。いくつかある納屋を整備すれば、そこをカフェにできるよね。などなど、計画は妄想のごとく広がるものの、どうも現実的ではないような気もして、結局のところ、私は渋谷区から世田谷区の「一軒家ふう」で超リーズナブルな小さな住居に引っ越しました。これは将来、鎌倉の4畳半小屋に住むプレ、みたいな感じで、以前住んでいた渋谷のマンションよりは相当小さくコンパクトな住居です。なんて私的背景があったこともあり、坂口さんがテレビで「モバイルハウス」の話をしているのを偶然見たときに、「もしかして、うちの弟って、すごいヤツかもしれない」と思ったりもしたのです。話を戻しますが、本田監督によると、坂口恭平さんは「なぜ、みんな家にお金をかけ、何年もローンを払い続けなくちゃいけないんだろう」ということなど考え、川原のロビンソンクルーソーさん(路上生活をしているおじさん)に手ほどきしてもらいながら、モバイルハウスを作るにいたったのだそうです。映画の内容は、観てみないとわからないよね。でも、なんだか、おもしろそうな気がするので、私は行くつもりでいます。勉強会では予告編を上映。坂口恭平さんは、原発事故があってから、家族と熊本に引っ越して、いまは熊本拠点でがんばっていらっしゃるそうですが、6月30日の渋谷ユーロスペースにはいらっしゃるとのこと。本田監督の話を書かずして終わってしまいましたが、もちろん、30日には監督も来ます。ちょっとだけ、一足お先にチラ観できて、製作話を聴かせていただき、ラッキー気分でした。

      テーマ:
    • ユーミンは歌が下手だから売れなかった!?

      6月27日の「リーダース勉強会」は、遠く青森から来てくださった受講者もいて、大盛況でした。そこで、簡単にご報告をします。最初のスピーカーは、ユーミンを発掘した音楽プロデューサー(現在は知財クリエイター)のNさん。Nさんのビジネスの土台となったことは、有名な作曲家Mさんの運転手をしていたことからだそうです。運転手というのは人脈も広がり、いろいろな話も聞けるので、その経験から始まった人間関係がとても貴重。当時、しょっちゅう「自分が作った」という曲を持ってきていたのが無名時代のユーミン。ところが、「この子は歌が下手だから売れない」というのが周囲のみかただったのだそうです。そこで、ユーミンが作曲して、ほかの歌手に歌わそうということになったなかで「赤いスイートピー」が大ヒット。調べてみると「呉田軽穂」(ユーミンのデビュー当時のペンネーム)の作品はこんなにあるんですね!(リンク)そんなユーミンに目をつけたNさん!ユーミンの曲は次々とヒットしていきました。ところが、松任谷正隆さんとの結婚発表したところ、売上げが激減。そんなことをアーティストに言うわけにもいかない。一方で、ユーミンはライブをするとステージ衣装が1着100万円ほどかかる・・・なんていう大変な時期もあったのだそうです。その後、次々と会社を設立したり、合弁会社を創られたり、パワフルな活動をされたNさん。アーティスト周辺のビジネスや、いろいろなノベルティ開発など、アーティスト・プロデュースについてもお話しくださいました。短い時間でしたが、濃密で、大変貴重なお話だったと思います。

      2
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 6月27日 女性起業家・勉強会のお知らせ(男性も歓迎)

