• 28 Feb
    • これだけは許せないと思うこと

      今日は、他所様のオフィスに居候してノマド・ワーキング中でありますが、茶のみ話で盛り上がったテーマが、「ビジネスでは付き合えるけれど、友達としては付き合えない」という人と、「友達としては付き合えるけど、ビジネスでは付き合いたくない」という人とでは、どちらがよいか、ということ。もちろん、「仕事をする」という大前提では、前者のほうがよいわけで、「そういえば、こういう人とか、ああいう人とか、いるよねえ」「いるいる~」と、まあ、「友達」よりも「ビジネス仲間」を優先したいよねえ、という点で意見が一致。まあ、多少いやなやつでも、仕事ができるなら許してやる、ってことでしょうか。「そうなんだよね。仕事ができるって、重要だよね」では、仕事ができなくても、どこまで許せるか、という話題に。「仕事ができなくても、最低限、締め切りは守ってほしい」「いや、締め切りは守れないこともあるから、それはしょうがないとして、最低限、報告と連絡、でしょう」「ああ、そういえば、『ほうれんそう』、食べない人がいるんですよねえ」「いますねえ。ポパイの敵ですなあ」報告、連絡、相談、なんていうのはビジネス1年生が学ぶこと、なんですけどね。

      テーマ:
    • みなさん、風邪、大丈夫ですか?

      私は、毎年、秋から冬にかけて、猛烈に忙しくなって、日本各地を飛び回るような出張三昧なシーズンになります。なので、そんなときに風邪をひいたら大変! ドミノ状態で、すべての仕事に支障が出てしまいます。だから、毎年9月くらいから、うがい、手洗い、みかんを食べる、などなど、予防を心がけるわけですが、今月、超ハードスケジュールな時期を越したとたん、気が緩んだのか、風邪をひいてしまいました。もともと喉が弱くて、扁桃腺もあるので、まず、喉に来て、息が出来なくなるくらい痛くなり、そのあと頭痛がして、咳が出て・・・「寝てれば治る」とばかりに2日くらい寝込み、市販の薬でだましてみたのですが、最終的には病院に行って、薬をもらい、なんだかんだと2週間くらい、かかってしまいました。(なんだか、まだ残っているので、油断がならない感じですが)そんなわけで、2月もあっという間に終わりつつあります。風邪は予防が大切、といいますが、みなさんも風邪やインフルエンザ、気をつけてくださいね!

      テーマ:
  • 27 Feb
    • 投稿できません。

      アメブロに投稿できませんっなぜでしょう???ということで、これはテストです。こういうのに限って、投稿できたりして・・・

      2
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 小中学校の留年制度って、どうよ?

      私が小学校1年のときに、なぜか仲良かったSくん。お父さんは有名な作家だったのですが、Sくんは、本人いわく「すごいバカだった」といいます。学校で、先生に「自分の名前を書きなさい」と言われて、何を書いていいかわからなかったので、隣の席にいた私が書いていた「いとうじゅんこ」という名前を書いたくらいバカだった(本人談)とか。Sくんはなんだかいつもすっとんきょうで、ぼうっとしているっぽいところがあったりして、中学のときは、数学の先生に「授業を聞いていない」と激怒された事件もありました。そんなSくんは、いまや中堅企業で部長となり、立派な仕事をしています。それよりも、同志社を出ている、っていうのも、びっくりです。Sくんのように、小学校のときに一般的なことができなくても、賢くなる人はいると思います。一方、先日、九九ができないアイドルの子がテレビに出ていてびっくりしたのですが、九九ができなくてもいまは電卓もあるし、生きていける。ましてや、アイドルとして活躍できるわけです。学力だけが重要なことじゃない!と、私はつくづくと思います。また、学力が低いことによって、いい仕事につけない場合もたくさんあると思います。が、「いい仕事」ばかりにみんなが集中したら、みんながいやがる仕事や困る仕事をやってくれる人たちがいなくなってしまうことだってあるでしょう。そう考えると、小学校や中学校で留年させるくらいなら、どんどん義務教育を終わらせて、やりたい仕事に就けるような専門学校制度を作ったほうがマシではないかと思います。たとえば、盲導犬のトレーナーとか、宮大工とか、工芸品を作る仕事とか、と、思いつきで書いていますけれど、つまり、私たちが知らない仕事っていうのがいっぱいあるはずで、それは頭がいいからできる仕事ばかりではないんじゃないか、ってことを言いたいわけです。そもそも、小学校や中学校で留年したら、絶対に苛められますよね。まず、家庭で、親からいびられることは間違いないでしょう。飛び級ならしも、留年ていうのは、社会的いじめ制度でしかないと思います。私が小学生だったら、飛び級も留年も絶対にいや。でも、そのために、塾に行ったり、毎日、勉強ばかりしなくちゃいけないのもいや。子供は遊ぶのが仕事。って原点を、もっともっと考えるべきだと思う。子供が遊べない社会なんて、おかしくない?

