• 31 May
    • 初めてブログを書いたのはいつ?

      私は、2004年9月が、アメブロ・デビューでした。 そのころは、結構マジメに書いていました(笑) 読み返してみると、 途中で、 父方の祖母が亡くなり、 続いて、母方の祖母が亡くなり、 中越地震や、宮崎の水害や、いろいろな天変地異があり、 そして、 6年の間の ホリエモンや三木谷氏(楽天)の野球チームや放送局の買取合戦があったり、 まあ、いろいろあって、めまぐるしい感じでありました。 一番変わったのは、 そのころ、小学校に入ったばかりだった姪が、 もう、中学生だということです。 チビタも、今年で丸3年たちますが、 ますます甘えん坊です。

      テーマ:
    • 「オカモト」というと・・・

      どんな製品を想像しますか? オカモトというと、やはり、有名なのは・・・ ですよねえ。 でも、 ネットで検索していて、偶然知ったのですが、 オカモトは農業分野でも、いろいろな商品を開発しているんですね! 「オカモト農ビ 」 なるほど~!!!

      テーマ:
    • 注目の検索急上昇ワード「小堺一機」「ブラック企業」「ビューン」・・・

      というのが出ているんですが、 検索しても、ずらずらといろいろ出てくるばかりで、 何が起きていて、 なんで「検索急上昇」なのかわからず ストレスが増しています。 なにか、やり方が違うんでしょうか????

      2
      テーマ:
    • そんなわけで「ライオンキング」を観てきました。

      中学生3人と、「ライオンキング」を観てきました。 思ったより、楽しく、また、劇場もほどほどによいサイズ。 出演者の人たちの歌も演技も素晴らしく、 私は「キャッツ」よりも好き^^ 世間では デジタルなツールや機器やサービスが、 相変わらず話題となっていますが、 世田谷の中学生たちは、携帯電話も持たず、 オシャレなカフェで、日本一高級なパフェを前にしても写真を撮ることもせず、 ごくごくあたりまえな中学生たちと、 アンチデジタルに過ごしました。

      テーマ:
  • 29 May
    • 「ライオンキング」観ましたか?

      明日、「ライオンキング」マニアの「は~ちゃん」(中学1年男子)に連れていってもらいます。このCMを観ると、かなりイケそうな気がします(笑)

      テーマ:
    • ああ、たいへんっ・・・

      この前、なにかの番組でやっていたのだけれど、 夜ごはんは、午後6時から8時くらいの間に食べないと、 太るんだそうですよ!!! いやだ~ もう、11時じゃないですか!!! 早く帰って、ごはん食べねば。

      テーマ:
    • 宮崎県繁殖農家の娘さんのブログ

      口蹄疫のことを考えると、 もう、本当に、どうしていいのか、わからなくなるのですが、 農家のみなさんのご苦労を思うと・・・ 昨日もローソンで買い物をしたときに、 ささやかな、本当にささやかな、募金をさせていただきました。 月曜日には、うちの近所にある宮崎の飲食店「ひしゅうや」で、 大学生のサークルのみなさんが集まって、 口蹄疫について学び、宮崎のものを食べるチャリティーイベントをやるようです。 アメブロには、繁殖農家の娘さんが、ブログを書いています。→ ここ いろいろな憤りを感じながらも、いくつか前のブログには、 繁殖農家の日常を紹介してくださっていて、 おだやかなりし頃の日常を感じさせてくれる内容が また、なんだか、つらい気持ちになります。 こんなときに、政府要人の人たちの心無い対応や態度には腹がたちます。 それぞれが大変なときにこそ、 発言や態度に、いつも以上に心配りをしないといけないなあと思います。