      音楽業界歴40年、歌手ユーミンの発掘者の新田美昭さん、映画監督の本田孝義さん、日本の地域づくり施策を推進している総務省の牧慎太郎さんをゲスト・スピーカーに、「クリエイティブ」をテーマにしたご講演と交流会をいたします。女性起業家中心ですが、男性の参加も歓迎します。 ===========================■■■スピーカーのご紹介■■■ ○総務省のまちづくりについて 牧慎太郎さん 1986年東京大学法学部卒業後、自治省へ入省。奈良県地方課、北九州市企画局調整課長、島根県企業振興課長、北海道財政課長、兵庫県企画県民部長などを歴任し、経済財政諮問会議「日本21世紀ビジョン」専門調査会WG委員も務めた。総務省では地方情報化推進室長、行政管理局管理官などを経て昨年7月から自治行政局地域自立応援課長(現職)趣味は山登り。日本山岳会会員。ホームページ http://www.d3.dion.ne.jp/~maki_sr/ ○知財クリエイティブとビジネス・チャンス 新田美昭さん1972年 アルファ・ミュージック(株)入社。 荒井由実、ガロ、赤い鳥などの著作権管理、森山良子、フィンガーファイブなどのカバー曲の企画やカーペンターズ、キャロル・キングなど、海外アーティストのマーケティングを行う。荒井由実の結婚を機に独立。1977年 ミュージック・アンリミティッド(株)代表取締役になり、松任谷由実、加藤和彦、南佳孝、ムッシュかまやつなどのアーティスト・マネジメントを担当。(株)サンダー音楽、(株)ヤングジャパンの副社長、(株)ファンハウス音楽出版、(株)東急ファンの常務取締役、(有)ビィーハウス、(株)プロダクティブ・コンポーザーズ社長、(株)ホリプロ ライツ&コンテンツ部総合プロデューサー・国際部、大洋音楽などを経て、現在知財クリエイターとして活躍中。 ○映画監督 本田孝義さん6月30日公開の「モバイルハウスの作り方」のご紹介をしてくださいます。ミニ試写あり。http://www.mobilehouse-movie.com/ ○大正製薬さんが伊勢丹と共同開発したエイジレス・ドリンク「密~HISOKA」の試飲あり。http://www.taisho.co.jp/hisoca/============================ 日時 6月27日(水)午後6時開講(午後5時から開場します)・トーマツ・ベンチャーサポート案内(5分程度)・ご講演 牧慎太郎様  新田美昭様  本田隆義監督・参加者自己紹介・名刺交換会・交流タイム 会費 3000円 その他 セミナールームなので飲食はありません。ご自身の分の飲食物はお持ちください。(ビルの地下にコンビニがあります) 会場:有楽町電気ビル・北館 17階セミナールーム(17階へは北館の高層用エレベーターをご利用ください。)住所:東京都千代田区有楽町1-7-1交通:JR山手線 有楽町駅(日比谷口から徒歩1分)有楽町線 有楽町駅   千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅  (A3出口から有楽町駅電気ビル地下1F直結) ★お子様連れもOKです。(保育士の資格保持者の方が参加してくださるかもしれませんが、特に保育施設はありません) 主催:W-SOHOリーダースリンク、トーマツ・ベンチャーサポート株式会社 代表 伊藤淳子 フェイスブック https://www.facebook.com/profile.php?id=609795411

      テーマ:
  • 18 Jun
    • 日本一美味しいサバラン!

      いまのところ、私のなかでは日本一。池尻大橋のMULTEN

      4
      テーマ:
    • お金持ちの秘密

      ここのところ、立て続けに、お金持ちなかたたちにお会いしている。私がお会いするお金持ちなかたは、きちんとしたきれいなビジネスをしているかたばかりなので、ギラギラぎとぎとしたところはなくて、お金持ちというよりは、サクセスピープルというほうがいいかも。共通するところは、仕立てのいいオーダーメイドのシャツをさりげなく、きりりと着こなしているところ。ゴルフも紳士のたしなみのようで、品のいいマイコースを持っているものの、なかなか行く時間がない、という感じ。ロータリークラブに入っていたり、あるいは経営者どおしの交流の場があり、自分たちのビジネスではない社会貢献に積極的。新しいことや改革にも前向き。そして、いつも忙しいけれど、タフ。そんな人たちは、魅力とオーラが半端でさないから、人も集まる。人が集まるということは、情報が集まり、お金も集まるということになる。いい人に会い、いいつきあいをするということが、いい仕事、いい人生につながるということなんだね。

