運を支配する

テーマ:
image

本日、遂に「運を支配する」が発売になりました。

私はこの日を心待ちにしてました。

去年の後半から製作に入り、

今年の年末年始は執筆に没頭し、

休暇のほとんどの時間をこの本に
費やしていました。

「没頭」というより「夢中」になって書いた

といったほうが適切かも知れません。

本のタイトル「運を支配する」は
雀鬼・桜井章一さんとの共著とはいえ、
大それたタイトルです。

目に見えない運や流れと言ったものの

言語化に取り組んだ訳ですが、

自分では「書けた」という手ごたえがあります。

それだけに早く世の中に出して、

読んだ人の反応を確かめたくて、

感想を聞く日を楽しみにしていたのです。

この本を書いた動機は、

まえがきにも書きましたが、

麻雀という勝負の世界に長年

身を置いてきた桜井章一さんの

本質的な言葉を、

私が仕事や人生に置き換えて

ビジネスマンに翻訳し、解説する
ことが出来るのではないかと
考えたからです。

私は以前から運やツキが結果に

影響を与える麻雀は人生の縮図の
ようなもの
だと感じていましたが、

今回の試みは大正解であったと

思ってます。

今回、「運」をテーマに本を書きましたが、

私は自己啓発本を得意とする作家

ではありません。
今現在も、運に大きく運命を左右される
立場にいる、「実践者」です。

サイバーエージェントの現役の社長だし、

プレイヤーとして現役の麻雀最強位です。

それだけに、この本を書いたことで

自分の手の内を全部晒してしまった
ような感覚はあります。

正直、誰のために書いた訳でもないし、

特定の誰かに読んでほしい訳でもない

のですが、

一人でも多くの人に伝わってほしいなと

思います。

感想お待ちしてます。


運を支配する (幻冬舎新書)/幻冬舎
¥864
Amazon.co.jp















AD