• 29 Apr
    • 「少年ジャンプ」の作品といえば・・・

      みんなのテーマに「歴代の週刊ジャンプのキャラ」というお題があったので、ひとこと。寺沢武一の「スペース・アドベンチャー コブラ」寺沢 武一Cobra―Space adventure (1)初出が1976年くらいだと思うので、アメブロ・ユーザーのなかでは、生まれてない人もいるかも。ちなみに、寺沢は、日本ではじめて、マッキントッシュでオールカラーのマンガを描いた作家、その記念的な作品はこちら↓寺沢 武一Black knight BAT(画像がありませんでした)「週刊」ではなかったけれど、今をときめく、インリン・オブ・ジョイトイが主人公で、エロいシーン満載な作品がこれ↓寺沢 武一新撰組ガンドラゴンシグマ・ポストカードなぜか、ポストカードは販売しているけれど、コミックのほうはないですね???

      1
      テーマ:
    • タダ働き、大賛成派

      私は、若いころ、1年間、タダ働きした経験がある。ヘタに時給なんかもらわなかったから、好きなだけ、思う存分、仕事を「教えて」もらうことができた。仕事を教えてくれるほうも、「こんな仕事じゃ、邪魔だから来るな」なんてスパルタな人もいたから、「なにくそ」と思ったときもあった。でも、教えてもらうんだから、って思えば、お金はいらない。もちろん、お金をもらって、教えてもらえるならもっといいけれど。仕事では、セコい仕事でお金を取るくらいなら、タダでやるほうがいいと思っている。小さい会社や小さい仕事では金額は決めたくない。「儲かったときに、儲かっただけくれればいい」とまあ、こんないいかげんな口約束をしてやる。昔はそのまま、本当にタダ働きになったり、企画をパクられたりすることが多かった。(でも、それでもいいと思ってやっているから、痛くも痒くもない)ところが、あるころから、ちゃんとそれが返ってくるようになった。しかも、いちいち見積もりなんか作らないところのほうが、ちゃんとあとから「やってもらった仕事はこのくらいで」と、こちらが思った以上のリターンとなったりする。そんな仕事のやり方をしていると、だんだん仕事の質が高まってくるから不思議。つまり、小さなお金をケチケチ、せこせこしているようなところとは、結局のところ、金額が大きくなったところで、ケチケチ、せこせこでしか、仕事にならない。とはいえ、余裕がないときはつい、余裕がない仕事ぶりになってしまいがち。そんなときは、何もしないに限る。動けば動くほど赤字になる、という仕事。私は大賛成。だって、きっと、絶対に赤字で終わるわけはないし、それ以上のものが返ってくることは間違いないから。でも、それには「赤字になっても大丈夫」っていう余裕がなくちゃいけない。その余裕っていうのは、もちろん、資金の余裕もあるけれど、それよりもなによりも、キモチの余裕っていうのが大きいように思う。

      1
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 「場」が読めない人

      ある会議に、通称「困ったちゃん」という人がいる。その人の発言は、とてつもなく、ピントが外れているというか、どうでもいい感想をだらだらと述べるのである。しかし、毒にも薬にもならないことしか言わないので、何も支障はないのだけれど、緊張感がある会議のなかでその人が発言すると、「あ~あ、また、始まった・・・」と、いささかうんざりしてしまう人も少なくないはず。そういう人を見ながら、会議で、トンチンカンな発言をしていないか、と、「わが身」を振り返る。先日、その会議に出席している人と飲んで、「困ったちゃん」の発言が話題になった。しかし、「困ったちゃん」がなぜ会議に出席しているのか、という理由も、理解できた。ある議決をしなくてはいけないときに、反論がある人がいたりすると、期間や時間内に会議が終わらないこともある。そんなときに、毒にも薬にもならない発言が入ることで、ある意味、時間稼ぎにもなる。なるほど・・・それはそれで存在意義があるのかぁ、と、思った次第。でも、そんな「どうでもいい存在」として存在するのではなく、「必要な存在」として参加しなくてはねぇ。