      テーマ:
  • 11 Jun
    • 女性ゼロの地方議会は、全国の4分の1もある、と聞いた夜のこと

      昨晩は、東大駒場にあるファカルティ・ハウスで、勝又みずえさん(農業・全国フェミニスト議員連盟)と三井マリ子さん(女性政策研究者)の講演に行きました。勝又さんは、山口県で農業を営みながら、議員として3回落選した経験の持ち主。それまで女性議員がひとりもいない村で、いろいろな市民活動に係わるなかで「あなたが議員になったら」と言われて立候補してみたら票が21票しか入らなかったとか、それまで議員は誰がなるか決まっていたので、選挙運動すらしなくても、親戚の数で決まっているようなところだったとか、田んぼのまんなかで街頭演説をしたとか、「こんなことをやってみた」そして、「やってみたら、わかった」ということの体験談でした。「地方議会に女性を増やすには」というこの講義で、勝又さんがどんな話をされていたかは、FEM-NEWSというブログにしっかりしたレポートがありました。ごらんください。私は、フェミニズムとか、ジェンダーとか、その方面についてはあまり詳しくないけれど、全国フェミニスト議員連盟というものがあるということだけは知っていました。でも、だからといって、その活動その他に賛同するとかではなくて、おもしろ半分というのが正直なところでした。結論からいえば、元気な勝又さんと男気たっぷりの三井さんというおふたりのパワフル・トークに、「元気な女性でいること」って素敵だという気持ちになり、会場にお集まりの中高年の女性の方々のお元気さに圧倒されて帰ってきた、というところです。日本全国1742市町村の4分の1の議会が女性議員ゼロだそうで、「なんとかしなくちゃ、いけないんじゃないか」っていう問題提起でもあったわけです。私も、ここ何年か、いろいろな省庁関係の委員会や審議会などに参加させていただくと、女性がまだまだ少なく、官僚も男性ばかりだったりします。女性が少ないから、私のようなものでも仕事をいただけるということもあるのかもしれませんが、いろいろな経験を活かした地方自治のために女性が立ち上がることはいいことだと思います。ところで、講演の途中、私は自分へのメモのつもりで、Twitterに書き込みをしていました。正直なところ、私のツイートなんて見ている人などいないだろうと思っていましたので、書き込みも真剣にやっていたわけではありません。しかし、帰宅して、なにげなくPCでTwitterをチェックしたら、何人かの方がリツイートしてくださって・・・ というか、「こんなことを偉そうに言いやがって」っぽい感じだったり、「まだそんなこと、やってるわけ」的な事情通な方であったり、とても心温まるコメントではなかったのですが、私としては、ただただびっくりしてしまい、興奮もしたかもしれません。おひとりおひとりが(たとえネガティブであっても) 私よりもずっとずっと、事情通だったり、情報通だったりして、「ああ、ネットの時代なんだわ」と、妙に関心してしまいました。しかし、Facebookと違い、お互いの関係性が薄いということと、たった140文字ということもあり、言葉のやりとりがどうしてもぞんざいな感じになってしまうのは旧世代だからでしょうか。Twitterは、会ったこともない人から、辛らつな言葉がストレートに届いてしまうこともあるので、ちょっと怖い。ガラスのハートでは砕けそうです。でも、すごく勉強になりました。テニスの試合をしているような感じです(運動が苦手なので、テニスもよくは知りませんが)Twitterを始めてから、初めて、「反応」らしい反応に出会ったともいえます。そして、私は一晩、「女性が少ない場所の意味」とか、「女性が男性多数の場所に行く意義」とか、考えていましたが、結論はまだ見つかっていません。女性議員が少ないことに対して、「議員はプロのスポーツ選手みたいなものだ」というたとえをツイートしてくださった方がいて、「なるほどな」と思いましたが、すぐに「そうじゃないんじゃないかな?」とも思いました。知る人ぞ知るですが、私も、昨年、選挙に出ました。選挙をやってみたかったんです。それも「プロの力を借りないで」案の定落選しましたが、でも、選挙法自体が「プロ仕様」である疑問を感じ、もっとふつうの人が参加できなくてはいけないのではないか、と思いました。(この話はまたの機会に)クオータ制(クオーターではない)についても、勉強してみようと思います。ノルウェーを変えた髭のノラ―男女平等社会はこうしてできた―/明石書店¥1,680Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 10 Jun
    • ちょっと悲しい「危険なじゃがいも」の話