      テーマ:
  • 28 May
    • 仕分けと、反対運動について

      「女性と仕事の未来館」 が、みごと事業仕分けにひっかかり、 存続を求める署名運動が始まったということを 私のブログ でも紹介している。 「事業仕分け」について、 テレビなどで見ている限りでは、 実にくだらない、ちまちました、些細なことをとりあげていて、 たとえば、コピーが1枚50円だ、80円だ、なんていうことよりも、 出勤しない理事長の給料のほうがよほど問題ではないかと思うし、 「事業を仕分け」するのではなくて、 「事業の内容」を仕分けしなくてはいけないのだけれど、 いったい、何をもって、仕分けしているのか、 よくわからないことも多いように感じていた。 「女性と仕事の未来館」についての配布資料 を見ると、 この施設のあるべき姿が見えてくるが、 問題はやはり、 官庁天下りOBが多すぎるということだ。 「嘱託」職員までいるというのがいかんせん、NGだと思うが、 その人たちがどんな仕事をしているのかという内容がわからなくて、 単純に「天下り」というところだけ非難してはいけない。 とはいえ、 実際に館を利用した際に、威張りまくる職員がいたことは事実だし、 融通のきかなさは、天下りと思しきシニアの男性職員に多いと感じる。 事業仕分けのなかで、 「こんな内容のセミナーや展示が必要か」と、 まったく、どうでもいい、重箱のスミをつつくようなことをあげつらっていたけれど、 そんなことよりもなによりも重要なことは、 「稼動率」と「集客率」であり、そのための「企画」と「プロモーション」だ。 「廃止が決定」となっているものの、 よくよく見ると、「女性労働協会 」についての「女性と仕事総合支援事業(受託事業)」についてであり、 この仕分けが、この組織についてなのか、この事業についてなのかよくわからず、 「廃止」となった場合も、女性労働協会が(同じように)施設管理をするのか(それはないだろうけれど)、 あるいは、労働協会がNGで、受託先を公募するのか(で、パソナとかリクルートみたいな企業が、ハイエナみたいに採用されるのか) それすらもよくわからない「廃止」宣言だ。 女性労働協会は、未来館の運営のほかにもいくつか事業があり、 それらの事業については(いまのところ) おとがめはないらしい。 と、庶民にはまだまだわけがわからない「事業仕分け」 そもそも、なんで「レンポウ」さんが、あんなにエラそうにしているのかということが理解できないのだけれど。

      テーマ:
    • 歯磨きでダイエット

      ブログネタ:教えて!あなたの歯みがきタイム あるころから、 オフィスの女子トイレに昼時に入ると、 OLさんたちが狂ったように歯を磨いているシーンに遭遇するようになった。 居酒屋さんなどに、 ガムシロップのような容器に入ったぶくぶく(マウスウォッシュ)が置いてあるところもある。 焼肉屋さんで、使い捨ての歯ブラシがあるところも知っているけれど、 便利というか、非エコというか・・・ 歯医者さんによれば、 歯磨き粉をつけないか、あるいはすごく少しで、 泡をたてるより、歯茎のブラッシングをしたほうがいいといいます。 歯間ブラシも歯茎の刺激になってよいのだそうです。 それから、 歯みがきでダイエット、というのはよくある話ですが、 最近は、「ダイエット用歯磨きペースト」も販売しています。 強烈なミント味で、食後のさっぱり感が増すのだとか。 私は、疲れると歯茎が腫れるという持病(?)があり、 お医者さんの指導で、歯間ブラシをして、歯磨きして、ぶくぶく。 朝晩10分くらいだけれど、なかなか・・・ね。 歯磨き健康法 お口の掃除で健康・長寿 (アスキー新書 85)/島谷 浩幸 ¥780 Amazon.co.jp

