以前、社内会食で若手社員と話している時、結構なイケメン君が
「今の彼女とはマッチングアプリで出会ったんですよ」
とオープンに話しているのを聞いて、なんか時代が変わったなと感じたことがありました。
 その後もマッチングアプリを使っている話は社内でもだいぶ聞きましたが、最近は結婚する人も増えてきて、一昔前にあったネットで出会うことへの気恥ずかしさというか抵抗感はなくなってきたのだと思いました。
 
 ターニングポイントが何だったかというと、やはりスマホではないかと思います。スマホによって、端末もサービスのデザインも、スタイリッシュになってお洒落な場のような印象になったこと、プロフィール写真も皆が自撮りがうまくなったことや誰でも簡単に加工を加えられるようになったことで、参加している人もイケてる感じになりました。また、そのようなスタイフィッシュでイケてる雰囲気の場になったことで、魑魅魍魎の人たちの居心地が悪くなったというのもあると思います。

 弊社グループで3年前から開始しているマッチングアプリ「タップル誕生」が大変好調なこともあり、昨年から本格的にこの分野を注力することになりました。
 先週の決算説明会でも発表しましたが、コンセプトの違う複数の新しいサービスをリリース、または準備しています。
image

「出会いがないんですよ」
 
そう嘆く若手社員の声もたまに聞くことがあるのですが、お年頃の男女だらけと言っても良いサイバーエージェントで働いていて、出会いがないという人がいるくらいなので、全国津々浦々、出会いに困っている人は相当数いるはずで、需要はまだまだ大きいと判断しました。
 少子化対策の一助になればという社会貢献の気持ちもあり、期待に応えられる健全なサービスを世に送り出していきたいです。
 一方で、ネットでの出会いが「出会い系」という呼び方だと、過去に起きた新聞記事に載るような事件、事故の印象を彷彿させてしまいます。
 何か別の呼び方をしたいと色々言葉を考えた結果、当社では「カップリングサービス」と呼ぶことにしました。
 ただこのブログを書きながら、「マッチングアプリ」で普通に良いのではないかとも思いました。合田君、どうでしょう?
 
タップル誕生の合田社長のインタビューを載せた「CyberAgent StartUppers」ブログのリブログも合わせてどうぞ

 
 
 

AD

親や友達は見るのに

テーマ:

 前から不思議に思っていたことがあって、うちの会社が紹介されたテレビ番組や取材された記事など、当社が外部に発信しているものを、社員の親や友達はとても熱心に情報収集してくれます。私のこのブログや他の社員の発信するSNSなどもそうです。

 私も、一児の父となった今では、自分の子供が就職した会社の情報が如何にキラーコンテンツであるかはよく分かります。

 しかしその一方で、なぜか当の本人(社員)は不思議と外に発信された会社の情報には無頓着になりがちです。すでに知っている気がして織り込み済みのような感覚になるのでしょうか。

 入社する前、内定者時代は熱心に情報収集していた人たちも、会社に入ると外から中の情報を集めようとはしません。

 

 しかし、サイバーエージェントももうグループ社員数3000人を超え、展開している事業も広告、メディア、ゲームその他、多岐に渡ります。一つの場所にいて全体を把握するのはなかなか難しいです。

 

 外部のセミナーで講師をしたり、講演を依頼される社員も増えましたが、外の人に教える前に社内の人にも教えてよ、と考えまして、また新たな取り組みを開始しました。

 

 それが先週立て続けに開催された、サイバーエージェントグループのエンジニアが集まる「CyberAgent Engineers Congress」と、クリエイターが集まる「CA Creator's Conference」です。
 

 

1社で中規模のカンファレンスをやったようなものです。

終わった後の懇親会も含めて、部署の垣根を超えた有意義なイベントになったと思います。

 

 

 

ほっておくと社内の情報には無頓着になりやすいので、社内の有名人や他部署の話を聞く機会を意図的に作っていくことは大事なことだと思いました。

同職種の人が横で繋がっていくのも良かったです。

 

当日の様子は、またスーパー推進ズの野島さんのブログも合わせてどうぞ

 


 私は所用で参加できなかったのですが、先週金曜日に「第一回スタートアップJJJ総会」が開催されました。

 うちの社員なら(また似たような社内イベントやってる)と流しそうなネーミングですが、何故これをやることになったか、経緯をお話ししておこうと思います。

 

 昨年あした会議で一気に9社新会社を立ち上げることが決まりました。image

 これに伴い、新たに考えたのがスタートアップJJJ制度です。
 

 売上高3000億円を超える当社の子会社として新規事業を始める場合、資金、人、ノウハウその他の立ち上げるのに当たって有利な面はたくさんあります。

 一方、不利な面もありますが、それは大きく分けて2つあって、1つは同業種の独立系のスタートアップに対して実態が同じかそれ以上であっても注目されにくい点。もう1つは大企業の目線で見ると、例えば伸びている市場で2年で10億円新しく創ったら結構凄いことですが、3000億円の目線から見るとたった0.3%しか寄与してないので社内で力が入らないということになるのです。売上以外のメディアのユーザー数や視聴数といった指標も同様です。

 それらを解決させる方法があした会議で提案されたのですが、まず前者にはスタートアップ子会社の専門広報担当者をつけて、事業や経営者をクローズアップさせる機会を増やすことにしました。結構頑張ってくれていると思います。
 

 そして後者の解決策が今回のスタートアップJJJ総会に繋がるのですが、まず事業の所属を既存事業(CAJJ)と新規事業(JJJ)とに分けることにしましたimage

 

そして、サイバーエージェントの役員会で、その会社を外の会社だとして、我々が丸ごと買収するとしたら幾らなら買うか?という目線で時価総額を考えました。ただそうすると買った後の手間とか、自分たちでゼロから創った場合との見合いで安く抑えたくなるので、経営はお任せできるマイナー出資でその会社の増資にどのくらいなら応じるかという目線で上乗せした金額を、時価総額として今回発表しました。
image


 一番大きかったのはMakuakeを運営しているサイバーエージェント・クラウドファンディングで21億円。2位がサイバーブルで15億円でした。30億円を超えると晴れてスタートアップステージ卒業で CAJJステージに上場となります。

 

 未上場企業の時価総額という指標は同業他社のファイナンス状況や、世の中の注目度、景況感などに大きく左右されてなんとも頼りない指標ではあるのですが、現役の同業界の経営陣の評価なので大きく外れてはいない気がしています。市場の成長性、足元の業績動向、ポジショニング、経営者の注目度なども踏まえて(適当ですが)算出しました。

 ただ発表された側は悲喜こもごもだったようですが、分かりやすい目標を作れたことは良かったと思っています。
 

 この中からCAモバイル、サイバーZ、Cygamesみたいに成長していく会社がまた現れてくれることを期待しています。

 それでは当日の模様は、運営を担当してくれたスーパー推進zの野島さんのリブログでどうぞ↓