      さて、鎌倉に帰って、じゃがいも堀りをしてきたのですが、弟が作ったじゃがいもは思いのほかよくできていて、ちょっと堀りおこしたたけで、大きなじゃがいものがごろごろと出てきます。大きなじゃがいもだけじゃなくて、小さな、赤ちゃんのこぶしくらいのじゃがいももあるのが、家庭栽培のいいところ。そんな新じゃがですが、ルクエ(もどき)に入れて、レンジでチン!バターをまぶして食べたら、美味しい!・・・はずが、なんだか苦い。苦いけれど、3個くらい、食べてしまいました。気になって、ネットで調べたら、レンジでチンする前に水でさらすといい、と。でも、さらに気になって調べてみたら、「じゃがいもには毒がある」という情報。そうそう、じゃがいもの芽は毒なんですよね、そのくらいは知っています。その、発芽部分に含まれる有毒成分アルカロイド(ソラニンとか)は、芽だけじゃなくて、光が当たったところにもできるのだそうです。しかも!家庭栽培をした場合の未熟なじゃがいもにも多く含まれていることがあるという驚くべき情報!東京都食品安全サイト(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/poteto.html)にあります。がーん!!!>一般的に、不適切な栽培によって緑変し、未成熟で小型のまま収穫されたじゃがいもはアルカロイドの含有量が多いと言われています。だって!!!>苦味やえぐ味がある場合には食べないようにしましょう。あの苦味は、単なるアクではなかったのか!? 疑問ですが、まあ、とりあえずは元気なので、よしとしましょう。選んで小さめのものを食べたのですが、大きめのもののほうがよいということなのですね、きっと。うーん、じゃがいもがちょっと怖くなってしまいました。嫌いになりそうです。困りました。せっかく、掘りたての、ういういしいじゃがいもなのに。じゃがいもの保存は、風とおしのよい冷暗所がよく、蛍光灯でもクロロフィルができてしまう(緑色になると有毒成分ができる)ので、新聞紙などにくるんでおくのもよいようです。残ったじゃがいもはさっそく、新聞紙にくるんで、冷蔵庫の野菜室にいれようと思います。