      テーマ:
  • 23 Apr
    • 新たな食料・農業・農村基本計画について

      農業、農政はとてもエキサイティングです。以下、農林水産省のホームページ http://www.maff.go.jp/keikaku/20050325/top.htm  より。 ○新たな食料・農業・農村基本計画について  今後の政策推進の指針となる食料・農業・農村基本計画については、食料・農業・農村基本法において、食料・農業・農村をめぐる情勢の変化、施策の効果に関する評価を踏まえ、おおむね5年ごとに見直すこととされています。 この基本計画については、前回策定時(平成12年3月)からおおむね5年が経過すること、また、農業の構造改革の立ち遅れなど危機的な状況が深まってきていることから、平成15年8月、新たな基本計画の策定に向けた作業に着手し、同年12月には、農林水産大臣から、食料・農業・農村政策審議会に対して、このための諮問が行われました。 これを受けて、平成16年1月以降、食料・農業・農村政策審議会企画部会において、約30回にわたる議論がなされ、平成17年3月9日、食料・農業・農村政策審議会から農林水産大臣に対し、答申が出されました。これを受けて、同月25日に新たな「食料・農業・農村基本計画」が閣議決定されました。  今回の基本計画の見直しにおいては、農政を取り巻く情勢の変化を踏まえ、 ・新たな食料自給率目標を設定し、その向上に取り組むこと・食の安全と消費者の信頼を確保すること・担い手の経営に着目した経営安定対策への転換や、担い手への農地の利用集積の促進に取り組むこと・環境保全を重視するとともに、農地・農業用水などの資源を保全する施策を確立すること・農産物の輸出やバイオマスの活用などを促進する「攻めの農政」を展開することなど、政策改革の方向付けがなされるとともに、政策の推進に当たっては、・施策の推進に関する手順、達成目標などを示した工程表を作成すること・政策評価を積極的に活用して施策の効果等を検証することにより的確な工程管理を行うことが明記されています。 今後、本基本計画に基づき、政府一体となって各般の施策に取り組んでいくこととしています。 以下の情報がPDFなどで読めます。時間があるときにぜひ、読んでください。(ここではリンクしていませんので、上記、農林水産省のページからどうぞ) 農林水産大臣談話(平成17年3月25日) 概要(ポイント) 食料・農業・農村基本計画(平成17年3月閣議決定) 食料・農業・農村基本計画工程表 農業構造の展望 農業経営の展望 「21世紀農政の推進について~攻めの農政への転換~」 (平成17年3月22日食料・農業・農村政策推進本部決定) パンフレット 新たな食料・農業・農村基本計画のポイント 私たちの暮らしと新たな農政の方向 元気な地域農業を実現するために 未来を拓く農業・農村の新たな動き 新たな経営安定対策と資源保全政策等のねらいとイメージ 私たちの暮らしと新たな農政の方向