      テーマ:
    • 「女性と仕事の未来館」存続を求める声明

      「女性と仕事総合支援事業(女性と仕事の未来館全事業)」の存続を求める声明 私たちは、今回、行政刷新会議による事業仕分けで提言された「女性と仕事総合支援事業」の廃止の結論は、結局は、働く女性、働きたい女性が健康でかつ、その能力を十分に発揮しようとする意志とその支援を否定しかねないものと考えます。  女性と仕事の未来館(以下「未来館」という。)は、平成12年の開館以来、着実に実績を重ねており、来館者はこの10年間でほぼ倍増し、直接の利用者はもちろんのこと、女性団体等はじめ今後の更なる発展を期待しておりました。  また、全国の女性関連施設等からは、こと労働問題に関しては、全国研修会を通じての人材育成に貢献していることはもとより、女性関連施設、団体からは未来館で実施されている先駆的事業や各種資料等の情報提供が大いに役に立っているとの声を多く聞くところです。  このような現実に対して、事業仕分けの評価者の方々は、一方的な論理展開で結論を出しているように思えてなりません。しかも評価者は女性1人、男性8人という偏った構成で女性問題が判定されました。  これは、所詮我が国における働く女性や働きたい女性が抱える問題に対しての現実認識の乏しさから生じるように思われます。我が国の経済発展には女性の活躍がなくてはならないのです。つまり、「女性の活躍なくして成長なし」の理念に立った行政を強力に推進することが不可欠なのです。 ひるがえって、女性労働者の現実は、女性の半数以上が非正規雇用であり、また、未だ第1子妊娠出産により七割の女性が退職しており、貴重な労働力が失われているのです。また、管理職に占める女性の割合についても先進国のみならず途上国にも劣るという現実を改善することが急務となっています。  私たちは、未来館が果たしている役割、つまり、女性の歩んできた労働の歴史を後世に残すとともに、地道な支援事業を着実に実施していることに期待もしておりますし、また、未来館は女性の職業自立を果たすためのシンボル的な存在でもあるのです。国はこれらの事業をむしろ今後更に充実、発展させるべきであり、廃止はもとより縮小や改悪は断じて許されるものではないと考えます。  このような趣旨を踏まえ、国の責務として女性の職業自立を図るための一層充実した施策を展開する事を望みます。 平成22年5月27日 代表団体 高齢社会をよくする女性の会理事長   樋口 恵子 財団法人女性労働協会会長   渥美 雅子 関係各位 殿 (賛同者) 財団法人日本ユニセフ協会会長 赤松 良子 前千葉県知事 堂本 暁子 日本BPW連合会元会長  平松 昌子 日本女子大学客員教授、ジャーナリスト 福沢 恵子 日本ベンチャー学会事務局長 田村 真理子 ハナマルキャリアコンサルタント代表 上田 晶美 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院院長 中林 正雄 株式会社グロリアコーポレイション社長 有田 恵子 高齢者活躍支援協議会 仁木 賢 高齢社会NGO連携協議会 伊藤 実 高齢社会NGO連携協議会 藤井 衛 株式会社MEGASYSTEM監査役 上野 美佐子 川村学園女子大学教授 永吉 道子 有限会社グリーンベルト 升崎 百合子  堀内 正範 堀内 一恵 NPO2050理事長 北谷 勝秀 NPO2050理事 西内 正彦

      テーマ:
  • 27 May
    • 食の予知・サーベイランス

      フードスペシャリスト協会総会では先生方の熱意が伝わる質疑に対して、協会がもっと動かなくてはいけないと思う一方で、学校も生徒も動かなくてはいけないと思います。松延先生はいま「若い女性と若い男性」について、お話しされています。男がどういう立場に立たされているかということが、女性の立場に反映されている。特に、一般的に、食品産業ほど女性を大事にしていない業界はないのでは、とか。たかだか大学にいた4年で一生養えるなんていえない時代になり、アメリカでは20代後半になり、自分のやりたいことと学問を考え直す。だから職業大学院というのがある。ところが日本ではうまくいかない。まだ本格的に始まっていない。市場拡大ということを考え、学問学識で自分を守っていかなくてはならない。そんななかで、フードスペシャリストの役割りとして、食の安全におけるリスクと危機管理である、というような講義が始まりました。

