起業家

テーマ:
だいぶ更新が滞ってましたが、
今月からアメブロのPCのデザインが大幅に
刷新されています


私のブログもデザインが変わり、だいぶすっきり
しました。
目の焦点が微妙な写真になってますが(笑)
最近は755ばかり使っていますが、これから
またブログの更新も増やそうと思います。
気軽に書きますので、面白くないかもですが
ご了承ください。

この年末はいつも以上に怒涛の日々でしたが、
テレビ朝日とサイバーエージェントで一緒に
立ち上げている
インターネットテレビ局の「AbemaTV」、
映像配信のプラットホーム「AmebaFRESH」、
この二つの新規事業の立ち上げに目下私は
ほとんどの時間を費やしています。

先週行われたそのAbemaTVの忘年会で、
テレビ朝日早河会長が、
「いま起業家を読み直してるんだよ」
と仰ってくれたことが気になって、
先ほど拙書「起業家」を自分でも
久しぶりに読み直してみました。


起業家 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥626
Amazon.co.jp



第2章は必要不可欠な章ではあるものの、
ここだけテンポが悪いかなという気がしますが、
それを越えるとあっという間に読める文章だと
思います。

これを書くときは全身全霊で魂を込めて
書いたつもりですが、そのときの自分の
心境は、幻冬舎見城社長が作家を口説く
ときによく使う台詞という、

「あなたは書かないと一歩も前へ進めないでしょう」

この言葉そのものだったと思います。
Amebaというかつては誰も成功を信じようと
しなかったメディアをどうやって立ち上げたのか、
なぜ我々がメディア事業になる必要があったのか、
その経緯と理由を長い時間軸で説明するには
本を書くという手段が最適でした。

これを書いたことでAmebaを立ち上げたことは
過去のものとなり、その後のスマホ事業、
そして今回の映像事業につながっています。

AbemaTVは2月に先行配信、4月に開局
予定のスケジュールでお披露予定です。

インターネットで今までにありそうで
なかった、できそうでできなかった
サービスを提供します。

また新たな挑戦をするにあたり、
「起業家」を読むと息ができないような
苦しい日々が思い起こされますが、
自分でも最後に書いているとおり、
「今度はもっとうまくやれる」
そう願うしかありません。






AD