• 30 Jan
    • 「うちは生協だから安心」

      「私は、商品知識がないから、デパートで買っている」という 高齢のマダムがいた。 その方は「デパートで売っているものは(絶対)安心」と 全面的信頼をしているのだそうだ。 同様に、 「私は安心・安全な食にこだわりたいから」という理由で、 CO-OP(生協)を利用する人も少なくない。 食の安心・安全を遂行しているであろうというCO-OPで販売された食品が 中国製の食材であり、 しかも、農薬成分があって、 食べた人が重態になっているとか。 そもそも、 大量に生産され、 大量に流通されるものが、 本当に安心・安全なのかというと、 私はちょっとギモン。 とはいえ、 手作りのものや 地産池消が安全かというと、 それもまたギモンはないわけではない。 本当に安心できるものは、 自給するしかないのかなあ? せめて、 おかずに、練り物や混ぜ物は避けることと、 中国産というよりも、べらぼうに安すぎるものは うたがってかかったほうがよいように思います。 ものごとにはすべて 適正価格というものがあるハズなので。

      テーマ:
    • 消防庁の「消太」?消防団の「消太」?

      消防庁のキャラクターが決定し、 名前も「消太」と言って、 女の子もいるんだそう。 総務省消防庁 http://www.fdma.go.jp/ ところで、「消太」くんといえば、 ひょうごの消防団が全国公募ですでに決定済? http://www.hyogoshoubou.jp/mascot/syouta.htm 商標は誰がとったんでしょうか? 兵庫の消太くんのほうが、仕事してそうな雰囲気です(笑) それとも、 「消太」は、消防キャラとして、著作権フリー? 気になります。 それと。 消防庁って総務省だったんですね。 知りませんでした^^

      テーマ:
  • 29 Jan
    • 単に趣味の問題なんだけど

      そのO野さんは、 転職が決まって、 「もう当分渋谷にも来れないと思うから」 ということで、 なじみのラーメンを食べることになった。 真っ黒な醤油味の 超極太ラーメン。 人気店だそうですが、 私的にはNGでした。 昨年の夏のマイブームは 坦々麺と、 長崎皿うどん。 今年は、野菜たっぷり系か、 豚肉がポイントになりそうな気分<自分的には。 それにしても、 渋谷で「おいしい」と言われているラーメン屋さんの ほとんどは 自分的には「いまいち」が多く、 やはり 納得のいく味に出会うには 情報よりも足が基本www

      1
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 見えない人には、見えない

      ランチを一緒に食べたO野氏によると、 昨晩、 10年ぶりくらいに、 久しぶりに北海道に住むトモダチから 電話がかかってきたのだという。 そのトモダチ(女性)は霊能者で、 いきなり、 「あなたは、過去のオーラの読み方を間違っている」 というのだけれど、 言った本人もなんのことかわからなかったのだとか。 「つまり、俺は、わざわざイバラの道を選ばなくても、 もっと楽して生きていけばいいってことかなあ」とO野氏。 さて。 オーラだの、霊能力だのを信じるかどうかは その人の趣味として、 私は最近「見える人には見えるけれど、 見えない人には見えないものがある」ということを ひしひしと感じている。 たとえば、 仕事においても、 儲かるとか儲からないとかいう以前に、 人としてどうあるべきかということが見えている人は おのずと手法に迷いが少ない。 「結局、 生きるっていうことは、 金持ちや財産じゃなくて、 考え方のセンスの問題じゃない?」と私。 「なるほどねえ」というO野氏。 昨年は、品格、なんていう言葉が流行ったけれど、 考え方のセンスやレベルって、あるね、絶対。

      1
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 安部昭恵さんのブログに「オーヴ」の嵐

      安部元首相夫人、アッキーが 住吉大社に初詣したとき撮影した写真に たくさんの「オーヴ」が! という話をブログで紹介しています。 ホントだ。オーヴだね、たぶん。(違う?) http://www.akie-abe.jp/index.php?ID=94

      1
      テーマ:
    • 「私、まったく同感でして・・・」

      ま、いろいろなご意見がありますが、 私は福田さんの(答弁の)ファンです。 答弁、毎回、楽しみにしてたりします^^ あの、人を食ったような答弁は見習いたいものです。