      テーマ:
    • 新たな食料・農業・農村計画

      農業、農政はとてもエキサイティングです。以下、農林水産省のホームページ http://www.maff.go.jp/keikaku/20050325/top.htm  より。○新たな食料・農業・農村基本計画について 今後の政策推進の指針となる食料・農業・農村基本計画については、食料・農業・農村基本法において、食料・農業・農村をめぐる情勢の変化、施策の効果に関する評価を踏まえ、おおむね5年ごとに見直すこととされています。 この基本計画については、前回策定時(平成12年3月)からおおむね5年が経過すること、また、農業の構造改革の立ち遅れなど危機的な状況が深まってきていることから、平成15年8月、新たな基本計画の策定に向けた作業に着手し、同年12月には、農林水産大臣から、食料・農業・農村政策審議会に対して、このための諮問が行われました。 これを受けて、平成16年1月以降、食料・農業・農村政策審議会企画部会において、約30回にわたる議論がなされ、平成17年3月9日、食料・農業・農村政策審議会から農林水産大臣に対し、答申が出されました。これを受けて、同月25日に新たな「食料・農業・農村基本計画」が閣議決定されました。 今回の基本計画の見直しにおいては、農政を取り巻く情勢の変化を踏まえ、・新たな食料自給率目標を設定し、その向上に取り組むこと・食の安全と消費者の信頼を確保すること・担い手の経営に着目した経営安定対策への転換や、担い手への農地の利用集積の促進に取り組むこと・環境保全を重視するとともに、農地・農業用水などの資源を保全する施策を確立すること・農産物の輸出やバイオマスの活用などを促進する「攻めの農政」を展開することなど、政策改革の方向付けがなされるとともに、政策の推進に当たっては、・施策の推進に関する手順、達成目標などを示した工程表を作成すること・政策評価を積極的に活用して施策の効果等を検証することにより的確な工程管理を行うことが明記されています。 今後、本基本計画に基づき、政府一体となって各般の施策に取り組んでいくこととしています。以下の情報がPDFなどで読めます。時間があるときにぜひ、読んでください。(ここではリンクしていませんので、上記、農林水産省のページからどうぞ)農林水産大臣談話(平成17年3月25日) 概要(ポイント) 食料・農業・農村基本計画(平成17年3月閣議決定) 食料・農業・農村基本計画工程表 農業構造の展望 農業経営の展望 「21世紀農政の推進について~攻めの農政への転換~」 (平成17年3月22日食料・農業・農村政策推進本部決定) パンフレット 新たな食料・農業・農村基本計画のポイント 私たちの暮らしと新たな農政の方向 元気な地域農業を実現するために 未来を拓く農業・農村の新たな動き 新たな経営安定対策と資源保全政策等のねらいとイメージ 私たちの暮らしと新たな農政の方向

      テーマ:
  • 22 Apr
    • 自分の胸に聞いてみる

      雑誌の企画の仕事をしていると、なにもないところから、ひょっと、なにか新しいことが生まれてくる、というよりも、いろいろな情報や、先例などを見ながら、自分なりにオリジナリティを出して考える、ということが多かった。「あるある大事典」というテレビ番組で、制作会社のヤラセが話題になったけれど、テレビだって、雑誌だって、「集めて、寄せて、編集して」という作業のなかで、パクったり、パクられたり、ヤラセ記事を作ったり、サクラを使ったり、そんなことは日常茶飯事だ。ある意味、元ネタとなるものや情報などをどのくらい持っているかということが編集者の才能(能力)であるといっても過言ではないかもしれない。でも、そこで、本当に能力がある人は、「そのままパクる」なんて、アシがつくことはしない。昔ならいざ知らず、いまはインターネットもあるので、どこが情報元かなんていうことは、内容によってはわかってしまうし、人の噂だってネットに乗れば早い。じゃあ、バレなければいいかといえば、それは、自分がどう思うか、次第だ。人から聞いた話をそのまま自分のネタにして、のし上がっていった人を何人も見ている。その人たちは、いまも、世間的には「成功」している。(もしかしたら、そんな恥知らずの一番いい例は、ビル・ゲイツかもしれない)「恥知らず」という言葉を、つい使ってしまったけれど、恥だと思うかどうかは、自分が決めることだ。人に指摘されなかったとしても、卑しい行いをいつまでも悔やむようなら、やらないほうがいい。しかし、卑しいとも、恥ずかしいとも思わず、「私はこれでいいのだ」と思い切れるのであれば、どんどんやればいい。自分がやっていることに胸を張れるかどうか。これからの社会は、それがひとつの基準になるのではないだろうか。

      1
      テーマ:
    • 1日に7億使いきる

      爆笑問題の田中さんが、競馬で大穴を当てたのだとか。まあ、人のお金をどうこういうのもなんだけれど、天から降ってきたあぶく銭。これをどう使うかで、オトコをあげるか、さげるか、のチャンス。飲み屋さんで働く女子大生でさえ、「スタッフに10万ずつ配ったらしいけど、なんかねえ」と言ってたくらい、かなり、オトコを下げた。能登だの、三重だの、大地震が起きて間もないときなんだもの。あぶく銭なら、寄付でもしろよと、思ったよ、アタシは。少なくとも、私がマネジャーだったら、全額寄付させる。取材が来ることは間違いないし、「お金の使い道」と聞かれたときに、みんなが「なるほど」と思うような使い方をさせれば、タレントとしての高感度はあがることは間違いない。寄付したり、人にあげたりするというのは、お金がある人よりも、貧しい人のほうが積極的なのだという話もある。何もしなくても1日に7億の収入がある、ビル・ゲイツ。節税のために、財団作ったり、寄付活動したりしているようです。しかし、私としては、 「君子は道を憂えて貧を憂えず」(君子は、道にそむきはしないかということを心配はするが、貧乏などは気にしないものである)という心意気で行きたいものです(そうしかできないけど)

