志田博基の紫微斗数&手相占い!東京・吉祥寺

紫微斗数は人生の羅針盤。周りとの比較ではなく自分にあった生き方を見つけるのに役立ちます。


テーマ:


初回の講義でお伝えする内容でもありますが


紫微斗数には


六内宮(我宮) 自分の宮


六外宮(他宮) 他人の宮  という概念があります。


一般的な次のような内訳になります。


六内宮

①命宮、⑤財伯、⑥疾厄、⑨官禄、⑩田宅、⑪福徳


六外宮

②兄弟、③夫妻、④子女、⑦遷移、⑧交友、⑫父母


紫微斗数を学び始めた当初は一般的に伝わっている


説を鵜呑みにしていましたのでこれで間違いないと


考えていましたが途中から考え方をあらためました。


新説 


六内宮

①命宮、②兄弟、⑥疾厄、⑦遷移 ⑩田宅、⑪福徳


六外宮

③夫妻、④子女、⑤財伯 ⑧交友、⑨官禄 ⑫父母


兄弟宮は我宮としてみる台湾の老師もいることを最近


になって知りましたが私もこの説を採用しています。


そして


六内宮は自分軸で道を切り開く人


六外宮は他人軸で開運していく人


受講生の皆様は六内宮(我宮)が縦軸の思考を表し


六外宮(他宮)が横軸の感情を表す宮だということは


理解できていると思います。


兄弟宮と書くと人間関係や兄弟姉妹のことを表すと


理解している人が大半だと思いますが実際には


その人の雰囲気が出ているのです。


受講生の中にも知り合いの兄弟宮を何名か観察して


みたら確かに雰囲気が出ていると納得されていました。


官禄宮はなぜ六外宮(他宮)なのか?


組織運や仕事のスタイルを読み解く宮になりますが


わかりやすく説明しますと


他人との関わりを見る宮になります。


何かしらの組織に所属するとなると


自分が!我


を抑え他人に合わせる必要性が不可欠になります。


我が強く出すぎてしまうと争いやトラブルに繫がり


組織がうまく機能しないためです。


官禄宮は仕事のスタイルや出会いなど横軸に対応し


とても重要な宮になりますが


先天的に強い人と弱い人は決まって


います!


しかし後天盤で強くなったり弱くなったりもします。


仕事のスタイルは人それぞれであって


官禄が強い人は組織に属して仕事を頑張る人です。


しかし弱い人はそのような情熱や意識は持ちにくい


のです。


官禄が弱い人はお金は組織に所属していただくものだ


という認識をあらためない限り仕事で幸福を感じること


はないと思います。


逆に官禄が強い人は仕事人間にもなれますので


一生懸命頑張りますしそれが生きがいになるのです。


強い人からみたら努力不足に見えますし理解しがたく


見えると思います。


ひとそれぞれ向き不向きがあるのであってどちらが


正解でどちらかが間違っているわけではありません。


どちらの言い分もその人にとって正論であって


間違っていないと考えているはずです。


あくまでもその人の主観です。


紫微斗数は個人の潜在意識を


読み解く占いなので個人に合わせた


人生スタイルがわかるのです。



これは教育の問題でもあるのですが学校教育では


お金の稼ぎ方は教えてくれません!


組織に属してお金を頂くものだと洗脳されてしまうからです。


通信がこれだけ発達している時代では仕事のスタイルは


人それぞれです。パソコン一台で世界中を旅しながら


仕事することも可能ですし何かしらの技術を習得して


情報発信しながら集客してお金を稼ぐこともできます。


株が注目されているのもその表れだと思います。


自分で稼ぐ意識を持つ人がどんどん増えていっているので


正社員が減って個人事業主が増えているのも納得いきます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

紫微斗数&手相占い!志田博基さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。