仕事を始めたばかりの20代のころは、

「私にやらせてください!」

「全責任をもって必ずやり遂げます!」

などと、鼻息荒く、ある意味勢い任せで
言えた人でも、

実際に大きな責任や、重圧を背負って

みると、それは自分の想像をはるかに
超えるものです。
また、痛い目にあったりして

現実の厳しさを思い知ると、
今度は迂闊なことが言えなくなります。

そうして、年齢を重ねるに従って、

若い頃の上記のような言葉は出なくなり、
慎重を期して熟考したり、
苦い思い出に躊躇しているうちに、

気が付くと、責任を避けたがるように
なっていくのです。

そんなパターンの人が意外なほど
多いのですが、

これはとても勿体ないことだと思います。

しかも、賢くなった人ほど、
責任を負うことを
避ける傾向が出てくる
ように私は感じているのですが、
本当にそれは賢いのでしょうか?



今朝、twitterの自分のBOTから

流れてきた言葉、

藤田晋bot @FujitaSusumuBot

「責任を負うことを避けたがる人をリーダーに据えてはいけない」


当たり前のことを言っているようですが、
頭が良くても、仕事が優秀でも、
人望がある人でさえも、
責任を負うことを避けようとする人に

リーダーを任せることはできません。
それは組織に属した経験のある人なら
誰でも理解できると思います。

逆に、会社組織において、

責任を負う覚悟がある人は、
それだけでもかなり見どころがあります。

冗談で「トラブル処理がうまいから

出世したんだよ」と言われる役員も

いるのですが、

何が起きても最後は自分が全責任を
負う覚悟がある人には、

大事な役割を任せられるのです。

人は大きな役割を任されて、

責任と重圧を背負い、難しい試行錯誤

を繰り返す中で成長していきます。

本当に賢くなった人が、

尚も自分を大きく成長させる方法は、
冒頭の20代と同様に、

最初に責任を負う覚悟を決めること
だと私は思います。







AD