      テーマ:
    • 松延洋平さんの講演

      これからのわが国の食の安全とフードディフェンス

      テーマ:
    • Twitterは無礼だ

      大学生に「Twitterをやることにどんな意味があるのか」という質問をされ、ネットの牢名主みたいな熟年者たちが、いいことやら、課題やらを指摘したあとで、あらためでアクセスしてみたが、やはりセンスのいい人のフォローはひと味違う。フォロワーは仕方ないとしても、自分の玄関に誰を招くかというあたり、公開しているということは、自分のクローゼットや本棚を覗かれているのと同じではないかと思う。私もセンスあるフォローをしたいものだが、結果として、とてもではないけれど、センスのかけらもない。それはさておき。かつて一時代を築く大きな事業に関わった人がいた。その人のつぶやきに、海外在住の若者がとても失礼なものいいをしていて、なんだか嫌な気分になった。それは、たまたまテレビをつけたときに、大物歌手(にしきのあきらだけれど)が歌っているところを、石橋貴明がからかって途中なのに音楽を止めさせてしまう、という、たわいもないシーン。私は、そうした、先輩をおちょくるような行為や、それを面白がる人は軽蔑する。自分が年を重ね、若者の馬鹿馬鹿しいおちゃらけの材料にされることを考えてみるといい。若いかどうかは別として、人としての尊敬や尊厳を忘れてはいけないと思う。「お笑い」であっても、やっていいことと悪いことがあると思うが、低予算は質の悪い作家しか生み出さないし、それによって質の悪い視聴者を増やしていく。もちろん、いい番組もあり、いいつぶやきもある。何がいいかという判断は人それぞれである。でも、ハメルーンの笛吹にくっついていったネズミのように、大勢が迎合していいことがあるわけはないと思う。亜流でいることについて、改めて考える。

      テーマ:
    • こんな・・・

      ブログネタ:寝る時の格好

      テーマ:
    • 年相応?

      ブログネタ:年上と年下、どっちに見られる? 女性は、一般的には若く見られたいのではないかと思います。 私は、さほど気にするほうではないのですが、 先日、 どう見ても、私よりずっと年上に見える女性の方から、 「あなた、私より、上? 下?」と聞かれ、 年齢を言ったら、 「あら、私より10歳くらい上かと思ったわ」と言われ、 ちょっと、「えーっ!?」と思ったりしました。 実際、 その方は私より10歳くらい年上だったんですが、 まあ、 気が若いのか・・・(笑) 私は、その日によって、若く見えるときもあれば、 やたら老けて見えるときもある・・・ と思う。 老けて見える、というのは、 疲れていたり、実際に年齢を重ねてというのであればいいけれど、 なんとなくだらしなく老けて見えるのはよろしくないと思うものの、 実際は、油断して老けて見える(笑) これは反省です。 ところで。 年齢って、ある程度までいくと、上も下もなくなる感じがしますよね。 たとえば、80才くらいになると、90でも100でも同じように思えるけど、 なってみると違うものなのかなあ・・・ 若く見える人 老けて見える人―加速する老化“早期老化症候群”を防ぐ/河野 和彦 ¥1,260 Amazon.co.jp 50歳を過ぎてもなぜそんなに美しいの?―若く見える「精神美容学」のすすめ/戸田 浄 ¥1,365 Amazon.co.jp

      テーマ:
    • 断然「ソファ」派!

