ご訪問ありがとうございます。

ご質問がありましたので、ぼくなりにスウィング分析を。
かずくんさんからの原文そのまま掲載します。

ブログでお世話になっています、かずくんです。

人形は面白いですね!
でも作業は大変でしょうね。

ところで自分は、
上から5枚目の動きが全くできません(涙)。
こんなところから相談できるのでしょうか??

11コマ動画をYouTubeに貼り付けました。

一応、クォータースイングのドリルです。

切り返しでいきなり腰が回ってしまい、
インパクト以降には腰が引けているように思います。
前傾も保てていません。
それで、ここ一番でダフリのミスが多くなってしまいます。

如何なものでしょうか。
宜しくお願い致します。

かずくんさんのブログを見ていると非常に研究熱心で、
頭の中で理想のスウィングを追及しているのが、
ヒシヒシと伝わってきます。すごいです。
基本的には、ぼくも理屈っぽいので気持ちは解ります。

そんなこんなで、
スウィングはとてもキレイにまとまっていますね。
でも正直まとまり過ぎちゃっている感がある。
身体の調子は、どうなんでしょうか。
どうも、そのひとつひとつのパーツを考えているせいか、
体の動きが固い印象を受けちゃうんですよね。

一つ言えるのはインパクト直前の7コマ目から、
意識的にそうしているのか、
腰を庇っているのか分かりませんが、
左サイドの下半身がフィニッシュまで、
全く動いていないんですよ。止まっちゃっている。
かと言って右腰で押し込んでいる感じでもない。

なので上半身と下半身のバランスがあまり良くないです。
下半身リードという言葉がありますけど、
ぼくの考えではもう少しフットワークを使った方が、
柔らかくクラブを振れるのではないかと思います。
今はダイナミックさに欠けると言うのかな。

体の起き上がりと腰の開きはカスあたりが出ます。
捕まったいい球はなかなか打てません。
腰スピンとかいいますけど(笑)。

と言う事で延々と長くなるので結論としては、
かずくんさんのブログにある、
後方からのバンカーショット動画。
これを見るとボールと体の距離が近くて、
懐が狭いので、かかと寄りの体重になっています。

できればもう少し離れて構えて、
足の親指の付け根、母指球のあたりに、
重心がくるといいのでは、と思いますが。



練習のドリルは、例えば、
写真の手前のボールで普通に構えて、
左奥にあるボールを打つイメージでしょうか。
起き上がって腰が引けるとボールに届きませんので。
ただし腰に負担が掛かるかもしれないので、
あまり極端にやり過ぎないで軽めにやってみて下さい。

ダフりに関しては、かなりフックグリップなので、
シャットフェースになり、ボールが上がりにくいのを、
無理に上げようとして出ちゃうのでは?

そういえば写真のドリルは、
前回のジョージさんにもお勧めです。
フォローで両腕が伸びます。
飛距離も伸びるかも。

そんな感じで練習、頑張ってください。


ランキングにご協力をお願い致します。
    👇

ゴルフ ブログランキングへ



AD

コメント(6)