会社とベクトルを合わせる

テーマ:


昨年出版された「藤田晋の仕事学」は結構売れたのですが、
読者の反響の中で一番多かったのが、


たとえ徹夜で頑張っても、会社や部署そして上司の望む方向と

違う向きに頑張ってたら評価しようがない

でした。


当然と言えば当然の話ですが、その本の中では、

たとえ優秀でも、成果が会社の期待しているものと
違っていれば、少なくともその会社では評価されない。


会社や上司とのコミュニケーションを怠る人や、報告が苦手な人は、

「好きな仕事をしたい」という思いが強すぎる人に多い。

顧客と同様、会社もまた自分のクライアントだと考え、望んでいること、

抱えている課題を理解し、期待に応えるべきである。


などと書きました。



最近、とても優秀で意欲的な社員に、

「会社とベクトルを合わせるように」と強く言う機会がありました。



本では「評価しようがない」と上司が上から目線ですが、

優秀な社員でベクトルが合っていれば組織成果は最高です。しかし、

優秀な社員が間違った方向に頑張れば頑張るほど、
後々大きな問題を抱えます。

会社(上司)にとっても真反対の大きな違いです。


優秀な社員はある意味では諸刃の剣です。

ベクトルが違っていると感じた場合、先送りせずベクトルをあわせる
努力を、上司側も絶対に怠ってはいけない


そんな備忘録的ブログでした。







AD