◆忠臣蔵 ◆赤穂浪士 考察

テーマ:

◆忠臣蔵 ◆赤穂浪士 考察
子供の頃から憧れた人。
江戸時代の元禄と言えば華やかしき時代で有る。
いろんな分野で最初の花が開いた。
江戸幕府としても開闢から一頻り立ち世の中も落ち着き余暇としての遊びが確立されていく。
その時代に義士扱いされた彼らの芝居を書く作家たちも乗りに乗っての戯作。
時の将軍は悩みに悩みあの裁定にした。
ある意味後の禍根になっている。
いろんな意味で善悪の役者は反対である。
吉良は善玉で浅野は悪玉。
浅野はお坊ッチャマであったのだろう。
あの時代の当初から判官びいきで書かれてきたものを子供の頃から我々の年代は叩きこまれてきた。
庶民文化の良い所であり悪いトコロでもある。
弱気を助け強気をくじく。
コレが日本人の良い所であり悪い所でもある。
作家に煽られて扇動されて浅野の手助けをした。
裁定を出すまで40日も掛かれば民衆は吉良を絶対に善玉とは思わない。
専門家はコレは一種のテロであると言うのも解る。
徒党を組み刀剣を束ねて討入りすれば家宅侵入罪 間違い無し。
その上 人殺しまでやっている。

今の時代 マスメディアが偏向報道している。
テレビでは麻生さんの功績や経歴を全く報道ソレばかりか漢字が読めないことばかり明けても暮れても言えばソレが本物として刷り込まれる。

●騒音おばさん
・「騒音おばさん」に実刑判決・・・・その裏に隠された真実!!http://bit.ly/uImKoO
何度も流される映像をつぶさに見ていると、怒鳴るおばさんの様子はどこか異様なまでの切迫感があり、大声で怒鳴るその姿からは何か追い詰められたおばさんの悲痛な叫びが伝わってくる感じすらおぼえた。
このような行動に駆り立てている原因は一体何なんだろうと・・・・。

どうもこの自称被害者とされる「老夫婦」の方にこそ、今回のトラブルの原因があるのではとの疑惑が持ち上がった。
この自称被害者とされる「老夫婦」は熱心な創価学会員であることも判明。

・騒音おばさんの真実 ― おばさんは創価学会に嵌められた。【YouTube】http://bit.ly/u891nU
・騒音おばさんの真実 http://www.youtube.com/watch?v=wkEq48G7qsg&feature=related

こう言う裏があるのにだれも彼女の言い分を効かない。
マスメディアの先導。
大きな言葉で言えばプロパガンダ。
サブリミナルかな。

テレビが全て本物ではない。
ヤラセ 作りこみは常識である。

最近は時代劇も少なくなって「水戸黄門」が製作中止になった。

・水戸黄門の打ち切りの原因は、電通が不正水増制作費をパナソニックから1000億円以上騙し盗っていたことが発覚したから http://bit.ly/vlSKpT


●プロパガンダ - Wikipedia http://bit.ly/vcWsaP
プロパガンダ (propaganda) は、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する宣伝行為である。

通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。
最初にプロパガンダと言う言葉を用いたのは、カトリック教会の布教聖省 (Congregatio de Propaganda Fide) の名称である。
ラテン語の propagare(繁殖させる)に由来する。

●サブリミナル効果(サブリミナルこうか)とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のこと。http://bit.ly/sUxem5

境界領域下の刺激はサブリミナル刺激(en:Subliminal stimuli)と呼ばれている。


--------------------------------------------------------------------------------
●源義経 - Wikipedia http://bit.ly/vffvSF
源 義経(みなもと の よしつね、源義經)は、平安時代末期の武将である。
鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟。
仮名は九郎、実名は義經(義経)である。

全国に捕縛の命が伝わると難を逃れ再び藤原秀衡を頼ったが秀衡の死後、頼朝の追及 を受けた当主藤原泰衡に攻められ衣川館で自刃し果てた。
その最期は世上多くの人の 同情を引き、判官贔屓(ほうがんびいき)という言葉、多くの伝説、物語を産んだ。


◆浅野内匠頭が江戸城・松の廊下で刃傷事件を起こした原因は何だったのか~~忠臣蔵1
http://bit.ly/tZWcas
◆赤穂浪士の処刑をどうするかで、当時の幕府で大論争があった~~忠臣蔵2
http://bit.ly/tm7Quh
◆赤穂浪士に切腹を許した江戸幕府の判断は正しかったのか~~忠臣蔵3
http://bit.ly/tExS4L
◆忠臣蔵のふるさとへようこそ http://bit.ly/sdh3Oh
◆2A.刃傷松の廊下(梶川氏日記)http://bit.ly/sYx3gu
◆「赤穂浪士」のテーマ - YouTube
「赤穂浪士」のテーマ 時は元禄15年12月15日・・・、視聴率50%を超えた伝説の" 忠臣蔵"番組。
ダイナミックな主題歌も、大河ドラマに相応しく大きな話題となりました。
http://www.youtube.com/watch?v=HZcTiprE2BY
◆赤穂浪士事件とは(赤穂浪士一覧表付)http://bit.ly/ugt3pU
1702年(元禄15)、旧主浅野内匠頭長矩の敵討をした旧赤穂藩士の事である。