      テーマ:
  • 21 Apr
    • すごくへんな「SAYURI」

      いま、CSで放映中なんですけど、「SAYURI]ひどいですねえ。ひどすぎます。着物の着付けもめちゃくちゃ。髪もメイクもどこの国だっちゃ、ってシロモノ。作法も踊りもめちゃくちゃ。劇中にかかる音楽もひどすぎ。こういうのを「日本人」として、国際舞台で抗議できる人はいないんでしょうか。日本の文化がこの程度の認識か、と思うことと、日本人俳優がハリウッド映画だからといって、よくぞだまってこんな映画に出たものだ、と、呆れ返って観ております。(最後まで観れるかどうか自信ないけど)ポニーキャニオンSAYURI メモワール・ボックス (初回限定生産)もしかして、「ベルバラ」も、フランス人が見たら同様な「怒り」を感じるんでしょうか?(案外喜んだりして)ジェネオン エンタテインメントベルサイユのばら

      テーマ:
  • 20 Apr
    • 赤坂プリンスがなくなった!?

      来週、友人と待ち合わせをしようと思って、赤坂プリンスを検索したら・・・赤坂プリンスがない!?知らないうちに、プリンスホテルは「変わった」とのこと。変わった社長のご挨拶はこちらに>http://www.princehotels.co.jp/company/message.htmlそして、「新聞で伝えられなかったこと」はここ>http://www.princehotels.co.jp/service/info.htmlそれにしても、なんたるこのほーむページはないのでは?利用者のことをぜんぜん考えていない。たとえば、長年親しまれてきた「赤坂プリンス」は「グランドプリンスホテル赤坂」になったらしい。http://www.princehotels.co.jp/akasaka/そんなこと、誰が知ってる?誰も知らねえよ!と、思わず、ガラが悪くなりそう!会社が、買収だのM&Aだのその他いろいろな事情で変化があるのはかまわないが、だからといって、いちいちなんで、長年使われている名称を変えるんだろう。備品だって、いちいち作りなおさなくちゃいけないだろうし、無駄になるばっかりじゃない?それに、なんといっても「赤坂プリンス」の「伝統」ってものがあると思うよ。しかしねえ。ほんとうにわかりにくいホームページ。周辺地図も小さくて、挙句の果てには、「もっと知りたい人は Mapionへ」って。バカじゃない?一流ホテルのホスピタリティ度がぜんぜんない。ああ、なさけなや。最近、なさけないことが多すぎて、ブログのタイトルも「ああ、なさけなや」に変更しようかと思うよ(笑

      1
      テーマ:
    • シロクマに脅迫状

      なんと、人間だけではなく、クマも脅迫される時代になっちゃったようです。写真は、脅迫されたクマのクヌートくん。4月19日、ドイツ・ベルリン動物園で人気のシロクマ「クヌート」に殺害を予告する脅迫状が届いたことが明らかに(2007年 ロイター/Arnd Wiegmann) 04/20 15:47

      テーマ:
    • 学歴(低く)詐称

      高学歴も意味ないじゃ~ん。せっかく大学出てて、しかも公務員になっておいて、何考えているの?以下、時事通信より。学歴詐称、1000人超に=停職1カ月処分の方針-大阪市4月20日14時0分配信 時事通信  大阪市は20日、大卒や短大卒であるにもかかわらず最終学歴を詐称し、受験資格が高卒などに限定された職種で受験して採用された職員が1141人いたと発表した。市はこれらの職員を停職1カ月の処分とする方針。 今回詐称が発覚したのは技能職員924人と行政職員や消防吏員217人。局別では、環境局が193人と最も多く、次いで建設局が155人、教育委員会事務局が148人だった。 

