文化支援

事業家として、個人的に文化支援活動を薦められる機会があります。

話を頂く機会が多いのは、日本の伝統芸能やオペラ、クラッシック音楽など。


事業家が、事業で稼いだお金を出して、文化支援を行う。

それは素晴らしいことだと前々から思ってました。

しかしながら年齢的な問題なのか、性格なのか、
どうしてもまだ日本の伝統芸能やクラッシック音楽などに
深い関心が持てません。


「一度、会場に来ていただけませんか?」

と招待されても、その一回行くのだけでも腰が重い。


ちゃんと勉強すれば素晴らしいのは、想像できるのですが、

自分がもう少し年をとってからでも・・・。

そもそも日本の伝統芸能やオペラの話が多いのは、文化支援を

行う事業家は高齢であることが多いからではないでしょうか。



それならば。


代わりに事業家の中では若者らしく、昔も今も自分の大好きな

日本のヒップホップ文化の支援をささやかながら行うことにしました。




きっかけは、ZEEBRAさんとの対談。

「・・・アーチストの活動を表現できるメディアが減っちゃって」



という話を聞いて、テレビ番組の深夜枠を約半年分、全て私個人が
スポンサードすることにしました。

CM枠も全て参加アーチストに無償提供しました。

今のところ、サイバーエージェントの事業とも全く絡んでいません。



私は昔から日本のヒップホップシーンを創り上げてきた人たちの

一途な想いに共感しています。

ジャンルは違うけれど、ストリートの不良たちが目標をみつけ、

成功を夢見て頑張る姿に影響を受けました。

新たな活躍の場が増えることで、健全なヒップホップカルチャーの
発展に少しでも貢献できればと思います。




本日、その第一回めの収録を見学してきました。


かなりヤバイです。

セットもキャストも期待を大きく上回ってました。素晴らしい。

スポンサー(私)に関係なく自由に番組を作れたからでしょうか。

地上波で放送できるギリギリかも・・

というより、大丈夫なのかとすら思いました。

個人的に、オンエアがむちゃくちゃ楽しみです。




シュガーヒルストリート

10月5日から

毎週木曜日25時35分~26時05分

制作著作日本テレビ



AD