      4
      テーマ:
    • 「女性は育休とらずに、とっとと辞めてほしい」が25%

      「女性は育休取らずに会社辞めて」 調査結果に波紋広がる「妊娠した女性は、育児休業を取らずに退職して欲しい」と考えている企業が25%にのぼるとした調査結果に..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]最近、30代の首長(市長や区長など)のなかで、育児休暇をとる「男性」が増えていて、賛否両論が出ている。賛成意見は、「上の人がとらないと、下の人もとりにくい」というものもあれば、「男性が育児の大変さや重要さを体験することは重要」というものなどあり、「イクメン」なんていう言葉も増えてきた今日この頃、J-castニュースではずばり、「女性は育休を採らずに会社辞めて」と考える企業が25%もあったとのこと。私自身、かつて女性社員ばかり10人前後雇っていたときは、正直、時限爆弾を抱えているような気持ちだった。優秀な社員であっても、いったいいつ、どんな理由で辞めていくのか。辞めてくれるならまだしも、育児休暇となったら、休みの間に業務をどう補充するのか、復帰してきたときに補充人員はどうなるのか、休みの期間の手当てはどうするのかなどなどなどなど、零細企業は常にひやひやしているわけです。そんな私の会社では、幸い「育休」という人はいなかったけれど、子育て中の人がいたことがあり、「おむかえの時間」だの「学校の行事」だの、なんだかんだと「子供の用事」があるときには早退や休みともなって、戦力として期待したいところだけれど、いなくなったときの穴を考えるととてもじゃないけれど「戦力」にはできなかった、ということがある。いつも質のレベルが低いアメーバニュースらしく、今回も、せっかく面白い情報をひっぱってきておきながら、同僚のOLが「育休をとった人のおかげで、とばっちりを受ける」というひがみ根性を持つのだというような話に落ちているあたりさすがのアメーバニュースだが、まあ、とばっちりを受ける人の気持ちもわからなくもない。大手企業であれば、たとえ育休でなくとも、(病欠であっても)人材も待遇もフォローはできるだろうけれど、中小零細企業にとって、いくら法律で定められているからといって、それを遵守できるだけの企業体力がどこまであるか、という問題。知り合いのなかに、次々と3人の子供を産み、7年間のうち5年間育休をとったというツワモノの女性がいるが、彼女は地方公務員だったかと思う。もし、うちの会社で、7年のうち5年も休まれたら、土下座をして「お願いだから、もう許してください」と辞めていただくしかないところだ。日本の政治のなかで、実は雇用される人たちについては何かと優遇されている。子育て関係では、最近は、ファミりーサポートだの、ワークライフバランスだの、企業側が(国の助成を受けながら)多くの負担を強いられながら、「女性のM字カーブ」(妊娠出産で離職すること)を防ぎなさい、と言われている。そうはいっても、出産前後から小さな子どもを育てながら仕事をしていくというのは、なみたいていのことではないだろうし、だからこそ、「あれもこれも」どちらも100%なんてできっこないんじゃないかとも思う。私が20代のころは、女性は25歳までに結婚するのが常識だった。子供を出産するのは30前、というのも常識だった。だから、20代で仕事を頑張っているときに、仕事をとるか、結婚をとるかということを悩んだり、結婚よりもなによりも「30までに子供を産むとしたら」という逆算をすると、やはり25とか26くらいには結婚していることが望ましいということで、焦りもした。そうして、みごと30代前に結婚、妊娠した人は、「壽退社」であったり、「おめでた退社」をするのが「常識」だった。そうして専業主婦になっていった人たちは不幸だったかというと、そうではないんじゃないか、というのが私の意見で、なぜかというと、子育てのなかではいろいろな社会参加があり、お母さんなりのスキルがあがることで、子育て終了後のお母さんたちは「パート」以外に「起業」の道を選んで歩むケースもあるからだ。私と同年代の人のなかにも、子供の手が離れてから起業して、いまではバリバリの女性社長として頑張っている人が何人もいる。政府は、5月22日に閣僚会議を行い、女性の活動促進について、非公開の会議を行った。そのなかで「女性起業家」について触れられた部分はほとんどないのだけれど、私は、これからもっともっと、女性の起業家が増えていくのではないかと思っている。だって、これだけ不況で雇用不安のなか、企業に頼るにも限界があるし、企業や組織に甘える生き方もほどほどにすべきじゃないかと思う。ところで、育児放棄をするのは、人間と「檻で育てられた動物」だけだという話を聞いたことがある。本能が失われてしまうって、怖いことだと思いませんか?