      テーマ:
  • 19 Jan
    • 教育は何のためにあるのか

      私の周囲には 受験生を持つ親がたくさんいて、 子供と一緒になって 右往左往しているように見える。 子供がいない身としては なんで親がそこまで、と思うけれど、 どうやら 最近の受験は 子供だけじゃなくて 親の問題でもあるらしい。 私は 大学に行っていない。 行かなくてソンしたと思うことは、 キャンパスライフがわからないことと、 大学の同窓生というつながりがないことだが、 それも年をとってくると どうでもよくなってきた。 ただ、 改めて考えると、 もっともっと勉強して、 研究職についていたら もっとおもしろいことができたかな、 と思うこともあるが、 私の頭ではそれも限界があったかもしれない。 ともあれ、 大学には行かなかったけれど、 なんとか生きているし、 就職もできなかったけれど、 それでもなんとか仕事ができている。 「やる気があれば」という人がいる。 それもあると思うけれど、 いよいよもって、どうしようもなくなれば、 自分ができることをやるしかないのではないかと思う。 私は、 学校なんか、行かなくてもいいと思う。 行きたいと思ったとき、 学びたいと思ったときに学べばいい。 日本は、 いつでも、どこでも、 なんでも学ぶチャンスがある。 若いときに、 若いときにしか楽しめない感性を捨ててまで 受験勉強をしなくちゃいけないっていうのは ナンセンスだと思う。 「でも、 親としては 教育くらいはきちんと受けさせたい」 と、 あるキャリアウーマンの女性が言った。 「何のために?」と聞いたら、 「自分が将来、やりたいことをやるために」という。 彼女自身、やりたいことをやって、 そこそこに成功しているように見えるが、 それと、 彼女の学歴と関係あるとは、私には思えない。 「女の子はどうせ、出会う男性によって人生が変わるし」 と、私が言ったら、 彼女は眼を丸くして 「本気でそんなことを考えているの?」と言った。 「女性は、余裕がある暮らしをするのが一番だと思う」と私が言うと、 独立心旺盛な彼女はいたく憤慨しているようだった。 いろいろな考え方があると思うが、 私の理想は、 私がホームステイしていたアメリカの家庭の姿だ。 母親は専業主婦で、 暇な時間をボランティアに費やしていたが、 お金と時間に余裕があるからこそ、 真剣にボランティアや社会貢献活動ができる。 自分の生活もままならないのに、 社会貢献どころじゃないだろうと思う。 受験のために 1泊数万円もする高級ホテルが 例年予約いっぱいになるという。 親ぐるみの受験戦争しか体験してこなかった子供たちが ロクな大人にならないのではないかと 余計な危惧をしてしまうが、 案外 自分に子供がいたら、 人一倍、 教育ママになっていたかもしれないけれど・・・ 人生のなかで 肉体的な「青春」時代はほんのちょっぴりだと思う。 若いときに好きなことをしないなんて、 もったいない。 勉強なんか、 それこそ、 いつでもできるんだもの。

      4
      テーマ:
  • 17 Jan
    • ライトダウン in やっちろ

      私は、数年前から「ライトアップ反対」をひとりで叫んでいたんだけれど、 「反対」っていうのは ネガティブでよくないな、と思っていた。 熊本県八代市の地域SNS[ごろっとやっちろ」で、 「ライトダウン in やっちろ」というイベントが 昨年に続き、今年もあるということを知った。 これは昨年のインフォメーションだと思います。 詳細はメールで問い合わせするとよいと思います。 ====================== 「地球温暖化防止映画 「不都合な真実」上映後、地球温暖化防止を八代から世界へ の参加者を募っています。 地球温暖化防止の実現と、豊かな八代づくり・・・循環型社会の国際モデルをつくる仲間です。 映画 では、850名の方に観ていただき、そのうち、53名の参加、130名のアンケート参加がありました。 今後、循環型社会の国際モデルを築くための念いや行動の参加者や、地球温暖防止活動への学校 や企業、団体等への活動ボランティアも募ってまいります。 お名前、年齢、郵便番号、住所、電話番号、アドレス、 地球温暖化防止への思い、などお書きくださり、下記へメールください 事務局 email dfukuoka-kansha@fukuoka-g.com =======================  

