運とツキの法則

テーマ:

クレディセゾン林野社長の新著「運とツキの法則」
とても勉強になりました。

林野社長は私の知る中で最も麻雀が強い社長
のひとりです。
「運」や「ツキ」が仕事にも厳然と存在している

ことに異論のある人は少ないと思いますが、
副題に「誰も教えてくれなかった」とあるとおり、
責任ある立場の人が、仕事をゲームのように
例えて解説するのは不謹慎に感じるためか、
そのような本は少なかったのではないかと思います。

本著では「運」や「ツキ」の存在をまず認め、
「流れ」を主体的に捉えて見極める方法を

解り易く教えてくれてます。

本文より

究極の運とツキをつかむには「情熱」以外にない

論理や合理性だけで正しい答えが出るわけではない。

流れで物事を見る。

自分に流れがきていないときに、けしてへこたれてはいけない。

「ツイている人に乗れ」は正しい。

真っ向勝負でしか流れは呼べない。


結局、努力した人にしか運は訪れないけど、

しかし、努力をすれば成功する訳ではなく、

プラス流れを読む勝負勘の必要性を以前から

私も感じてました。

例えば、ものすごく真面目に働いていたとしても、

勝負勘の悪い社長のしたで働いていたら

社員も可愛そうです。

経営者は、合理的に論理立てて考えたり、
真面目に努力するだけではまだ足りなく、
勝負勘を磨く努力も必要なのではないかと思います。







¥1,470

Amazon.co.jp







AD