      テーマ:
  • 09 Jun
    • 人体の不思議を実感した昨日今日

      昨日、実家で梅もぎをしていたとき、左目に木のクズが入ってしまった。ちくちくゴロゴロと痛い。猛烈に涙が出る。目を開けているとちくちくするけれど、涙がぼろぼろと出るから、ゴミもいずれ流れ出るだろうと、たかをくくっていた。夜になり、涙の量が尋常ではなくなった。目薬を注したり、流水で洗ってもみた。でも、原因は見つからず、ゴロゴロ感もちくちく感も増すばかりとなり、楽天的に、ここは寝れば治るだろうと思ったが、そのときの左目は晴れぼったくなり、真っ赤に充血。布団に入ったものの、涙がぼろぼろ出るばかりで、肝心のゴミは出ないばかりか、ちくちくして、寝つけない。しょうがないので、ティッシュで押さえ、ハモネプの再放送を見る。これは感動的で、近年稀ないい企画。閑話休題。そんなこんなで、想像以上につらかった。もうこれは病院に行くしかないと思い、ネットで検索。ネットってすごい!土曜日もやっていて、駅に近い病院があっというまに見つかった。そんなこんなで、今朝もまだ、涙涙涙。もう、このまま失明してさまうのではないかしら、と、頭をよぎる。病院に電話をして確認。ああ、眼帯があればいいのに!手を離すと、壊れた蛇口みたいに涙が出るて、しかもゴロゴロちくちくがたまらないので、左手で、ティッシュで押さえてバスに乗る。かくして、病院到着。「ゴミが入ったんですねー。見せてください。あ、ありましたね」 ゴミはあっさり見つかった。2、3ミリの、まつげみたいなトゲが、上まぶたについていた。  え? 違いますよ、それ。ゴロゴロしてるのはもっと目もとのほうですよ、と思ったけれど、先生は勝ち誇ったように「もう、痛くないはずです」と、ニコニコしている。ええ? そんなばかな! だって、ゆうべ一晩中、痛くて、涙ぼろぼろだったんですよ! しかししかし!ミラクルのように、痛みも、涙も、ピタリと止まった。弛んでいた蛇口をギュッとしめたように、涙は一滴たりとも出ない。自分の身体なのに、自分の知らないシステムがあるようだ。なにはともあれ、左目の異変は治った。みなさんにはご心配おかけしました。 

      2
      テーマ:
  • 04 Jun
  • 03 Jun
    • 被虐待猫が、うちの家族になった!

      マコちゃんです。年齢不詳。でも、10歳以上のおばあちゃん猫です。飼い主が餌をやらないなどの虐待飼育をしていたことから、隣人によって獣医さんに連れてこられ、ケージのなかで1年間暮らしていたとのこと。たまたま、その獣医さんに行ったときに、いろいろな話をしているときに、母の話をしました。私の母は82歳(今年83歳)で、いまは元気にひとり暮らしをしているけれど、ホンネとしては、やはり寂しいらしいのです。特に、ひとりで食事をするのは寂しいと、もらすこともあり、私も最近は時折、畑仕事も兼ねて、実家に帰るようにしていますが、それでも月1-2回がいいところです。かくいう私もひとり暮らしですが、チビタ(猫)が一緒にいるおかげで、ずいぶん楽しい日々を過ごしている。母にも猫がいたらいいのに、と思っていたのですが、いまから子猫を飼っても、母のほうが先に逝ってしまうかもしれず? なんてことも考えなくもなく・・・なんて話を獣医さんにしたら、「おとなしくて、オトナの猫がいいと思うわ。ちょうどいい子がいるのよ!」と、マコちゃんを出してこられたんですね。だっこしてみたら、おとなしいし、軽い! 骨皮スジえもんです。うちのチビタは重いし、むっちりしているのに。かわいそう。顔を見ると、まんまるのおめめがかわいい。かわいいっ!!!決めてしまいました。子猫もいたけれど、マコちゃんを、母のために連れて帰ろうと。昨日早朝、獣医さんのところからマコちゃんをもらいうけ、鎌倉に連れて帰りました。母の反応が心配だったのですが、なんだか嬉しそう。「1週間くらい、お試し飼いでもいいって先生が言っていたから。大変なら、返せるから」と、私が言っても、母は母で、もう、飼うと決めたようでした。「マコちゃん、長生きしてね」なんて言ってましたから。マコちゃんはマコちゃんで、家の隅に自分の居場所を決めて、そこで丸くなっていて動きません。ちょっと落ち着くまでは、出てこなくてもしょうがないでしょうけれど、動かないから安心。今朝は、茹でたチキンをあげたら喜んで食べたりしていたので、母とのコミュニケーションも徐々にとれそうな気配です。(母は、朝の6時ころから「マコちゃん、マコちゃん」とかまっていたほどのお気に入りよう)そんなこんなで、マコちゃんは無事、うちの母の家族となりました。母に、マコちゃんの過去をどこまで話すべきか悩みましたが、正直に、「虐待されていたらしい」というと、「かわいそうに。これから、かわいがってあげなくちゃね」と言うので安心しました。よかった。マコちゃんが死んだら、母ががっかりしないかということも心配でしたが、これまでうちで飼ってきた犬や猫の話をたっぷりとして、母が看取ったときの話や、年をとって病気になっていった子たちの話などなど、しっかりしていたので、たぶん大丈夫でしょう。マコちゃんと母が、ともに長生きしてくれますように。