      3
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 遅ればせながら、いまさら「ひかり」開通(^^)

      ここのところ、ブログ更新もままならなかったのには理由がありました。1月中旬に引っ越して、新居に「ひかり」がなかったんです!!!今日、やっと、ひかり開通です。1000ギガです!!!嬉しい!!!「自宅に、光なんかいらないんじゃないの?」という意見もあり、一時は、クロッシィで間に合わせられるか、などとも考えたのですが、私はかなりインターネットを使いこなしているタイプなのだ、と自分で実感するほど、ひかりがないと不便な毎日でありました。今回は、NTTではなくauのひかりで、ついでに、電話とテレビとビデオのサービスもあります。ビデオは旧作なら200円くらいなので、レンタルよりもおトクかも?いや、そんなことよりなにより、「固まらずにネットが使える」ということがどんなにありがたいことか!ここ1ヶ月強、フェイスブックやGメールを使うたびごとに画面が固まり、やってはいけないとわかっていても、パソコンの強制終了をせざるを得ない状況でした。ああ、それも、もう、今日からは心配ないのです。なんて、しあわせ!iphoneがあれば大丈夫、かと思っていたけれど、やはり大丈夫ではありませんでした。私には、パソコンとインターネット(ひかり)が必要でした。ということで、これから、遅れを取り戻すべく、がんばって仕事します。

      1
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 女性起業家のたまごがすごい!

      昨日、都内某所で行われた、女性起業家コンテストの審査員を務めさせていただきました。早朝から、合計20人のプレゼンと質疑応答。みなさん真剣ですから、こちらも気が抜けません。約3倍強の一時審査を通った方たちですから、どなたのプレゼンも素晴らしい。しかも、6分という持ち時間びたり。パワーポイントの資料や、マーケティングのデータなどもすごい。すごいところばかりです。というのも、エントリーしている女性たちは、大学院でビジネスについて学んでいたり、大手企業で責任ある仕事をまかされた経験があったり、タダモノではない人ばかりなのです。日本には、こんなにも優秀な人材がいるのだなあと、改めて感動するとともに、コンテストの評価はどうあれ、みんな、頑張ってほしいと思いました。

      1
      テーマ:
  • 12 Feb
    • うちらしあわせ

      先日、倉敷から上京されたMさんらと会食して、自宅に着いたらMさんから深夜にメールが届いた。なにか忘れ物でもしたかしらと思って、あわてて見たら、「うちら、しあわせだわ~」と書いてある。どうせ、酔っぱらって、気分がよいのだろうと思ったが「しあわせだよ~」と、返信した。すると翌朝、「何かいいことあった?」と、とぼけた返事が来たので、こちらもまた返事を出した。なかみのないメールの何度かのやりとりののち、結論は「うちら、やっばり、しあわせやね~」ということになった。しあわせです。ありがとう。

      テーマ:
  • 10 Feb
    • 東京都のグルメ本

      東京都の伝統野菜や都内の農産物を使っている飲食店のガイドブックを、東京都が作成したそうです。オールカラーで、もちろん、飲食店の取材や写真もある本ですが、1万部も制作して、その費用は60万円とのこと。え? ほんとですか?たったの60万円?どこにあるのかわからないとか、意味がわからないとかいう意見もあるそうですが、私はそれより、制作費のあまりの安さに驚きました。いろいろな意味で、やるせない気持ちです。