      テーマ:
    • 「夢を実現して、やりたいこをやる」人と、やれない人の違い

      NECが提供している「Wisdom」というサイトには、いろいろな人のコラムがある。そのなかのあるコラムの説明に、世の中には「色んなことを願いながら、欲しながら、何も手に入らず、何にもなれない人」もいます。しかし片方では「自分の夢を実現して、やりたい事をし、欲しいものを手に入れ、なりたい自分になった人」がいます。一体この『差』は何が原因でしょうか?と、書いてあるものがある。著者は、コーチングの会社社長。勝手に引用するのもなんなので、URLくらいは紹介しておこう。http://www.blwisdom.com/pr/empower/08/ (会員にならないと読めないけど)この方によれば、やりたいことを実現させるためには、「Action、Action そして Action」だという。でも、「Action」で実現できるなら、そんな簡単なことはない、と思いませんか?みんな、やりたくて、努力して、じたばたしているのに、うまくいかない。だから、「この人に教えてもらったら何とかなるかなあ」なんて、自信たっぷりなセンセイのところに授業料払って、なんだかその気になる。それがいけないのではなくて、「その気になる」ことも重要。授業料を払うことも重要。でも、それよりももっと前に、「夢」があるから、「努力」して、「活動」したら、成功できるんですか?ってことです。私は、違うと思います。努力しなくても成功している人はたくさんいます。じゃあ、努力しなくても、誰でもが成功できるのか、というと、それも違います。英語で、才能のことを「ギフト」といい。「与えられたもの」という意味です。成功する人は、成功するように、決められています。だから、何をやっても成功する。逆に、成功しない人は、なにをやっても成功しないようになっている。それじゃあ、元も粉もないじゃんと思うかもしれないけれど、それが「決められたルール」なんだから、しょうがない。では、どうするか。無駄な努力はしないことです。自分ができることを、自分で判断して行動する。それだけで、自分に敷かれたレールを歩むことができるわけです。奢る必要もないし、卑下する必要もない。人生なんて、たかだか100年もない。そのとき、そのときの流れに身をまかせていればよいのです。いいことも、悪いことも、忙しいことも、暇なことも、全部、どこか、人類が預かり知らないところで、決められていることなんだから。ね、もっと、気楽に、流されてごらんよ。

      テーマ:
  • 16 Apr
    • 専修大学北上高校野球部解散

      野球にまったく興味のない私にはどうでもいいことだけれど、「裏金」が明らかになることで、あとに続く、なにも罪がない子供たちの夢を壊すのはどうしたものだろう。それにしても、10年以上も、「裏金」というのはどうやって稼いできたんだろう?税金はどうなっているんだろう?(もちろん、渡したほうの)もらったほうも、本来なら贈与税とかがあるはず。ちゃんと確定申告とかしてたんだろうか?聞いた話では、松坂など、高校時代から何億もお金のやりとりがあったのだとか。まったくなあ・・・

      1
      テーマ:
    • 昔の私はどこへ行ったの?

      あるころから、知らないうちに、肥えてきて、もしかしたら、まだ、まにあうかもしれないと、思い始めた今日このごろ・・・昔お気に入りだったスカートが出ていて、「これって、右足の太ももくらいじゃん!」本当に私のだったのかしらん?話題の「ブートキャンプ」買った友人がいますが、なんだか結構キツそう。私は、クローディア・シファーの「下半身」というのを購入したのですが、これが結構なかなかグッジョブです。激しくないけれど、じんわり汗が出る。なんたって999円というリーズナブルなお値段モステキ。Basic Training Bootcamp20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンクローディア・シファー パーフェクトリー・フィット Vol. 1 アッパー・ボディ・ワークアウト20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンクローディア・シファー パーフェクトリー・フィット Vol. 2 ロウアー・ボディ・ワークアウト