      4
      テーマ:
    • 関西方面は「住みたい」という理由が見当たらないので、答えはノーコメント

      ブログネタ:大阪、京都、神戸、住むなら?>生まれも育ちも関東なので、関西で暮らすというイメージも、憧れもなし。特に、大阪は市長が好きになれない(し、その市長を選ぶ市民についても理解できないので)いまのところ、日本で一番行きたいと思わないところ、くらいに思っています。(すみません、大阪市のみなさん。単に私の好き嫌いだけの問題です。)「住んでみたい」と考えるには、ついつい「生活」や「仕事」や「環境」などについて、あれこれマジメに考えてしまいますよね。やはり、なまぬるく都会で生活しているという私には、ほどほどに文化があって、ほどほどに都会で、ほどほどに地主さんや商店街ががんばっていて、といういまの町(桜新町)が住みやすい。たぶん、私が住んできた町(桜新町、二子玉川、代官山、渋谷・神泉町・・・)あたりは、どこもネイティブの住民がしっかりいるのにも係わらず、あまり外から来た転勤族っぽい住民には干渉もなく、人との交流があるようでないようなところがあり、それが「ゆる」くて住みやすい理由だったかもしれません。実家のある鎌倉は、なにもなくて、山と畑だけ。でも、ほどほどの趣味農業をやるくらいであれば、まずまずの暮らしができるかもしれないという点では、もしかしたら京都の丹波篠山あたり?などはもっともっとよい感じなのかもしれず。行ったことがないので、想像ができないということもあります。私のイメージでは、京都は歴史があり、鎌倉と親戚みたいなところ。神戸はパンやケーキのおいしいお店があって、横浜と親戚みたいなところ。というようなイメージ。いずれにせよ、「住みたい」というパッションの原点が見当たらりません。突然の転勤、ということもないだろうし、一生関西で暮らすチャンスはないだろうなあ・・・ところで、先日、総務省が全国50都市について、「アーティスト、デザイナーなど創造的人材が行ってみたい・住んでみたいと思う地域の要素を調査した事例」を発表しました。http://www.soumu.go.jp/main_content/000160578.pdfこのデータでは、京都では舞鶴市が紹介されていますが、大阪や神戸は入っておらず。残念ながら、鎌倉市もありませんが、脱工業都市、クリエイティブな都市としては、人的・地域資源が豊富であり、大学・企業・行政などのコラボレーションや支援などが受けやすいなど、いくつかの共通する条件がありそうです。お時間とご関心があったら、ご一読を。

      テーマ:
    • 貧乏になる男、金持ちになる男

      書店で立ち読み。要は、ちまちまケチケチ考えずに、楽天的にでかいことを考えろということ。コツコツ真面目に労働して対価をもらうより、頭脳力で稼ぐこと。お金や金儲け、野心家であることに肯定的であること。などなど。しかし、なぜ、男、なんだろう?女の場合は違いがあるのだろうか?金持ちになる男、貧乏になる男/サンマーク出版¥1,575Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 01 Jun
    • Facebookの株価暴落と最近のアクセスの悪さの関係

      ブログネタ:フェイスブックの株価下落、想定してた? >Facebookの場合、利用者が増えても、広告を見ている人はいない、というデータもあり、企業が広告出稿するメリットがなければ広告収入モデルがなりたたなくなる。Facebookに限らず、ITビジネスはウサンクサイ。「虚業」だと思います。いいか悪いかはさておいて。

      4
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログの読者

読者数: 1,308

読者になる

ランキング

総合ランキング
168367 位
総合月間
158836 位
女子力アップブログ
2658 位
起業・ベンチャー
1482 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。