      テーマ:
  • 08 Feb
    • 「いばらき食彩フェア」のお知らせ

      第2回『いばらき食彩フェア』のお知らせ【テーマ】フルーツ&ベジタブルフェア  ↓詳細は下記チラシをご参照ください。http://www.farmaidginza.com/uploads/general/02.pdf 【開催日】 平成24年2月23日(木) 13:30~17:00【プログラム】●オープニングセレモニー       13:40~14:00●試食・商談会            14:00~17:00●創作スィーツコンテスト発表     15:00~16:00     ●終了                17:00 出展者〈いちご〉 ステビア農法 あかね研究会………………いちご(やよいひめ、かおりの) 株式会社テクモア…………………………四季成り性いちご(カムイレッド、ティンカーべリー、新品種) 拓実の会……………………………………とちおとめ ハートフルファーム土の香………………とちおとめ、加工用冷凍いちご、加工用冷凍いちごピューレ、乾燥いちご 村田農園……………………………………とちおとめ 有限会社ストロベリーフィールズ………とちおとめ、イチゴジャム、イチゴピューレ、イチゴジェラート 茨城県………………………………………いばらキッス 〈フルーツ&ベジタブル〉 茨城ひたち農業協同組合…………………常陸大黒(生豆、甘納豆) 茨城中央農業協同組合……………………栗 ブルーベリーゆうファーム ブルーベリーサイトウ…ブルーベリー冷凍果実、ブルーベリー加工品(ワイン、ジュース、ジャム、ドライ、ソース、アイスクリーム、パウダー、大福、ようかん)、           ブラックベリー(ドライ、アイスクリーム) 農業生産法人 有限会社ナガタフーズ……………干しいもあすか農園…………………………………キウイフルーツ(農薬・化学肥料不使用) 農業組合法人 たかはぎ高原ふぇるむ… 食用ほおずき冷凍果実、食用ほおずきジャム飯田農園………………・…………………スイートカクテルペッパー(ミニパプリカ) KEK協和園芸開発株式会社………………トマト 武井蓮根農…・・・・・…………………れんこん 農業生産法人 アクト農場………………小松菜、水菜、ルッコラ(生・ソース)、バジル(生・ソース)、トマト 久松農園…………………………………人参、三浦大根、聖護院大根、大浦ごぼう、貯蔵かぼちゃ、かぶ、ほうれん草、じゃがいも、里芋 やぎぬま農園………………………………青パパイヤ(生果,乾燥)青パパイヤ(たれ,ドレッシング)                   那珂パパイヤ生姜シロップ、冷凍青パパイヤ 農家レストラン どんぐりてい…………米粉、各種パウダー ひたち野農業協同組合………………… 米粉卵、小麦(ゆめかおり) 有限会社ネモト お茶の根本園…………緑茶、粉末緑茶、抹茶、国産紅茶 【参加費】   無料!【対象者】   シェフ、料理人、パテシエ、百貨店・通販各バイヤー料理研究家、フードコーディネータ、メディア関係者等【途中入退出】 OK【定員】     300名【会場】  紙パルプ会館2Fフェニックスホール(東京都中央区銀座3-9-11 TEL03-3543-8111) 銀座線「銀座」駅より徒歩2分(A12の出口)http://www.kamipa-kaikan.co.jp/access.html 【主催】 『茨城県』【協力】 『銀座社交料飲協会』『銀座料理飲食業組合連合会』『NPO法人銀座ミツバチプロジェクト』『東京ローカルレストラン』『株式会社食文化』【お申し込み方法】以下の内容をご記入の上、メールまたはファックスでお申し込みください。お電話にてお申し込みも可能です。お申し込みは、2月20日(月)までにお願い致します。●お申し込み先  Email: shibata.takayuki.1223@gmail.comTEL 03-3562-0126FAX 03-3562-0127・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2月20日(月) いばらき食彩フェア1.氏名2.所属(会社名等)3.TEL&FAX4.メールアドレス5.紹介者(所属ML等)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【お問合せ】『いばらき食彩フェア』事務局 有限会社アグリクリエイト(内) 担当:柴田TEL: 03-3562-0126 FAX:03-3562-0127

