本屋さんに行って、
目についてしまったので、
買ってしまいました。
内田春菊さんのあとがきに、
離婚して、仕事をしながら、いろいろなことに悶々としているときのことが書いてあって、
エンディングのことを考えると泣いて、
泣きながらエンディングを描いた、っていうようなことが書いてありました。

あまりにも悲しい話で、
切なすぎるのですが、
とても女を感じる作品だと思います。

改訂版 南くんの恋人/内田 春菊
¥720
Amazon.co.jp

AD