『オセロー』

テーマ:

シェイクスピア4大悲劇の1つの作品、『オセロー』を昨日、新宿梁山泊がやっている「芝居砦・満点星」で観てきました。

 

期間中唯一の、平日の昼間公演です。やはり寒いし、暗くなるのも早いので、夕方には帰宅したいという思いがありました。それに、平日昼間であれば、観客も少ないかもという思いも。

 

 

3か月前に恵比寿で観た、松田洋治さんのお芝居では、学割ではなくセブンイレブンのチケット端末からチケットを購入したのですが、今回は主催者の新宿梁山泊のサイトから申し込んで、学割で観劇しました。一般だと前売券が3,800円、当日券だと4.300円、学割だと前売券・当日券とも3,000円という安さ!!ありがたや~。

 

ただ、公演場所が古いマンションの地下2階。駅から離れた住宅街を抜けて、向かいはお寺と墓地。地下…そう、アンダーグラウンド(アングラ)なわけです。随分前に、アングラ演劇というのが流行っていたけれど、今も根強く残っているんですね。こんな場所で本当にお芝居をやっているの?と疑ってしまうような場所です。古いので当然エレベーターはなく、歩いて階段を降りるのですが、脚を引きずっているので結構つらかったです。

 

私もタレント養成所にいた頃は、マンションの地下が稽古場でした。音や振動があるので、どうしても地下にせざるを得ないんですよ。

 

さて会場に着くと、手前の喫茶スぺースへ。ここで開場時間まで待機となります。30人も入ればいっぱいとなるスペース。私のチケットの整理番号は61。どうなるんだろう?そして開場時間となり、整理番号の早い順から呼ばれて、好きな席を確保するというもの。しかし、25人ほどすると整理番号が呼ばれていない人が数人に。一抹の不安。案内係(この人もある役を演じます。)が「何番ですか?」と言うのでチケットを見せると「どうぞ、どうぞ。」勝手な推測ですが、学割だったから番号が遅くされたのか、主催者サイトだったからなのかも。

 

会場に入ると目がテン(・.・;)ざっと数えても35人位しか席がないのです。61番って何なんだろう?もちろん、1~3列目はほぼ埋まっていました。案内係は「一番前も空いていますよ。」と言ってくださいましたが、一番前は床。つまり舞台上にクッションが敷いてあるのです。迫力がありますし、かぶりつきなので嬉しいのですが、正座して観たら良いのか、胡坐をかけば良いのかわからず。私は床や畳の上に座るときは脚を投げ出すので、それでは失礼と思い、天井が低い会場を昇り、一番上の段で観ることに。一番上でも役者の表情は観えるので問題ありません。それに私は背が低いので、圧迫感もないんです。結局その後も観客は来たけれど、私がいた一番上の列は私しかおらず、椅子席ですが、脚を投げ出して観ることが出来ました。

 

私、正直に言って、シェイクスピアの作品のタイトルはいくつも知っていますが、内容を知っているものは『ロミオとジュリエット』・『リア王』・『ヴェニスの商人』くらいなんですよね。お恥ずかしい。『ロミオとジュリエット』はテレビで観たことがあり(映画版)、『リア王』は小学6年生の国語の教科書に載っていて、実際に演じたこともありました。『ヴェニスの商人』は『こども名作全集』のような本で読んでいました。

 

当日、芝居が始まる直前でもあらすじを読んでおけば、もっと話についていけたのに…と悔やまれました。

 

舞台は奥行きがある造り。高さも地下1階まで届く(階段から降りてくるシーンもあり)のです。シーンによって奥まで見渡せるところで演じたり、場面切り替えなどは手前に黒幕が降りてそこで演じたりと、2時間の演目があっという間に終わってしまった感じでした。ミュージカルではありませんが、ところどころで演者が歌うシーンもありました。

 

私のお目当てはやはり松田洋治さん。登場人物の中で一番の悪役、イアーゴというオセローの家臣でした。ネタバレになりますが、復讐するために悪知恵を働き、主な登場人物(複数人)に嘘をつき、それによって殺しあったりするんです。普段の松田さんには見られない人物なので新鮮でもあり、芸の幅が広いと感じました。舞台の両側にそれぞれ柱があるのですが、そこで身を隠したりする演技(聞き耳を立てる)もあって、その脇に座っていた観客はあまりの近さにちょっとうらやましかったけれど(笑)、でもそういうシーンに限って私は、舞台を観ずに松田さんのいる柱をじ~っと観ておりました。目が合ったかもしれない(笑)

 

さて公演が終わると、喫茶スペースに観客と演者の語らいの時間がありました。もちろん、公演が終わってすぐにお帰りになった方もいらっしゃいます。私がトイレに行っている間に松田さんもいらっしゃっていたようで、数人の方とお話をされていました。ただ、スペースが混雑していて、今回は遠慮しました。でもちゃっかり、松田さんの横を通って出ました。あのまま待っていても良かったかもしれないけれど、いつになるかわからないし、3か月前にお話させていただいたので、今回はあきらめました。帰るのに暗いと心細いので。それに、夜の公演もあることを考えると、迷惑かなって思ったので。

 

これで、年内の私の外出の予定はほぼ終了です。夫との外出はあるけれど。

 

明日からは少しずつ大掃除も始めて、大学の勉強もしないとね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

AD