      テーマ:
  • 03 Feb
    • 「文明の子」

      「爆笑問題」の太田光さんが書いた小説「文明の子」を読みました。冒頭、進化した鳥の国の対話から始まる、SFファンタジー作品です。遠い宇宙を馳せる少年の夢や、手塚治虫作品に登場するような科学者の登場に、高校時代大好きだった、フレドリック・ブラウンを思い出し、そして、空飛ぶクジラと少年たちのアドベンチャー(しかもどこかもの悲しい)は、オースン・スコットカードを思い出し、つまり、私は「文明の子」を読みながら、なぜか高校時代のSFファンタジーが大好きだった文学少女時代へとタイムトリップしてしまったというわけです。太田光さんといえば、NHKの「爆笑学問」という番組でも、毎回鋭い質問を投げかけ、研究者や大学教授などと丁々発止とやりあう頭の回転のよさに驚くのですが、そんな「太田光」的な空気がこの本には満ちあふれていて、ともすれば、「爆笑問題」のネタにならないネタのような、あるいは、ネタからオーバーフローしていく好奇心と、世界に対するギモンの数々を投げかけようとしているかのような、そんなちょっと挑戦的な意図も感じる本です。アンソロジー仕立ての小編が壮大なストーリーになるという小説手法は、まさに(私からすると)SFファンタジーの王道的スタイルなわけですが、そのなかで著者太田光は常に、「なぜ? なんで?」と、答えを探しているようにも感じます。「文明の子」を読んでいるとき、私は、ジョン・アービングの「あの川のほとりで」という、分厚い上下2巻の小説の1巻めを読み始めたところでした。こちらの小説は、美しい春の川辺のような装丁だというのに、いきなり川辺で丸太流しをしている樵たちのなかで流されてしまう少年の話から始まります。延々、丸太流しと、死んでいったであろう少年のことや、樵たちの重苦しくも暗い過去や現実が語られていき、読んでも読んでも「死」の影がつきまとっていきます。(しかも、そのあと、主人公の少年が父の愛人をフライパンで殴り殺してしまうところからが本編になっていくのだから、たまりません)なんだか久しぶりに「がっつりした小説を読みたい」と思ったときに、思わず手にしてしまったのがこの本だったというわけです。そこへ行くと、「文明の子」は1日で読破できてしまいました。文章や、会話の様子などは、正直なところ、荒削りなところもありますが、それよりもなによりも、「太田光は何を考えているのだろう」と思いながら読んでいったのです。そういう意味では、小説として、小説そのものについてのめりこんでいく、というのとは違う読み方をしたのかもしれませんし、やはり、「太田光」という人が、何をしても「光る」ということなのかもしれません。「小説は、自分の脳みそをさらけ出す破廉恥行為」と、ある出版社の文芸編集長が言われたことがありますが、(破廉恥かどうかは別として)脳みその中身をついつい類推したような気になる、そんな1冊でありました。文明の子/太田 光¥1,680Amazon.co.jp

      1
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 紅豚物語

      沖縄で「紅豚」「紅あぐー」というこだわりの豚肉を生産している株式会社がんじゅう。娘さんのしのぶさんがネットショップを担当しています。私は、豚肉は大好きなので、ちょいとこだわりたいのですが、そんな私も太鼓判でオススメのお肉。その秘密が、この2冊の「手書き」の小冊子にあります。「紅豚」「紅あぐー」検索してみてください。初めてのお試しセットを注文すると、この本がもらえます。父と娘の親子愛に感動します!

      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

このブログの読者

読者数: 1,308

読者になる

ランキング

総合ランキング
146854 位
総合月間
158836 位
女子力アップブログ
2357 位
起業・ベンチャー
1351 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。