◆討ち入りは十二月十五日 http://bit.ly/sOvYaM

◆赤穂浪士 - Wikipedia http://bit.ly/sCsauv
赤穂浪士(あこうろうし)は、元禄15年12月14日(1703年1月30日)深夜に旧主浅野長矩の仇である高家吉良義央の屋敷に討ち入り、吉良義央および家人を殺害した(元禄赤穂事件)元赤穂藩士大石良雄以下47人の武士である。


◆忠臣蔵 - Wikipedia http://bit.ly/w4lZyO
・歌舞伎・人形浄瑠璃(文楽)の演目『仮名手本忠臣蔵』(假名手本忠臣藏)の通称。
・歌舞伎や演劇・映画の分野で、赤穂浪士の復仇事件元禄赤穂事件に題材をとった創作作品のこと。

◆赤穂浪士の討入り(1702)
元禄15年12月14日の晩(今の時刻では15日の午前4時頃だが、当時は明け方
から1日が始まる感覚があったので14日深夜と考える)、赤穂浪士47名が
吉良上野介邸に押し入り、上野介を殺害して主君の仇を討ちました。


◆吉良義央 - Wikipedia http://bit.ly/ufutU0
従四位上左近衛権少将、上野介(こうずけのすけ)。
吉良上野介と呼ばれることが多い。
屋敷替えに富子は同道していなかったといわれてきたが、吉良上野介も本所屋敷には常住していなかった。

◆「吉良上野介」http://bit.ly/tKVMul
吉良上野介義央[きら-こうずけのすけ-よしなか(または“よしひさ”) 1641-1702]。
高家筆頭四千二百石。
万石未満の旗本ながらも、官位は従四位上(浅野内匠頭は従五位下)。
『忠臣蔵』のおかげで「日本一悪いヤツ」にされてしまった人。

◆吉良義央 http://bit.ly/v6ctKi
吉良上野介ほど悪く言われ続けた人物はおるまい。
なんといっても忠臣蔵の話は上野介がとびっきりの悪人でなくては始まらないのである。
芝居の上野介の因業じじいぶりは事といっていい。

◆浅野長矩 - Wikipedia http://bit.ly/vEn4a8
浅野 長矩(あさの ながのり)は、播磨赤穂藩の第3代藩主。
官位は従五位下、内匠頭。
官名から浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)と呼称されることが多い。
元禄赤穂事件を 演劇化した作品群『忠臣蔵』を通じて有名な大名である。

◆浅野長矩 辞世の句 http://bit.ly/taIcpo
殿中でござる!」で有名な浅野内匠頭長矩の辞世の歌です。 無念の思いを託したこの 歌は風に誘われて散る花も名残り惜しいだろうが、 それよりもなお春の名残が惜しい私 は、いったいどうすれば良いのだろうかという、とても美しい歌だと思います。

◆浅野長矩および赤穂義士の墓/泉岳寺 http://bit.ly/ruXFxL

◆大石良雄 - Wikipedia
大石 良雄(おおいし よしお/よしたか)は、播磨国赤穂藩の筆頭家老。元禄赤穂事件で名を上げ、これを題材とした人形浄瑠璃・歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』で有名になった。

「良雄」は諱で、通称(仮名)は「内蔵助」。
一般にはこの大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)の名で広く知られる。
本姓は藤原氏。
家紋は右二ツ巴。


◆諱(いみな)は、中国などの東アジアの漢字圏における人名の一要素である。http://bit.ly/sQQE3J

◆「大石内蔵助」http://bit.ly/sEtP66

◆山鹿流 - Wikipedia http://bit.ly/vWVYfZ
山鹿流(やまがりゅう)は、山鹿素行によって著された兵学(兵法)の流派。

諸藩でも普及しており、肥前国平戸藩では山鹿素行の一族の山鹿平馬が家老に、素行の次男である藤助が兵法師範に採用されて山鹿流が伝来している。

長州藩では吉田松陰が相続した吉田家は代々山鹿流師範家であり、松陰も藩主毛利敬親の前で「武教全書」戦法偏三の講義を行っている。
実の叔父にあたる玉木文之進も山鹿流兵学に明るかった。(萩市史第一巻)。


また、筑後国柳河藩でも山鹿流兵法師範がおり、文久年間に柳河藩士卒が山鹿流に編成されている。

・山鹿流陣太鼓
山鹿流といえば、歌舞伎・人形浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』のなかで、赤穂四十七士の吉良邸討ち入りを指揮する大星由良助が合図に叩いた「山鹿流陣太鼓」が有名だが、実際には山鹿流の陣太鼓というものは存在せず、物語の中の創作。


◆三波春夫 村田英雄共演~浪曲忠臣蔵「義士の本懐」~ - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=celp7BHm-xQ

◆後への影響 赤穂浪士の討入事件を題材とした戯曲が数多くつくられる
赤穂浪士の討入事件を題材とした戯曲が数多くつくられる中、いわばその決定版として『仮名手本忠臣蔵』は誕生します。
また浪士の一人ひとりを扱う作品にも傑作が多く、後にこれは講談 や浪曲 で「義士銘々伝」というジャンルの人気演目になります。http://bit.ly/to6cbp


AD