      ブログネタ:布団派、ベッド派、どっち? 私はお布団で寝ているわけですが、 コイツ↓は、ソファ(で寝転がっている私)が好き。 私の胸の上に乗っかって寝るほうが、 お布団より好きなようです。

      テーマ:
  • 26 May
    • COBRAのライブメタル・・・

      昨日突然登場したM氏は、A-Girlの華々しい過去のパーティーの数々について、 大絶賛してくれたことは、先のブログにも書いたのですが、 A-Girlのパーティーといえば、寺沢武一先生 のパーティーでもあり、 というか、そのものでありました。 「一度、子供を連れていったことがあるんだけれど、 そこ子供も、今年10歳になりましたよ。 うちの子供も、『コブラ』は大好きです」 10歳のファンがいるというのも、ありがたいことです。 そんなロングセラーなキャラクター「コブラ」 根強いファンのために、 限定商品がこっそりと(?)販売されていますが、 この夏限定のお勧め商品はこれ。 ライブメタル仕様の、オールチタン・サングラスです。 紫外線透過率1%以下のUVカット プラスチックレンズ、 スワロフスキー製キュービックジルコニア埋め込み仕様。 サングラスの名産地、福井県鯖江市で製造。 限定200セットには、こんなプレゼントもついております。 ところで、 鯖江市といえば、メガネの生産では全国の95%のシェアがあります。 「めがねスタイル 」というサイトに紹介されている記事によると、 日露戦争が終わった、明治38年ころに豪農の長男として生まれた増永五左エ門さんが 村の経済発展を考え、眼鏡づくりを始めたのだそうです。 そんな寒村生まれの眼鏡もいまでは世界一の品質とデザインに。 増永さんの思いが実ったということですね。 コブラのオリジナル・サングラスは、寺沢武一公式サイト で購入できます。

      テーマ:
    • 「まねる」ことと「ぱくる」こと

      みのわあいさんのブログ に、 「まねる」ことと「ぱくる」ことについての 講演の話が紹介されています。 私も、 もともと編集の仕事をしていたときに、 やっていたことは、 「模倣」です。 ただし。 私がやっていた方法は、 たとえば、 冷蔵庫の記事を持ってきて、 ファッションの記事を作る、とか、 オーディオのページを見て、 スイーツの記事を考える、とか、 模倣、といえるかどうかわかりませんが、 手法を、まったく別のシーンに持っていくということです。 「パクる」ということについては、 たとえば、人のアイデアをそのままいただく、 というのは、自分自身のプライドとかアイデンティティの問題で、 一般的には、「はじめて」のことをやる人よりも「2番手」が儲かる、といわれるように、 儲けるために、先駆者のやったことを見て、改善して、自分のものにしていく、 ということは、ある意味では正しいかもしれませんが、 私としては、やはり、「誰もやったことがない」ということをやることが楽しく、 必然的に、儲けは2の次となります。 「儲からなくてはビジネスではない」とも思いますが、 「ビジネスにならなくても、自己満足でいい」という考え方は、職人芸的、研究者的で、捨て切れません。 私は、人の真似をして儲けるよりは、 人を儲けさせてあげるものを考えていきたいなあと思いますが、 それでも、先人たちの知恵や知識、アイデアは、真似や模倣、参考にすることはたくさんあり、 それらの組み合わせやコーディネートも、センスや才能によるなあと思います。 模倣と創造 増補版―科学・教育における研究の作法/板倉 聖宣 ¥2,039 Amazon.co.jp 日本文化の模倣と創造―オリジナリティとは何か (角川選書)/山田 奨治 ¥1,680 Amazon.co.jp

      2
      テーマ:
    • 「Japanブランド育成支援事業」

      112件の応募があり、66件が採択。 結果はこちら 。 地方の中小企業の海外展開を支援するという事業。 気持ちはわかるけれど、 支援したところで、どうにもならないような事業が多いのでは? という気になります。 「本当に、海外展開する必要があるのだろうか?」と思うものもなかにはあり、 「厳正な審査」の難しさを感じます。 そもそも、役所(官公庁)には、ものの真価を判断できる人や基準があるとは思えず、 観る目がない人たちが「ブランド」を作り、支援する、というのも、 無理があるのではないでしょうか。 役所としての支援は、ないよりあったほうがいいと思いますが、 どういった形であるべきなのか、ということは、 皆で考え、是正していかなくてはいけないと思います。

      3
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

このブログの読者

読者数: 1,310

読者になる

旧ランキング

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。