      1
      テーマ:
    • 阪神大震災

      朝、サンフランシスコの知人に仕事関係の電話をしたとたん、 「大変なことになってるけれど、 大丈夫!?」と言われた。 なんのことかわからない私に、 「テレビ、つけてみなよ」 テレビでは、横倒しになった高速道路や 火が燃え盛っている街並みが 延々写しだされていて、 何が起こっているのか、 一瞬、わからなかった。 それから1週間くらい、 脱力して、 何もする気にならず、 (当時はインターネットは一般的ではなかったので) ニフティサーブでいろいろな人とコンタクトした。 妹がファンシー雑貨メーカーに勤めていたので、 淡路島の小学校に キャラクターをプリントした下着を ダンボールひとはこ送った。 あるとき、 震災にあった神戸の印刷会社の人が 「震災マガジン」を発行する、という話を聞いた。 「リセット」というタイトルで、 震災にあった、そのときの会社の様子などが 詳細に書かれている。 崩壊した建物を前に 呆然とする社長。 明日が見えない社員。 瓦礫のなかから使える紙や機材を引っ張り出し、 知り合いのMacを使って 雑誌を作ったという。 私は、 その雑誌を50部だったか、100部だったか購入して、 東京の書店に置いてもらうお手伝いをした。 震災から時間がたつにつれ、 東京の人たちの関心は薄れていた。 私が参加していたあるメーリングリストで、 職場の同僚が被災して、亡くなった人がいた。 そんな情報のなかで、 震災にはまったく関係のない人たちが 能天気な会話をメーリスで交わしていることに憤慨し、 被災地域の人が激昂し、 大喧嘩になった。 「現地を見に来て」と、 何度も現地の人からメールをもらったけれど、 何もできないのに 物見遊山のように行く気にもならず、 気持ちばかりがめいっていた。 明石の友人に電話をしたら、 「うちは大丈夫。心配してくれてありがとう」と 明るい声で安心した。 ところが、話をしていたら、ちっとも明るくなかった。 でも、 「うちは屋根もあるし、水も出るから、シアワセよ」と 彼女は本当に明るく言った。 5月ころになって、 やっと、 重い腰をあげた。 5月になっても、 まだ、屋根にはブルーシートがかかっていたり、 斜めになった建物に人が住んでいたりした。 道路の街路樹は皆ねじれていた。 にもかかわらず、 ちょっと隣の町は なにもなかったように平穏で、 なにひとつ壊れたものがないように見えた。 街を案内してもらいながら、 「私にできることはなんなんだろう」と ただただ、無力感ばかりを感じ、 「リセット」を何度も読み返した。 「東京にいる、私たちができること」 という特集を、「リセット」の2号か、3号かでやらせてもらった。 当事者の話とは 温度も熱意も感動も違うものではあったけれど、 「なにかやれるとしたら」ということについて それぞれが考えていたように思う。 明日はわが身、ということも含めて、 震災時のネットワークについても考える機会だった。 あれからもう、13年。 被災した地域のみなさまや ご不幸にあったみなさまには 心よりお悔やみ申し上げ、 また、 復興や応援が、少しでも力になったことを願います。 これからも みなさま、お元気で、 そして、 私たちも あのときのことを忘れずに 元気で、生きていることに、感謝。

      テーマ:
    • 正月は過ぎたけれど・・・

      ブログネタ:正月メタボ 参加中 先週末は五島に行きました。 五島地鶏の養鶏をしているさざなみ農園さんに ステイさせていただき、 2晩、 飲み食いし放題。 地鶏ごはん、地鶏の煮物はもとより、 五島のお刺身が山ほどあり・・・ 食べきれないよ~ おみやげは、 五島地鶏、五島地鶏の卵。 さざなみ農園さんの野菜。 そして、 五島の無添加のかまぼこや 海の幸いろいろ。 妹は、五島椿の椿油をたくさん買っていました。 (そう、妹も一緒に行ったんです) 余談ですが、 椿油は髪につけるというのが有名な使い方ですが、 フェイスマッサージにもGOODなのだとか。 なるほど~ ナチュラルな成分がよかとです。 ところで。 あんなに飲み食いしたというのに、 心配したほどメタボりませんでした。 地方のナチュラルフードは健康的であります^^ (繊維質もたっぷり!)

      4
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 女の涙が勝敗に!?

      ブログネタ:今年の抱負をどうぞ! 参加中 アメリカの選挙戦、 クリントン候補が逆転した理由は、 「女の涙」で、 女の同情票を得た、のだそうです。 女性(クリントン)と、黒人(マイノリティー)という 弱者が候補になった対決で、 どうなることか期待していたのですが、 やはり、オバマ氏、一歩足らず。 そんなわけで、 今年の抱負に 「女は涙で勝負する」 というのも加えてみては? 必要なときに流す涙は 最大の武器!? にしてもねえ・・・

      2
      テーマ:
  • 04 Jan
    • 福田総理記者会見

      新年の福田総理のご挨拶によると、 今年は 生活者、消費者を重視した、 安心安全な国づくりをするということのようでした。 ではいままで、 生活者や消費者はなんだったんだろう?と、 思ってしまいましたが・・・ 生活しやすい社会になっていったらいいなあと 思います。 正直にがんばっている人が報われ、 肉体労働している人がきちんと評価されるように。

      テーマ:
  • 01 Jan
    • あけまして、おめでとうございます

      ブログネタ:お世話になったあの人に一言 参加中 新年早々に、お年賀状ありがとうございます。 今年もよろしくお願いします。 ところで、 2007年を振り返ると、 一番お世話になったのは・・・ たぶん、 「困ったときの●頼み」 ばかりさせていただいた●様。 本当にお世話になりました。 今年も、 昨年以上に「●頼み」させていただくやもしれません。 まだ初詣にも行っていないのに こんなところでご挨拶も失礼かと思いますが、 今年もよろしくお願いいたします。 ●様にあわせて、 ●様同様にお世話になったみなさまにも 感謝&今年もよろしくお願いいたします。

      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 1,311

読者になる

旧ランキング

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。