      1
      テーマ:
  • 14 Apr
    • インチキ!?「アド街ック天国」

      テレビ東京で放映中の「アド街ック天国」http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/今日のテーマは「宮崎」私は宮崎県人じゃないので、ぜひとも宮崎県人の方の意見を聞きたいところだけれど、観ていて、やっぱり、テレビ局のヤラセというか、リサーチのいいかげんさ、を感じている。たとえば、「宮崎はハニワが産地」という話題。確かに、西都原には考古学博物館があり、古墳がたくさんある。しかし、宮崎は日本で唯一、ハニワが出土しない古墳なのだそうですよ。実は。考古学の知識がない人が、ハニワブームを作ったとか。要は、宮崎県内でも、ハニワについて、詳しく知られていないということ?その証拠に、ハニワ園 http://www.okota.net/tabi/030726/04.htm なんていうのがあって、写真を見ると、ハニワがぼこぼこと並んでいる。そんなものと、西都原考古学博物館とをごっちゃにしちゃ、困りますよ。ねえ?あと、「宮崎の完熟マンゴー」は確かにおいしい。最高です。1個5000円くらいする高級品です。でも、宮崎の完熟マンゴーは6月くらいにしか食べられないはずだって、「完熟」って、数も時期も限られている。スタジオでタレントが食べているマンゴーは「完熟」ではないのでは?ところで。西都原考古学博物館は一見の価値あり、です。じっくりと、ゆっくりと、時間をかけて過ごしたい、私の大大大すきな博物館です。西都原考古学博物館http://saito-muse.pref.miyazaki.jp/home.html

      3
      テーマ:
    • 年に1回、妻に洗濯機を洗ってやる草なぎ剛

      気になるコマーシャルといえば、草なぎ剛のアリエールのCF。「僕は年に1回、妻の誕生日に洗濯機を洗ってあげる」おいおい、洗濯は妻の仕事かい。年に1度どころか、毎月洗えよ、草なぎ。と、毎回、ツッコミする私(笑

      4
      テーマ:
    • No no、ノバトモ~?

      NOVAのCF。会社で部下を怒った上司が、NOVAの教室で「いいすぎちゃってごめんね」とあやまる。部下の答えがノーノー、プリーズ、ウィーアーノバトモと言っているように聞こえるんだけど、「ノーノー、プリーズ」って、何だ?って、気になる。NOVAのCFは、親しみやすさを出そうとしているのかもしれないけれど、素人が、とんでもない発音やむちゃくちゃな文法でスピーチしてたりするのを以前は垂れ流していて、どうも、「あんなところに行くと、この程度しかできない」と思ってしまったのだけれど、それは私だけなのか?回数券を払い戻ししたら、正規料金で清算されたと裁判に持ち込む人がいたが、あのときも、NOVAの生徒のレベルというのを見たおもいだった。それよりもなによりも、NOVAの講師が殺害されたっていうときにさえ、なんのコメントもなく、ふつうにCF流している神経がわからないね、私は。ということで、たぶん、永久に、ノバトモにはなれないとCFを見るたびに思う。CFって、創る人の品性が伝わるね。

      テーマ:
  • 13 Apr
    • 都内で農業体験!?「アグリス成城」期待のオープン

      小田急線成城学園駅に接する場所にこの春、農園がオープンする。約5,000m2・全300区画で、根モノではない野菜づくりが楽しめるのだそう。http://www.agris-seijo.jp/菜園を始めるための講習のほか、フルーツカービングや食育系のユニークな講座もあって、べジーな都会人のオアシスとなりそうな予感。かくいう、私も、先週末、実家鎌倉で、プチ畑いじりをして、畑仕事にやや目覚めつつあります。

