実は昨年末から「憂鬱でなければ仕事じゃない」

の続編の製作に取り掛かっています。

往復書簡ではないのですが、見城社長の

原稿が先にどんどんあがってくるので、

とても焦っています。
そして、今回の見城社長は前作を超える

のではないかと感じるほど面白いです。

今回収録される中でも私の好きな言葉、

「絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ」

以前、見城社長の著書にサインをもらった

言葉です。
この言葉を今現在サイバーエージェント
社内に多数いる新規サービスを創っている
人たちに捧げたい
と思います。


絶望しきって死ぬのは幸せなことだと思う。

圧倒的に努力し、集中し、持てる力の全て
出し切って、それでも尚ダメだったとするなら
それは望み絶たれる絶望です。
それなら悔いを残さず、清々しい気持ちで

自分に対しても誇れると思います。
しかし、やり残したことがあったり、

全力を出し切れなかったり、中途半端に

気が散っていたとしたら、悔いを残すと
同時に、望みも残して諦めもつかず、

死んでも死にきれません。

私も起業した頃は起きている時間は全て
仕事に費やし、友人も彼女も睡眠も食事も

全てを犠牲にして成功に賭けていました。
よく取材を受けて、
「若いのに不安とかはないですか?」
と聞かれるたびに
「これでダメだったとしたら仕方ないと

思えるくらいやってるんで」
と答えていました。

起業した頃は、成功を強く信じて頑張った
と思われがちですが、実際は違います。
失敗しないために、思いつく限りの全て

の努力をやり尽くしていたのです。

現実は成功より失敗する確率のほうが
遥かに高いのを知っていたからです。

それと同じく新サービスを創る際にも

成功より失敗する確率のほうが高いです。
にも関わらず、多くの人は一握りの成功例

を参考にサービスを考え、自分も成功する

と信じ込みます。

それよりも、遥かに多い失敗例のほうにも
目をむけ、厳しい現実を知る必要があります。
そして悔いを残すパターンの多くは致命的な

問題の見落としです。
自分たちのサービスをひたすらネガティブ
チェックして、その現実から目をそらさず、
できる限りの全ての手を尽くしてその日を
待つことが大事
なのです。

映画の興行成績は初日の入りで大体判る

と聞きますが、ネットサービスもローンチ後
1週間も経たずに9割がたは可能性が
あるのかダメなのか判明します。

その時に絶望しきって諦めるしか無かった

としても、持てる力を全て出し尽くして

いればそこから何かを学べるはず。


その日のために、今を熱狂して仕事しましょう。









AD