渋谷ではたらく社長のアメブロ

サイバーエージェントの社長である藤田晋のブログです。


テーマ:

来る日も来る日も毎日毎日、

自分でもおかしいんじゃないかと

思うくらいに、
技術者やプロデューサーと

スマホの新サービスのミーティング
ばかりしている日々ですが、

ようやくリリース直前まで漕ぎ着けた

サービスが増えてきました。

これから本格的なリリースラッシュです。

最近、最終段階が近づいてきた

新サービスのチームに対して、

私がよく聞く質問に、

「記者会見みたいに話してみて」

というのがあります。

普段は、私に対する説明能力の
高さや、コミュニケーション力は
全く期待していません。

むしろ、口のうまい人の話ほど
懐疑的に聞くようにしています。
何故ならネットサービスはユーザー
の前にリリースしたら、一切口を

使って説明できる訳ではない
からです。

(以前に「説明下手 」というブログ
でも書きました)

しかし、リリース後の記者会見を
イメージして話してみるというのは、

新サービスの開発の終盤に有効
だと思います。

何故なら、ネット事業は必ず、

最初の時点で面白いと思った

アイデアで企画したものから
二転三転
し、機能を増やしたり

減らしたり、妥協したりしながら、

理想としていたものと大きくずれる
からです。
それに苦労してきた長い月日、

メンバー個々人の思い入れなど

(厳しい言い方だけど我々のユーザー
には関係ないこと)が積み重なり、

途中で目指すべきものがぶれて
いきます。
形が変わってうまくいくケースも

ありますが、終盤に改めて、

完成した自分たちのサービスの

・狙い

・コンセプト

・どういう人に使ってほしいか。

・何を目指しているのか

などを記者に話すように語ってみて、
その話は相変わらず魅力的か、
その話に矛盾ないサービスに
仕上がっているかを客観的に

厳しくチェックして欲しいです。

そして、そこで何かの違和感を
感じたら、リリースまで残り少ない
日数で、可能な限りの挽回を
目指すしかありません。






いいね!した人

[PR]気になるキーワード

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み