      1
      テーマ:
    • 東大合格家庭の食事

      昨日は東大の入学式だったらしい。しかし、東大といえばエリート、という時代はそろそろ終わり、東大を卒業したからといって安泰な人生、とはいかない、というような報道番組を垣間見た。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。私がここ数年お世話になっている官庁関係は東大が多いし、実際、優秀な人がたいへん多い。それはさておき。テレビ番組のなかで、東大合格を果たしたある一家の夕食を紹介していた。ごはんに、ホワイトシチュー。のみ。生活費を切り詰めるために、食事はいつも貧相、じゃなかった、シンプル、だとか・・・ちょっと、これは、びっくりした。ごはん、と、ホワイトシチュー。おかずも、サラダも、漬物も、なにもなし。母親、ちょっと、手を抜いてないか?夜、2児子育て中のワーキングマザー しのちゃんと、30代シングル女性と、3人で、宮崎料理の店「ひしゅうや」に行った。そこで、その「生活費がないから、毎日がこんな食事」といってテレビ取材されていた家庭の話をした。2児の母は、毎日、お弁当づくりがストレスだという。「もし私がストレスで死ぬことがあったら、理由は弁当づくりだと思って」というくらい、毎日の弁当づくりはたいへんだそうだ。(そうだろう)しかも、彼女のうちの弁当は、玄米ごはんに、煮物、佃煮など、茶色系のおかずが多く、高校生の長男に、「もっと、赤とか緑とか、カラフルな弁当にしろ」とリクエストされるけれど、「赤いウインナ-とか着色料とかがいやだし、トマトは子供が嫌いだし、悩む」のだそうだ。そんなストレスたっぷりな弁当づくりに加えて、毎日、食事をつくっていて、それはそれでたいへんなことだ。「でも、ごはんとホワイトシチューってことはないよね?」「ホワイトシチューつくる材料があったら、せめて3品は作るよね」「ごはんと味噌汁って、夕食の基本じゃない?」「うちは、詰め物や佃煮とか、常備菜が2,3品は必ずあるよ」などなど、もりあがった。私は、昔はほとんど外食だった。でも、地域に行って、おいしい手づくりの野菜をいただいたり、めっぽう旨い米をいただくようになってから、「おうちごはん」派になった。ごはん、味噌汁、おかず、のほかに、漬物と梅干が必ずある。(各地で貰うから)戦後、食料難の日本の家庭では、母親たちが「子供たちに、食事だけはまともなものを食べさせたい」と努力したという。しかし、飽食の時代になって、母親たちのなかにはロクな食事も子供に与えなかったり、給食費を払わない家庭もあるなど、アンビリーバブルすぎて、ついていけない。先日、パルシステムの人に聞いたのだけれど、有機野菜を購入しておいて、「虫が食っているから弁償しろ」とか、「魚の骨が、食べたときに喉に刺さったから弁償しろ」という類のクレームが増えていると聞いた。いやはや、なんとももはや・・・賢いお母さんが増えることを望みたいものです。

      テーマ:
  • 12 Apr
    • 渡邊美樹、露出しすぎでは?

      最近、ワタミフードサービスの渡邊美樹社長、マスコミにやたら露出していると思いませんか?あげくの果てには、宮崎の東国原人気に便乗。「和民」で宮崎地鶏を提供すると、これまたワイドショーネタ。なにか魂胆があるのでしょうか。それとも、なにか焦っているのでしょうか。地球上で「ありがとう」をいちばん集める企業になりたいhttp://www.shc-creo.co.jp/webcreo/latest/e20020203.html立派な志はすばらしいですが、「地球上でいちばん」というのは、ちょっと大げさすぎでは?最近、「北の家族」や「庄屋」など、「安くて、まずい」といわれる居酒屋チェーンが企業努力を重ね、味や品質の向上が著しいなか、「和民」はかなりマズいと思います。個人的な意見でしかないのですが、渡邊さんには経営センスはあっても、味覚のセンスはないと思います。が、そんな渡邊さんが新しいメニューを選ぶというテレビのバラエティー番組があるのには正直、ひっくり返りました。石原慎太郎再選についても思ったのですが、もはや、東京にいる人間は、「有名=すごい」という判断しかできないのか・・・それをうまく利用するのも経営手腕なのかもしれませんが、あんなまずい料理で「1000店舗」なんて、冗談じゃないよ、と思うのは、私だけでしょうか。まあ、味のよしあしは好みがありますので、「和民」の味が大好き、という人が大勢いるから、300店舗以上の展開ができているんでしょうけれど・・・

      1
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

このブログの読者

読者数: 1,304

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。